地蔵院(椿寺) (京都市北区)
Jizo-in Temple
地蔵院(椿寺) 地蔵院(椿寺)
  Home   Home









「義商天野屋利兵衛之墓 豊公愛樹五色八重散椿 此寺にあり」「夜半亭巴人墓所」「洛陽三十番地蔵院」の石標


本堂




本堂




観音堂


観音堂


観音堂、賓頭盧尊者

右より鎮守社、椿大神、弁財天
 椿寺(つばきでら)は、散椿(ちりつばき)の銘木が境内にありね寺号の由来になった。正式には昆陽山(こやさん/こんようさん)地蔵院(じぞういん)という。昆陽山とは地蔵菩薩が摂津国昆陽寺より遷されたことに因む。 
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来。
 本堂脇壇の聖観世音菩薩は、洛陽三十三観音巡礼第29番札所。江戸時代、洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第12番札所、札所本尊は昆陽野地蔵(鍬形地蔵)。京の通称寺霊場8番、椿寺。
 禁酒祈願、痔治療祈願、地蔵尊には安産祈願、子授けなどの篤い信仰がある。御朱印(3種)が授けられる。
◆歴史年表 奈良時代、726年、行基が第45代・聖武天皇の勅願により創建したという。当初は、摂津国昆陽池畔(兵庫県伊丹市)に一宇を建てたことに始まるという。(寺伝、『山州名跡志』)
 平安時代、京都の衣笠山南麓、内野に移されたという。七堂伽藍が建てられたという。(寺伝)。当初は八宗兼学だった。
 南北朝時代、1391年、1392年とも、内野合戦(明徳の乱)の兵火により全焼失している。
 1397年、足利義満は、北山殿(金閣寺)建立の際の余材で、地蔵院を再建したという。仮堂に地蔵菩薩を安置した。(『雍州府志』)
 室町時代、1577年、清道が中興した。
 安土・桃山時代、1582年、本能寺の変の際に、明智光秀は当寺の寺域に本陣を張ったという。
 1587年、豊臣秀吉の北野大茶会の際に、散り椿を当寺に献木したという。秀吉の別荘として使われたともいう。
 1589年、天正年間(1573-1591)とも、秀吉の命により現在地に移された。
 江戸時代、寛文年間(1661-1673)、昆陽野地蔵(鍬形地蔵)は、第112代・霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵以外の48か寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所の霊場のひとつになる。
 1671年、住持・善曳の時、知恩院末と改め浄土宗になる。本尊は五却思惟阿弥陀如来とした。
行基 奈良時代の僧・行基(ぎょうき/ぎょうぎ、668/667-749)。河内国の人。父は高志才智、母は蜂田古爾比売。681年/682年、出家、官大寺で法相宗などを学ぶ。691年、高宮寺で具足戒を受ける。畿内に道場、寺を建立、溜池、溝・堀、架橋、困窮者の布施屋建設などの社会事業を行う。704年、生家を家原寺とし住した。717年、民衆煽動と僧尼令に反した寺外活動の咎で詔により弾圧を受ける。731年、弾圧を解かれる。732年、河内国狭山下池の築造に関わる。734年東大寺大仏建立の詔が発布、勧進の任を務めた。736年、インド出身の僧・菩提僊那一行来日に際し大宰府で迎えた。738年、朝廷より行基大徳の称号が授与される。740年以降、東大寺大仏建立に協力する。741年、聖武天皇と恭仁京郊外の泉橋院で会見する。743年、東大寺大仏造営の勧進になる。745年、朝廷より日本初の大僧正位を授けられる。菅原寺(喜光寺)で亡くなる。地図の行基図を作成したという。東大寺「四聖」の一人。
◆早野巴人 江戸時代中期の俳人・早野巴人(はやの はじん、1676-1742)。俳号は夜半亭など。下野国に生まれ、江戸へ出る。榎本其角、服部嵐雪らに師事、高野百里、稲津祇空らと交わる。享保年間(1716-1735)半、京都へ移る。1737年、江戸に戻った。日本橋石町に夜半亭を結び、与謝蕪村、砂岡雁宕らを指導した。
◆天野屋利兵衛 江戸時代の商人・天野屋利兵衛(あまのや りへえ、1661-1733)。名は直之。後に松永土斎と称した。元禄期(1688-1704)、熊本藩細川家、岡山藩池田家大坂屋敷に出入りした。1694年、天野屋九郎兵衛を襲名。北組惣年寄になり、1695年、解かれる。宗仙寺にも墓がある。
 浄瑠璃・歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」(1748)では「天川屋義平」が登場し、天野屋利兵衛のモデルとされる。利兵衛とは京都の商人・綿屋善右衛門(生没年不詳)であり、「義平」と利兵衛は別人ともいう。利兵衛と赤穂義士との関わりはなかったとみられている。
