退耕庵 〔東福寺〕 (京都市東山区)
Taiko-an Temple
退耕庵  退耕庵
   Home    Home





戊辰役殉難士菩提所の碑が門前にある。


地蔵堂


地蔵堂




客殿


小野小町百歳井


「小野小町百歳井」の碑


第56、57代内閣総理大臣・岸信介(1896- 1987)の手植えという槙。
 東福寺塔頭のひとつ退耕庵(たいこうあん)の門脇には、「戊辰役殉難士菩提所」の碑が立つ。絶世の美女と謳われた平安時代の女流歌人で六歌仙・三十六歌仙の一人、小野小町のゆかりの寺とされ小町寺とも呼ばれる。 
 臨済宗東福寺派、本尊は千手観音。
 洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第42番札所、札所本尊は玉章(たまずさ)地蔵。
 玉章地蔵は悪縁断ち、良縁結びの信仰がある。
◆歴史年表 室町時代、1346年、東福寺43世・性海霊見(しょうかい れいけん)により、その退隠所として創建された。当初は現在地の東(現在の海蔵院の東)にあった。
 応仁・文明の乱(1467-1477)により罹災し、その後、衰微する。
 安土・桃山時代-江戸時代、慶長年間(1596-1615)、1599年とも、当庵11世・安国寺恵瓊(あんこくじ えけい)が再興した。
 江戸時代、寛文年間(1661-1673)、玉章地蔵は第112代・霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵以外の48か寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所の霊場のひとつになる。
 1868年、鳥羽・伏見の戦いで長州藩本陣になる。
 近代、1875年、小野寺の廃寺にともない玉章地蔵、扁額、井筒などが当寺に遷された。
◆性海霊見 南北朝時代-室町時代の臨済宗の僧・性海霊見(しょうかい れいけん、?-1396)。信濃に生まれた。1343年、元に渡り、帰国後、南禅寺・虎関師錬に師事、その法を嗣ぐ。足利義満、義持の帰依を受ける。京都・三聖寺、東福寺43世、天竜寺、南禅寺住持を歴任。1346年、東福寺・退耕庵に退隠した。
◆安国寺恵瓊 安土桃山時代の僧・安国寺恵瓊(あんこくじ えけい、?-1600)。安芸国の守護武田家に生まれた。安芸国安国寺・竺雲恵心に師事、1569年、備後・安国寺の住持、使僧(外交顧問)として毛利氏と京都の調停に当たる。1573年、足利義昭と織田信長の争いでは義昭に付く。1582年、豊臣秀吉の備中高松城攻めでは双方の講和に入る。その後、秀吉の使僧として四国平定により、伊予国に所領を与えられ大名となる。文禄・慶長の役(1592-1598)にも加わる。石田三成に与し、毛利家内の吉川広家と対立、1600年、関ヶ原の戦では西軍敗北に伴い六条河原で斬首になる。東福寺退耕庵主、1598年、東福寺224世・住持、1600年、南禅寺住持、建仁寺を再興した。
小野小町 平安時代の女流歌人・小野小町(生没年不詳、815?/826?-898?)。詳細不詳。小野氏の出身で、出羽郡司・小野良真の娘で小野篁の孫(娘とも)ともいわれる。小町とは禁中の局の名称であり、本名は小野比右姫ともいう。平安時代、第58代・仁明天皇(在位833-850)に宮廷に仕え、寵幸を受け更衣(こうい、後宮の女官)となったという。六歌仙、三十六歌仙のひとり。
 恋の歌に特徴あり、漢詩の表現に通じた。生涯はさまざまな説話を生む。
◆地蔵 地蔵堂の地蔵菩薩像は「玉章(たまずさ)地蔵」、「ふみはり地蔵」ともいわれている。
 かつて、東山の渋谷峠の小町寺にあった。1875年、当寺に遷された。右手に錫状、左手に宝珠を載せる。石造蓮華座に結跏趺坐する。小野小町作ともいう。良縁を結び、悪縁を絶つとの信仰を集める。像高2m。塑像。
