平安宮 豊楽殿跡・豊楽殿北廊・清暑堂 (京都市中京区)  
Ruins of Heiankyu-Buraku-den Palace
平安宮豊楽殿跡 平安宮豊楽殿跡
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home

「史跡 平安宮豊楽殿跡」の石標

豊楽殿跡


「 平安宮豊楽殿跡」の石標


「豊楽殿北廊跡」の石板

豊楽殿北廊跡

「清暑堂跡」の石板

清暑堂跡


【参照】豊楽殿の復元模型(京都市平安京創生館)、展示模型より豊楽殿復元模型、京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)

【参照】豊楽殿の復元図、「平安宮-京都市建設局・京都市埋蔵文化財調査センター・京都市埋蔵文化財研究所」説明板(二条駅前)より

豊楽殿出土遺物(重文)、鴟尾(左)、垂木先飾り金具(手前左)、緑釉軒平瓦・軒丸瓦(手前右)、鬼瓦(奥)、聚楽廻西町、京都市の説明板より


豊楽院の復元図、上部中央の3つ目の赤い四角が豊楽殿、京都市の説明板より


上の建物が清暑堂、その間に北廊、その下に豊楽殿、京都市の説明板より


平安京、中央下部に朝堂院・大極殿、その左(西)に豊楽院・豊楽殿(京都市考古資料館-京都市埋蔵文化財研究所)、説明板より


【参照】豊楽院の復元図(京都市平安京創生館)、案内パネルより

塼敷、北廊下盛土、京都市の説明板より


【参照】豊楽院正殿遺構(京都市考古資料館-京都市埋蔵文化財研究所)、聚楽廻西町、説明板より


【参照】基壇を囲む凝灰岩の一部、聚楽廻西町、「平安宮-京都市建設局・京都市埋蔵文化財調査センター・京都市埋蔵文化財研究所」説明板(二条駅前)より


【参照】緑釉鴟尾破片、鳳凰の顔部分、「平安宮-京都市建設局・京都市埋蔵文化財調査センター・京都市埋蔵文化財研究所」説明板(二条駅前)より


【参照】豊楽殿より出土した垂木先飾金具(京都市考古資料館-京都市埋蔵文化財研究所蔵)