 当寺に隠棲し、剃髪して義士の冥福を祈ったという。利兵衛の墓とされるものは当寺と聖光寺(下京区)にもある。当寺の利兵衛の墓に供えた水を飲むと酒嫌いになるという信仰もある。
 当寺に天川屋儀兵衛(天野屋利兵衛)の墓がある。ただ、別人の天野屋理兵衛の墓とみられている。理兵衛は総年寄で大坂思案橋東詰に住み、奉行咎めにより所払いとなる。当寺の隅に庵を建て松永士斎と名乗り、茶道三昧の余生を送ったという。
◆仏像 本尊は秘仏「阿弥陀如来像」を安置する。五劫思惟(ごごうしい)阿弥陀如来像であり、「お多福阿弥陀」とも呼ばれる。東大寺の俊重坊重源を招来し、江戸時代、1671年に浄土宗に改宗して後の本尊になる。
 観音堂中央厨子内に、秘仏の「十一面観世音菩薩立像」を安置している。平安時代の慈覚大師(794-864)作という。当初は南都にあり、霊告により地蔵院に遷されたという。(『山城名跡志』)。金箔押、右手を垂れ、左手に宝瓶を持つ。翻波式衣紋、一木造り、五尺三寸(1.6m)。
 御前立の観音菩薩がある。脇侍は雨宝童子、春日龍神を安置する。
◆地蔵 地蔵堂には「昆陽野(こやの)地蔵」、「木納屋(このや)地蔵」、「鍬形(くわがた)地蔵」、「野寺地蔵」といわれる地蔵尊が安置されている。額に傷がある。右手に錫状、左手に宝珠を掲げる。かつての本尊だった。行基作ともいう。摂津・昆陽寺(伊丹市)より遷したともいう。山号「昆陽山」の由来にもなった。安産守護の信仰を集める。像高2m、乾湿立像。
 逸話がある。かつて、大将軍村の木納屋に庄兵衛という農夫が住んでいた。日照りの年に、自らの田にだけ水を引き入れ、ほかの者が困り果てた。ある時、田に見慣れない僧がおり、水のことを諭した。庄兵衛は怒り、鍬で僧の顔を殴りつけた。僧は額から血を流したが、何も言わずにその場を立ち去った。庄兵衛が僧の跡をつけると地蔵院に消えた。堂内を覗くと、地蔵尊の額から血が流れている。庄兵衛は地蔵尊があの時の僧であることを知る。以後、庄兵衛は自省し、村人とも仲良くしたという。
◆北野社遺構 地蔵堂の背後の板塀は、北野天満宮にあった多宝塔の遺構という。室町時代の作であり、扉には閻魔天、火天が極彩色で描かれている。
◆文化財 天野屋利兵衛の木像がある。作者不詳。50㎝。
 江戸時代、「元禄五年(1692年)」銘の「赤穂御用所天野屋」と記された算盤がある。
◆内野合戦 南北朝時代、1391年の内野合戦(うちのかっせん)は、明徳の乱(めいとくのらん)とも呼ばれる。内野(平安京内裏跡地)で戦われたことからこの名がある。
 山名氏清、山名満幸らは、京都に攻め入り、室町幕府に対して反乱を起こした。足利義満配下の細川頼之、畠山基国らが迎撃し、満幸は義満の馬廻軍勢に責められて敗走した。
◆椿 本堂前に咲く「五色の八重椿(散り椿、長名椿)」は、樹齢120年の2代目になる。
 初代は、加藤清正が安土・桃山時代、文禄・慶長の役(1592-1598)の際に、朝鮮・蔚山城(うるさんじょう)より持ち帰ったという。その後、椿は豊臣秀吉に献上されたという。1587年、秀吉の北野神社での大茶会の縁により、当寺に移されたという。椿の花弁は開花が終わると、落首のように花全体が落ちることから武士には遠ざけられた。当寺の椿は「散り椿(長命椿)」といわれ、花弁が一枚ずつ散ることから武将にも愛された。
 「五色八重散椿」ともいわれ、白、紅、黄、桃、紅絞りなどの複数の花色を見せる。原木はいまは枯れ、樹齢120年以上の後継樹に変わる。初代は椿大神として祀られている。椿の葉を煎じて飲むと痔疾に効用があるともいう。
◆花暦 八重椿(散り椿、長名椿)(3月下旬-4月中旬)。
利休の娘 かつて、寺近く、紙屋川沿いに堺の町人・百舌鳥屋(もずや)宗安の邸があったという。妻は千利休の娘だった。
 1587年、秀吉は、北野大茶会の後に屋敷に立ち寄り、宗安の美しい妻に側女になることを求めた。だが、利休が拒んだため、後に利休は切腹に追い込まれたともいう。妻は万代屋宗安の後妻・お吟だったともいう。
◆墓 江戸時代、1701年元禄赤穂事件を支援したといわれる商人・天川屋儀兵衛(天野屋利兵衛)の墓がある。ただ、別人の天野屋理兵衛の墓とみられている。理兵衛は総年寄で大坂思案橋東詰に住み、奉行咎めにより所払いとなる。当寺の隅に庵を建て松永士斎と称した。茶道三昧の余生を送ったという。
 ほかに、与謝野蕪村の師・夜半亭巴人(はじん)の墓もある。
 キリシタンの墓がある。長く手水鉢として使われていたものが、墓と分かり当寺に納められた。
◆年間行事 本尊・阿弥陀如来像開帳(1月1日-3日)、観音堂・十一面観世音菩薩開帳(1月1日-3日、彼岸、8月23日-24日)、天野屋利兵衛木像公開(12月14日)。

