遍昭墓 (桓武天皇皇孫 遍照僧正御墓) (京都市山科区)  
Imperial mausoleum of Henjo
遍昭墓 遍昭墓
50音索引,Japanese alphabetical order   ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order   Home



「桓武天皇皇孫 遍昭僧正御墓」の石標




 北花山中道町(きたかざん-なかみち ちょう)に、平安時代前期の天台宗の僧・歌人・遍昭/遍照(へんじょう)の墓がある。 
 花山周辺には、遍昭に関わりのある元慶寺、六所神社、福應寺などが点在している。
◆遍昭 平安時代前期の天台宗の僧・歌人・遍昭/遍照(へんじょう、816-890)。俗名は良岑宗貞(よしみねの-むねさだ)。良少将、花山僧正。良岑安世の子、子に素性、由性。 第50代・桓武天皇の孫。左近衛少将、849年、蔵人頭に補され、第54代・仁明天皇に仕え、寵愛を受けた。850年、天皇没直後に出家し、比叡山に入る。叡山座主・円仁に戒を受けた。貞観年間(859-877)、山科花山に元慶寺を創建し座主になる。「花(華)山僧正」とも呼ばれた。869年、紫野・雲林院の別当を兼ね、文芸交流する。885年、僧正になり、天皇に宮中で七十の賀を祝われる。食邑(しょくゆう)100戸、輦車(てぐるま)の勅許を賜る。
 国家、貴族との関係が深かった。第58代・光孝天皇にも仕えた。惟喬親王と交流しする。歌人としても知られ、六歌仙、三十六歌仙の一人。小野小町と清水寺で歌でやりとりをした。天狗調伏などの逸話も残る。『古今集』入集。『大和物語』『今昔物語集』『元慶寺遍昭』などに記されている。家集『遍昭集』。75歳。
 墓は元慶寺南西(山科区)にある。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『山科の歴史を歩く』 、『京都山科 東西南北』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area元慶寺(花山寺)  関連・周辺,relevance&surrounding area福應寺  関連・周辺,relevance&surrounding area六所神社(北花山六所神社)  周辺,surrounding area  関連,relevance雲林院〔大徳寺〕  関連,relevance歴代天皇データ     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 遍照墓(桓武天皇皇孫 遍照僧正御墓) 〒607-8481 京都市山科区北花山中道町
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光