【参照】豊楽殿より出土した鬼瓦(京都市考古資料館-京都市埋蔵文化財研究所蔵)
 聚楽廻西町(じゅらくまわり-にしまち)の一角の空地に、「史跡 平安宮 豊楽殿跡(しせき-へいあんきゅう-ぶらくでん-あと)」の石碑、説明板が立てられている。
 この地には、平安時代の供宴用施設である平安宮豊楽殿があった。旧丸太町通を隔てた北側には清暑堂(せいしょどう)、その間には豊楽殿北廊が建てられていた。
 現地では、平安宮跡の建物基壇跡が地上部で直接見ることができる。一部は国の史跡に指定されている。
◆歴史年表 平安時代前期、799年、正月、「豊楽院未だ功ならず」と記されている。(『日本後記』)
 9世紀(801-900)初頭/800年頃、豊楽院、豊楽殿は完成した。
 800年、豊楽院で朝賀の儀が行われた。
 808年、11月、「豊楽殿において、五位已上を宴す」と記されている。(『日本後記』)
 822年、正月、第52代・嵯峨天皇は、渤海国大使・王文矩らの使臣と饗宴した。
 9世紀(801-900)半-後半以降、饗宴の一部は豊楽殿ではなく、紫宸殿で行われるようになる。
 883年、5月、第57代・陽成天皇は、渤海国の大使・裵頲(はいてい)らを豊楽院に招待し、内教坊の妓女が舞を披露した。(『三代実録』)
 10世紀(901-1000)-11世紀(1001-1100)、豊楽殿は荒廃したという。
 1063年、3月、豊楽院は焼失する。以後、再建されなかった。
 近代、1928年、丸太町通の拡張工事の際に、豊楽院の不老門の基壇跡が発見された。
 現代、1971年、平安博物館の発掘調査により豊楽殿南縁が見つかる。
 1976年、豊楽殿の基壇、礎石根固め痕跡が発見された。
 1979年、北側の「平安宮内裏内郭回廊跡」が史跡指定される。
 1987年-1988年、京都市埋蔵文化財研究所により、豊楽殿の北西部が発掘調査される。
 1990年、2月、「平安宮豊楽殿跡」として国の史跡に指定された。
 1991年、京都市により石標が立てらる。
 2005年、「平安宮豊楽殿跡出土品」が国の重要文化財指定品の一つに選ばれた。
 2007年、清暑堂の発掘調査が行われる。
 2008年、7月、北側の「平安宮内裏内郭回廊跡」と統合し「平安宮跡 内裏跡・豊楽院跡」と名称変更される。
 2015年、12月、京都市文化財保護課は、豊楽殿の規模が確定し、平城宮(奈良市)の第2次大極殿が解体後に平安京豊楽殿として移築されてきた可能性があると発表した。
◆豊楽院 「豊楽院(ぶらくいん)」は、現在の聚楽廻西町・南町付近に位置していた。平安京大内裏の南部、国家の正式な儀式を行う朝堂院(ちょうどういん)西の宮殿だった。歴代の都城の中では唯一、平安宮にのみに設けられた施設であり、正殿の大極殿(だいごくでん)と並ぶ最重要な建物だった。朝堂院と豊楽院とは表裏一体の関係にあり、豊楽院は「天子宴会之処」(『西宮記』)といわれた。
 平安時代前期、799年正月に、「豊楽院未だ功ならず」と記されている。(『日本後記』)。800年に豊楽院で朝賀の儀が行われた。808年11月に、「豊楽殿において、五位已上を宴す」と記されている。(『日本後記』)。豊楽院は、799年-808年の間に完成したとみられている。
 豊楽院は縦長の敷地であり、東西56/57丈(170m)、南北136丈4尺(413m)に、四周に瓦垣の築地を廻らした。北端中央の築地に裏門の不老門、北寄り中央に天皇の出御する正殿の豊楽殿があった。背後には後殿の控所の清暑堂、前庭の東に栖霞楼(2閣5間)、西に霽景楼(2閣5間)があった。前庭の東西に諸臣が着座した顕陽堂(東堂、19間)・観徳堂(19間)、承歓堂(西堂、19間)・明義堂(19間)があった。これらの建物間は回廊で結ばれていた。南面に儀鸞門(ぎらんもん)、その南の東西に延英堂(9間)・招俊堂(西堂、9間)があった。南端の築地に正門の豊楽門(5間戸3間)が開いていた。
 殿堂で囲まれた豊楽院の庭では、国家的な饗宴が行われた。宮中年中行事の旦節会(がんにちのせちえ)、正月7日の白馬節会(あおうまのせちえ)、正月14日か15日(男踏歌) ・16日(女踏歌)の踏歌節会(とうかのせちえ)、正月17日の賭弓(のりゆみ)、11月の新嘗祭(にいなめさい、天皇即位後の大嘗祭(だいじょうさい)、ほか、射礼(じゃらい)、競馬、相撲(すまい)などの節会の宴、渤海国使節歓迎のための宴(承歓堂に着座)などになる。9世紀(801-900)後半以降、饗宴の一部は紫宸殿で行われ、大嘗祭のみが豊楽院で催され次第に衰微した。
 豊楽院は、10世紀(901-1000)にすでに荒廃し、胆試しの場に代わったという。(『大鏡』)。逸話として、藤原道長(966-1027)は豊楽院で肝試しを行ったという。道長が建立した法成寺に緑釉瓦を葺くために、豊楽殿の鴟尾を降ろさせたともいう。1001年、公卿・源成信(?-979)、藤原重家(?-977)は、豊楽院の荒廃ぶりに無常感を強めた。突然に三井寺で剃髪したという。平安時代後期、1063年に焼失し、その後、再建されなかった。
◆豊楽殿 「豊楽殿(ぶらくでん)」は、平安時代前期、9世紀(801-900)初頭/799年/800年頃に完成した。豊楽院内にあり豊楽院の正殿になる。平安宮の供宴用施設であり、当初は「乾臨閣(けんりんかく)」と呼ばれた。後に、神泉苑の正殿に同名が付けられ豊楽殿に改名された。「とよのあかり」と読んだ。宴会の意だった。
 母屋中央に高御座(たかみくら)を置いた土壇があった。儀式の際には、東西に皇太子・皇后の座を設け、皇太子、親王、参議らが着座した。それ以下の者は、別殿に着座していた。
 平安時代中期、976年に倒壊し、その後も倒壊、焼失を繰り返し、その度に再建、修築を繰り返してきた。平安時代後期、1063年に豊楽院とともに焼失し、以後、再建されることはなかった。
