山科疏水 水路橋(安祥寺川と疏水の立体交差) (京都市山科区)  
Aqueduct of the Yamashina Canal
山科疏水 水路橋 山科疏水 水路橋
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

水路橋、安祥寺川、南側


水路橋、北側

水路橋、北側

水路橋、北側


安祥寺川の4段堰


4段堰上から水路橋を見下ろす。


京都市の駒札


第2疏水・疏水連絡トンネルの地上部分

第2疏水・疏水連絡トンネルの地上部分
 山科区安朱(あんしゅ)地区では、琵琶湖第1疏水(山科疏水)が安祥寺川(あんしょうじ-がわ)に水路橋が架かり、疏水と立体交差して流れている。
 交差点のすぐ北側には、安祥寺川中に4段堰があり、付近の地下には第2疏水のトンネルが通水している。
◆歴史年表 近世(安土・桃山時代-江戸時代)中期以前、山科川は櫃川(ひつかわ)と呼ばれていた。
 近代、1885年、第1琵琶湖疏水(山科疏水)の建設が始まる。安祥寺川は改修され水路を変えた。
 1887年、安祥寺川に水路橋が架けられ、河川上を琵琶湖疏水(山科疏水)が流れる現在の立体交差になった。
 1890年、琵琶湖疏水が完成している。
◆山科疏水・安祥寺川 東山山麓の東に広がる山科盆地は、かつて二毛作地帯だったという。疏水が開削される以前には、東西の山側に河川は無かった。このため、灌漑用水の多くは溜池に頼っていた。
 近代、1885年に第1琵琶湖疏水の建設が始まる。安祥寺川は改修され、水路を変えた。1887年に安祥寺川の上を琵琶湖第1疏水(琵琶湖疏水)が流れる現在の立体交差になる。南北方向に流れている安祥寺川を跨ぐ形で、東西方向のアーチ橋(煉瓦造の水路橋、水路閣)が築かれた。この橋上を疏水が流れる。 
 疏水の通水後は、山科北部の山間からの谷水、河川の流れは疏水により遮られた。このため、東の藤尾-山科間には数カ所の分水口が設けられ、疏水から南の山科盆地側に疏水の水を分流している。
◆第2疏水・疏水連絡トンネル 安祥寺川の4段堰下付近には琵琶湖疏水第2疏水(地下トンネル)が通水している。
 この第2疏水(1912年完成)と第2疏水連絡トンネル(1999年完成)は、安朱地区東端の地下で合流している。
 地上部はすべて埋立水路になっており、安祥寺川の東側は地上部の施設、児童公園(馬場ノ東児童公園、馬場ノ西児童公園)などに利用されている。
◆安祥寺川 近世中期以前に、安祥寺川(あんしょうじ-がわ)は櫃川(ひつ-かわ)とも呼ばれていた。旧安祥寺川、山科川の下流を呼んだ。平安時代中期の私撰集に「ねぶれ共袖ひつ川のうづ巻に恋しき人の影なかりけり」(『古今和歌六帖』)と詠まれている。
 旧安祥寺川は、かつて山科川の主流だった。山科北部から南西に流れ、山科盆地の西縁低所に流路があった。現在の山科駅北西の御陵山ノ谷に水源があり、南下し厨子奥を経て、条理遺構に沿い一直線に南に流れ下った。川田、西野山、栗栖の経て、勧修寺付近で山科川に合流していた。長さ3.5km。
 現在の安祥寺川は、旧流路の東側になる。水源は東山、大文字山の南斜面にあり南流している。山科盆地北縁の安祥寺地区では、第1疏水の水路橋下を潜っている。山科駅の北で南西に流れを変え、さらに南流している。1kmの地点で新幹線高架を潜り、山科川に合流している。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 「京都市の駒札」、『琵琶湖疏水の歴史散歩』、『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area琵琶湖疏水・岡崎公園・鴨川運河  周辺,surrounding area母子地蔵  周辺,surrounding area安祥寺  周辺,surrounding area毘沙門堂  関連,relevance水路閣     
 
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 山科疏水 水路橋 〒 京都市山科区安朱
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光