花山洞・渋谷越 (京都市山科区)  
Kazan-do(tunnel)
花山洞・渋谷越 花山洞・渋谷越
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home
渋谷隧道(花山洞)


「花山洞」の石額


「方軌通門」の石額


トンネル内


トンネル内


レンガ

周辺の山


旧渋谷越


東山トンネル(国道1号線東行)


渋谷街道(渋谷越)路傍の地蔵尊 


【参照】「渋谷街道(渋谷越)」の石標、国道1号線沿
 現在の国道1号線(京都府道116号線)、東山トンネル(長さ259m)の北に並行して渋谷隧道(しぶたに-ずいどう)がある。花山洞(かざんどう)とも呼ばれ、現在は歩行者・自転車専用道になっている。
 この地にはかつて、渋谷越(しぶたにごえ、渋谷峠、渋谷街道)が通じていた。坂の難所であり、水捌けも悪いため、後に隧道(トンネル)が開削された。 
◆歴史年表 江戸時代、1811年、渋谷越で大規模な改修工事が行われている。資金は郷民の寄付により、道幅を広げ、下水堀も付けられた。 
 近代、1899年、2月18日、京都府会に渋谷街道の改修計画が提出された。1900年の予算化が可決される。
 1902年、4月3日、渋谷隧道の開削工事が始まる。
 1903年、4月28日、渋谷隧道(花山洞)が完成した。
 1923年、渋谷街道で大規模な改修工事が行われている。
◆隧道工事 渋谷隧道工事は、京都府により1902年4月3日-1903年4月28日間で行われている。工事は、岡崎の大西土木による。
 それまでの渋谷峠から34尺(10.3m)掘り下げた。隧道にはレンガを積み、隧道内には漏水落下を防ぐために亜鉛の屋根を葺いた。
 隧道の東側に「花山洞」の石額、西側には「方軌通門」が掲げられている。
◆渋谷越・苦集滅路 「渋谷越(しぶたにごえ)」は、五条橋口(六条坊門末)より清閑寺山、阿弥陀ヶ峰の谷を通り山科、東海道に通じていた。現在の五条通(国道1号線)とほぼ同じ道になる。旧道は、急坂の難所だった。
 渋谷は、「しるたに」とも呼ばれ、「滑谷」、「瀋谷」、「汁谷」とも記された。これらは、ぬかるんだ道を形容したという。滑谷については、清閑寺から清水寺奥の院に至る山道も意味したという。
 古くは「苦集滅路(くずめじ)」と呼ばれた。これは、 初期仏教の根本的な教義「苦集滅道(くじゅうめつどう)」に因む。「久久目路(くくめじ)」とも記された。三井寺の教待和尚は、清水寺の行叡居士と親しく、大山崎の別業を訪ねる際に、木履が「苦集滅路」と響いたように聞こえたことから名付けたという。
 また、東国に左遷される際に、「四諦の法(したいのほう)」を観じたことによるともいう。四つの真理の意であり、苦諦、集諦(じつたい)、滅諦、道諦の総称、苦集滅道をいう。
◆小野寺 江戸時代、東山・渋谷街道(しぶたにかいどう、渋谷越、苦集滅道[くずめち] )に、小町寺という小野小町ゆかりの寺があった。平安時代からあったともいう。
 江戸時代には、洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第42番札所になり、札所本尊は玉章地蔵とされた。
 近代、1875年、廃寺になり、本尊の玉章地蔵、烏石葛辰(うせき-かつしん)筆の扁額「小野寺」、小町像、井筒などが東福寺の退耕庵に遷されたという。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 『山科事典』、『京都山科 東西南北』、『昭和京都名所図会 1 洛東 上』


関連・周辺,relevance&surrounding area清閑寺・渋谷越  周辺,surrounding area六所神社(北花山六所神社)  関連,relevance退耕庵〔東福寺〕      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 花山洞・渋谷越 〒607-8461 京都市山科区上花山旭山町 
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光