平安宮造酒司倉庫跡 (京都市中京区)  
Ruins of Heiankyu Sake-no-tsukasa(Heian Palace Sake Warehouse)
平安宮造酒司倉庫跡 
平安宮造酒司倉庫跡 
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home

「史跡 平安宮造酒司倉庫跡」の石標


「平安宮 造酒司 倉庫跡 昭和52年発掘」の石板

【参照】酒司倉庫跡(京都市平安京創生館、京都市埋蔵文化財提供)、説明板より

酒司倉庫跡の掘立柱の柱跡を模したタイル張り


【参照】造酒司跡から出土した釉薬陶器(京都市平安京創生館)


平安宮造酒司跡(京都市平安京創生館、京都市埋蔵文化財提供)、説明板より
 京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)の玄関左に、「史跡 平安宮造酒司倉庫跡(しせき-へいあんきゅう-みきのつかさ-そうこあと)」の石標が立てられている。玄関前には、倉庫の柱跡がタイルで再現されている。
 この地に、平安時代前期に造酒司(みきのつかさ/ぞうしゅし/さけのつかさ)の倉庫が建てられていた。
◆歴史年表 平安時代前期、現在地に平安宮造酒司倉庫が建てられた。
 現代、1977年から、京都市社会教育総合センターの建設に伴う発掘調査が行われた。多くの遺構、遺物が出土した。
 1978年、高床式倉庫と想定される平安時代前期の建物跡が見つかる。
 2006年、平安宮造酒司倉庫跡の石標が立てられた。
◆造酒司 造酒司(京都市指定史跡)は、律令制下で宮内省所属の官衙(かんが、官庁)だった。天皇、中宮などに供御(くご、供える)、供給(くきゅう、酌、献酒)するとともに、朝廷の諸節会(せちえ)、神事に用いられる酒・醴(あまざけ/こさけ)・酢などを醸造した。醸造法、供奉(ぐぶ)、供給の内容も定められ、料米も使用目的毎に分けられ、畿内の官田穫稲(かんでんかくとう)、正税稲(しょうぜいとう)、庸米(ようまい)などが定められていた。(『延喜式』)
 職員は、正(長官)、佑(判官)、令史(主典)各1人、そのほか酒部(さかべ)(伴部)、酒戸(しゆこ)(品部)などに分かれていた。
 造酒司には醸造用の大甕が3口備えてあった。30斛(さか、5400ℓ)入りの大刀自(おおとじ)のほか、小刀自(ことじ)、次刀自(じとじ)があった。それぞれ口の部分2尺(60㎝)ほどを地表面に出し、下は土中に埋めて据えた。(『続古事談』)
◆遺跡 倉庫は、広さ1町(120m)四方あり、現在の中京区聚楽廻松下町付近にあったとみられている。(『宮城図』、陽明文庫)。造酒司の推定他の南東よりに位置している。
 発掘調査により、東限、西限、南限の溝、建物跡、柵跡、土壙が出土している。
 建物跡は、掘立柱構造であり、規模は方3間(東西6m、南北7.2m)だった。平面は南北にやや長い。柱の痕跡から柱径(40㎝ほど)になる。総柱建物であり、均等に柱を配置していた。醸造用の米などを保管する高床式倉庫であり、檜皮葺だったとみられている。このように、建物跡がまとまって出土した例は極めて少ないという。
 柱穴16基のうち3基に凝灰岩、川原石による根固め石が使われていた。柱穴からは平安時代前期の土師器、須恵器、瓦がわずかに出土している。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 京都市平安京創生館、京都市の駒札、ウェブサイト「京都市 京都のいしぶみデータベース」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area平安京・大極殿遺跡  関連・周辺,relevance&surrounding area平安宮豊楽殿跡・豊楽殿北廊・清暑堂  周辺,surrounding area施薬院協会跡  関連,relevance      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 平安宮造酒司倉庫跡 〒604-8401 京都市中京区聚楽廻松下町9-2,丸太町通七本松西入ル北側 京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)内
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光