朱雀天皇 醍醐陵 (京都市伏見区)  
Imperial mausoleum of Emperor Suzaku
朱雀天皇 醍醐陵 朱雀天皇 醍醐陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home









「朱雀天皇 醍醐陵」の石標

 醍醐御陵東裏町(だいごごりょう ひがしうらちょう)に、醍醐陵(だいご の みささぎ)はある。平安時代中期の第61代・朱雀天皇(すざく てんのう)が葬られている。
 古く、北西近くにある朱雀天皇の父・醍醐天皇が葬られた後山科陵(のちのやましな の みささぎ)は、「上御殿(上ノ御殿)」、朱雀天皇陵は「下御殿(下ノ御殿)」と呼ばれていた。
◆歴史年表 平安時代、952年、8月15日、朱雀天皇は亡くなる。9月20日、山城国・来定寺の北野で火葬にされた。9月21日、遺骨は父・醍醐天皇陵の傍らに納められる。
 中世(鎌倉時代-室町時代)、衰微し、民家の竹林中にあった。
 江戸時代、1698年、幕府の山陵探索により陵として竹垣が設けられている。
 1862年-1863年、文久の修陵では、「醍醐法華堂」としている。
 1864年、大幅に修陵された。
◆朱雀天皇 平安時代中期の第61代・朱雀天皇(すざく てんのう、923-952)。 寛明 (ひろあきら/ゆたあきら) 。第60代・醍醐(だいご)天皇の第11皇子。母は太政大臣・藤原基経の娘・藤原穏子(おんし)。3歳まで、菅原道真の怨霊の祟りを避けて、御殿の格子を上げず、昼夜灯を灯した御帳台の中で育てられたという。925年、3歳で皇太子、930年、父の譲位により8歳で即位した。母の兄・藤原忠平が摂政(後に関白)になり実権を掌握した。在位中に、自然災害が頻発し、海賊も多く出没した。承平・天慶年間(931-947)、平将門、藤原純友が乱を起こし、武士台頭の契機になる。(承平・天慶の乱)。946年、母の言に従い、弟の成明親王(第62代・村上天皇)に譲位した。将門の乱を恐れたためという。嵯峨、醍醐、大堰川などへ行幸し、芥川野(あくたがわの)、栗隈野(くりくまの)などへ遊猟した。晩年は出家し、仁和寺に入り、仏陀寿と称した。952年、その5カ月後に没した。30歳。歌集に『朱雀院御集』がある。諡号は、譲位後に母と移った後院の朱雀院に因み朱雀院という。
 在位中に、久しく途絶えていた摂政関白が復活し、藤原氏が就いている。陵墓は醍醐陵(伏見区)にある。
◆陵墓 円丘であり、南面している。
 平安時代、952年8月15日、朱雀天皇は亡くなる。9月20日、山城国・来定寺の北野で火葬にされた。9月21日、遺骨は父・醍醐天皇陵の傍らに納められる。中世(鎌倉時代-室町時代)、衰微し、民家の竹林中にあった。北西近くの醍醐天皇の後山科陵は、「上御殿(上ノ御殿)」、朱雀天皇陵は「下御殿(下ノ御殿)」と呼ばれ、陵所を失うことはなかった。
 江戸時代、1698年、幕府の山陵探索により陵として竹垣が設けられている。1862年-1863年、文久の修陵では、「醍醐法華堂」としている。1864年、大幅に修陵された。

60 醍醐天皇 (在位 :897-930)→61 朱雀天皇 (在位 :930-946) →62 村上天皇 (在位 :946-967)

*原則として年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『検証 天皇陵』『天皇陵 謎解き完全ガイド』『歴代天皇125代総覧』『歴代天皇年号事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺醍醐天皇 後山科陵     周辺     関連朱雀院跡      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 朱雀天皇 醍醐陵 〒601-1313 京都市伏見区醍醐御陵東裏町
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光