*義平・利兵衛・善右衛門の関係、諸説?
1 「天川屋義平」=天野屋利兵衛
2 「天川屋義平」=天野屋利兵衛=綿屋善右衛門
3 天野屋利兵衛≠「天川屋義平」=綿屋善右衛門



*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都古社寺辞典』『旧版 京のお地蔵さん』『京都隠れた史跡100選』『京のキリシタン史跡を巡る 風は都から』『日本の名僧』『京都の史跡事典』『秘密の京都』『昭和京都名所図会 4 洛西』『京都の寺社505を歩く 下』『京都のご利益めぐり』『京都ご利益徹底ガイド』『京都を歩こう 洛陽三十三所観音巡礼』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『京都の隠れた御朱印ブック』『京都 神社と寺院の森』


  北野天満宮              豊国神社       本妙寺       宗仙寺            
地蔵堂、鍬形地蔵尊

地蔵堂

地蔵堂、鍬形地蔵尊

地蔵堂

手水舎

「豊国大明神」の石灯籠

地蔵尊

世継地蔵

世継地蔵尊

天川屋儀兵衛の墓

切支丹墓という。

夜半亭巴人の墓

サクラ
 


五色八重散椿、「椿寺の椿の花は散りてこそ」、正岡子規


 地蔵院 〒603-8332 京都市北区大将軍川端町2,一条通西大路東入  075-461-1263  9:00-16:00
50音索引  Home   50音索引  Home  

   © 2006- Kyotofukoh,京都風光