 美貌の誉れ高かったという小町には、数多くの艶書(恋文)が送られてきた。老いた小町は自ら像を立て、これらを像内に納めたという。また、恋文を張り像を造ったとされ、地蔵は、除災与楽の信仰を集めた。
 後世、像の後ろを破り艶書を取り出した者があったという。腹内には石の五輪が納められ、「慈眼大姉」の銘があったという。北政所の文官・右筆(祐筆)だった小野於津宇(小通)(おの の おつう)は、小町の苗孫にあたり、この破損したところを自らの手で張り直し、彩色したという。(『花洛名勝図会』巻3)
◆木像・仏像 地蔵堂堂内には、小野小町作という乾漆の「小町百歳像」も安置されている。世の無常を悟り、自ら作ったといわれている。
 脇壇に平安時代作の「薬師瑠璃光如来坐像」、「十一面観音立像」を安置している。
◆小野寺 江戸時代、東山・渋谷街道(しぶたにかいどう、渋谷越、苦集滅道<くずめち>)に、小町寺という小野小町ゆかりの寺があった。江戸時代には、洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第42番札所になり、札所本尊は玉章地蔵とされた。
 近代、1875年、廃寺になり、本尊の玉章地蔵、烏石葛辰(うせき かつしん)筆の扁額「小野寺」、、小町像、井筒などが当庵に遷されたという。
◆建築 「客殿」(京都府指定文化財)は、安土・桃山時代、1599年に建てられている。
 現在の書院は旧本堂という。
◆茶室 書院の茶室「作夢軒(さくむけん)」は、恵瓊によって建てられた。茶室には、上に「忍び天井」、隣に「伏侍(ふせざむらい)の間」などが隠されている。
 豊臣秀吉の没後、茶室では、恵瓊、豊臣政権の五奉行の一人・石田三成(1560-1600)、五大老の一人・宇喜多秀家(1572-1655)らが、関ヶ原の戦い、徳川討伐の謀議を行ったという。
◆鳥羽・伏見の戦い 1868年の鳥羽・伏見の戦いで、東福寺に長州藩の陣が置かれた。当庵にも長州藩の屯所が置かれた。
 引き続く、戊辰戦争の犠牲者48人が境内に葬られた。戊辰勤皇殿には位牌が祀られ、門前脇に「戊辰役殉難士菩提所」の碑が立つ。防長殉難者の菩提所になっている。
◆庭園 庭園は、枯山水庭園の南庭と、池泉式庭園睡蓮(6、7月)が咲く北庭、坪庭がある。
 南庭の「真隠庭」は、性海霊見の作庭という。スギゴケの苔庭になる。樹齢300年という霧島ツツジの巨木は、4月末に真紅の花をつける。
 北庭は、泉観賞式庭園であり、慶長年間(1596-1615)の作庭という。その後、荒廃し、1965年、1972年に修復が行われている。
 坪庭は、四方の縁が竹を敷き詰めている。小石を敷いた長方形の庭面に、長方形、円形、景石、蹲踞が置かれている。
◆文化財 絹本著色「性海和尚像」(東京国立博物館に寄託)、紙本墨書「永明智覚寿禅師垂誠」2幅など。
◆井戸
 境内には「小野小町百歳井」がある。小町は、井戸に映ったという自らの姿を見て、「おもかげの かわらでとしの つもれかし たとえいのちに かぎりあるとも」と詠んだという。
 ただ、歌は後世、江戸時代の作ともいわれている。


*普段は非公開、内部、庭園などは写真撮影禁止。
*年間行事・は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『古寺巡礼京都 18 東福寺』『京都・山城寺院神社大事典』『洛東探訪』『京都の寺社505を歩く 上』『昭和京都名所図会 1 洛東 上』『新選組と幕末の京都』『旧版 京のお地蔵さん』『新版 京のお地蔵さん』


  関連・周辺東福寺     関連     周辺       

より大きな地図で 京都幕末史跡 を表示
 退耕庵  〒605-0981 京都市東山区本町15丁目793  075-561-0667   9:00-16:00
   Home      Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光