 南面して建てられ、東西桁行9間(39.6m/39.3m)、梁間4間/2間(16.3m/16.2m)あり、基壇規模は、東西45.6/46.3m、南北23.8/23.9mになる。柱の間隔が南北、東西方向とも4.5mになっていた。殿舎では大極殿(11間5間)に次ぐ規模だった。奈良時代、745年に建てられた平城宮第二次大極殿と規模が一致することから、平城宮より移築されたとみられている。
 単層寄棟造、緑釉瓦葺、4面庇付き。
 1990年に、豊楽殿の遺構は、国の史跡に指定された。
◆清暑堂 清暑堂(せいしょどう/せいそどう)は、豊楽殿の北側・不老門の南側にあった。大内裏豊楽院の後房になる。渡廊下の北廊は、清暑堂と豊楽殿とを繋いでいた。天皇臨御の便殿(べんでん)であり、天皇、皇族が休息するために設けられた部屋だった。豊楽院で宴会が行われる際に、天皇の控えの間として使用された。
 清暑堂で、古くは大嘗会、五節(ごせち)が行われている。大嘗祭の際には、夜に天皇が赴き、高位の臣下ともに、神楽を楽しんだ。(清暑堂神楽)
◆発掘調査 ◈1928年に、丸太町通市電敷設工事(千本丸太町西入ル聚楽廻)の際に、豊楽院の不老門基壇跡2カ所が発見された。凝灰岩切石による基壇外装の南東隅だった。遺構は京都大学文学部陳列館に移された。
 ◈1971年に、平安博物館により南縁が発見された。
 ◈1986年に、京都市埋蔵文化財研究所により、豊楽殿の基壇西北部・北廊西半分(中京区聚楽廻西町)が発掘されている。 
 ◈1987年10月-1988年1月の京都市埋蔵文化財研究所の発掘調査(450㎡)は、清暑堂跡と豊楽殿北廊跡を見つけた。
 豊楽殿の北辺中央から西側に遺構が発見された。凝灰岩壇正積基壇跡、階段跡、礎石抜き取り跡、北廊跡、地鎮跡などになる。
 豊楽殿の礎石建物は、桁行9間(38.5m)、梁行4間(16.3m)、四面廂付の東西棟だった。柱間寸法は母屋(桁行4.5m、梁行4.2mの等間)、庇(桁行・梁行3.9m)、軒の出は4.5mと推定されている。葛石、礎石は残っておらず、据付位置は確認されている。礎石据付跡(一辺2.2m-2.4mの隅丸方形)があった。
 基壇は版築、階段部分に掘込地条業があり、外装に凝灰岩切石、延石、地覆石、羽目石を用いていた。塼敷があり、西縁で雨落溝が見つかった。塼敷部分で、地鎮に用いたとみられる穴の土壙(どこう)を確認した。白色土器皿2点、白色土器の三足盤1点が出土している。
 階段は基壇北辺部の中央間と中央間から西へ3間目にあった。造営当初は北辺に、3カ所の階段が付けられていた。中央間階段は、9世紀(801-900)に壊され、豊楽殿後方の清暑堂に連なる北廊の基壇が造られた。
 調査後に、佐嚢で遺構を覆い保存された。
 ◈1995年に栖霞楼想定地での立会調査で、基壇(地山削り出し、版築)、凝灰岩延べ石が見つかった。
 ◈2005年に、「平安宮豊楽殿跡出土品」(緑釉瓦など674点)は、国の重要文化財指定品の一つに選ばれた。有形文化財の美術工芸品に属した。出土品が文化財指定を受けた初例になる。平安時代前期-中期の瓦を中心とする遺物群になる。
 1987年出土の鳳凰を浮き彫りにした緑釉の鴟尾破片、銅製垂木先飾り金具、緑釉軒平瓦・軒丸瓦、鬼瓦(東寺、西寺、伝・羅城門出土と同范)などがある。
 ◈2007年に、豊楽堂跡南縁、清暑堂跡、北廊跡の一部が確認された。現在地には、清暑堂、豊楽殿、清暑堂を繋いだ豊楽殿北廊があった。清暑堂と北廊は同時期に建立されている。
 清暑堂の基壇の盛土30㎝、基壇は東西35m、南北11mあり、清暑堂と豊楽殿は30m離れていた。南縁基壇の化粧の凝灰岩は全て抜き取られ、その際の掘った溝は確認された。
 清暑堂には西階段(幅5.2m、張り出し1.5m)が付けられ、凝灰岩が組み合わされていた。延石と踏石(1段目)があった。延石(長さ92㎝以上、幅35-37㎝、厚さ18-20㎝)は5石あった。踏石(長さ95㎝、幅40㎝、厚さ31㎝)は1石あった。延石と踏石は組合わさった状態で見つかっている。凝灰岩壇正積(だんじょうづみ)基壇跡は、盛り上がった土壇の周りに細い溝が廻らされていた。基壇を化粧するための凝灰岩を据えるために用いていた。
 北廊には土を突き固めた版築による基壇盛土(厚さ60㎝)、雨水を受ける塼敷が残されていた。北廊は2度拡幅されている。当初は単廊で基壇幅6.4mあった。その後12m、さらに13.4mに広げられている。北廊の長さは30mになった。
 ◈2015年に京都市文化財保護課は「豊楽殿」の規模が確定したと発表した。奈良時代後半の平城宮(奈良市)の第2次大極殿が解体後に、平安京豊楽殿に移築された可能性があるとした。建物の大きさ、構造が一致していたためという。

 

原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 『掘り出された京都』、ウェブサイト「平安宮豊楽殿跡出土品 - 重要文化財指定を受けて 京都市埋蔵文化財研究所・京都市考古資料館」、ウェブサイト「文化庁 文化財データベース 平安宮跡 内裏跡 朝堂院跡 豊楽院跡」、『平安宮ガイド』、『京都市文化財ブックス28集 平安京』、『平安京散策』、ウェブサイト「上京史蹟と文化 2008年vol35-京都市埋蔵文化財研究所」、京都市考古資料館-京都市埋蔵文化財研究所、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area平安京・大極殿遺跡   関連・周辺,relevance&surrounding area平安宮造酒司倉庫跡  関連・周辺,relevance&surrounding area宴の松原跡・豊楽院  周辺,surrounding area   関連,relevance歴代天皇データ     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 平安宮 豊楽殿跡 〒604-8403 京都市中京区聚楽廻西町
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光