福應寺 (京都市山科区)
Fukuo-ji Temple
福應寺  福應寺
50音索引  Home 50音索引  Home





本堂


本堂





賓頭盧(びんずる)尊者


賓頭盧尊者



地蔵堂

地蔵堂
 上花山講田町(かみかざん こうだちょう)に、福應寺(ふくおうじ)はある。平安時代の僧・遍昭(遍照)の開基と伝えられ、号は遍照山清浄蓮院という。 
 浄土宗、本尊は阿弥陀如来像を安置している。
 全国善光寺会の一つ。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、遍昭僧正(816-890)の開基によるという。当初は天台宗だった。
 その後、浄土宗に改める。
 江戸時代、明暦年間(1655-1657)、雲観良親西月大徳が中興し興隆した。
 1671年、知恩院末の浄土宗で、山号院号寺領はなく、村の惣寺と記されている。(「比留田文書」中「禁中御領寺社之覚」)
 享保年間(1716-1735)、心誉誓運大徳により諸堂が再建される。
 1718年、現在の鐘楼が建てられた。
 1837年、18世・亮賢上人により建物の大修理が行われた。
 近代、1934年、暴風雨により本堂、諸堂が倒壊する。以後、荒廃した。
 現代、1963年、30世・綜誉により現在の本堂、諸堂が再建される。
◆遍昭 平安時代前期の天台宗の僧・歌人・遍昭/遍照(へんじょう、816-890)。俗名は良岑宗貞(よしみね の むねさだ)。良少将、花山僧正。良岑安世の子、子に素性、由性。 第50代・桓武天皇の孫。左近衛少将、849年、蔵人頭に補され、第54代・仁明天皇に仕えた。850年、天皇没後に出家し、比叡山に入る。叡山座主・円仁に戒を受けた。貞観年間(859-877)、山科花山に元慶寺を創建し座主になる。「花(華)山僧正」とも呼ばれた。869年、紫野・雲林院の別当を兼ね、文芸交流する。885年、僧正になり、天皇に宮中で七十の賀を祝われる。食邑(しょくゆう)100戸、輦車(てぐるま)の勅許を賜る。
 第58代・光孝天皇にも仕えた。惟喬親王と交流した。歌人としても知られ、六歌仙、三十六歌仙の一人。小野小町と清水寺で歌でやりとりをした。天狗調伏などの逸話も残る。『古今集』入集。『大和物語』『今昔物語集』などに記されている。
 元慶寺南西(山科区)に墓がある。
◆平重盛 平安時代末期の武将・平重盛(たいら  の しげもり、1138-1179)。清盛の長男、母は右近将監・高階基章の娘。1156年、保元の乱では、父とともに源為朝と戦う。1159年、平治の乱でも戦功をあげ、伊予守に任じられる。1163年、後白河上皇の蓮華王院(三十三間堂)造営にともない、公卿に列し近臣になる。1167年、権大納言、東国、西国の山賊・海賊追討を命じられた。1177年、内大臣になる。妻は平家打倒の謀議、鹿ケ谷事件の首謀・藤原成親の妹であり、平家一門内で孤立した。
 信仰厚く、燈籠堂では毎月14日、15日に融通大念仏会を行ったという。平家、他家の美貌の女房を堂に集め称名念仏を行い、燈籠大臣と呼ばれた。遺体は六波羅第に葬られた。平氏都落ちの際に焼き捨てられる。東山小松谷、五条坊門万里小路に邸があった。
◆仏像・木像 ◈本堂に本尊「阿弥陀如来」を安置する。
 ◈右脇壇に一光三尊の「善光寺如来」、「善導大師」、「法然(円光照大師)像」を安置している。
 ◈左脇壇に開山「遍昭像」、歴代住持の位牌を安置している
◆梵鐘 鐘楼の梵鐘には、平安時代の当寺開基・遍昭(816-890)の銘が記されている。江戸時代、1837年に18世・亮賢が修復した。
 近代、太平洋戦争(1941-1945)では、金属供出された。遍昭の銘があったことから残され、戦後に寺に返却された。
◆地蔵 「地蔵尊」は、小松(平)重盛(1138-1179)が当寺に帰依した際に寄進した念持仏という。かつて、重盛の別邸にあった寺(後の正林寺)から遷したという。
◆講田町 地名の「講田町(こうだちょう)」とは遍昭に因んでいる。遍昭は当寺に多くの僧を集め、講義を行ったという。(『宇治郡名勝誌』)
◆歌碑 境内に歌碑「恋しくは たつね来て見よ福応寺 小松(平)重盛 やましなのさと」が立つ。
◆年間行事 涅槃会、彼岸会、盂蘭盆会、十夜法要。


*年間行事(拝観)などは、中止、日時・内容変更の場合があります。
*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 京都市の駒札、『山科の歴史を歩く』 『史料 京都の歴史 第11巻 山科区』『山科事典』『京都山科 東西南北』、ウェブサイト 「全国善光寺会」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺元慶寺(花山寺)     周辺     関連雲林院〔大徳寺〕    関連浄教寺    関連正林寺      

地蔵尊
 

鐘楼

梵鐘

歌碑

【参照】地名に残る「講田町」
福應寺 〒607-8463 京都市山科区上花山講田町71  075-581-1249  
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光