舞楽寺跡・八大天王社宮跡 (京都市左京区)  
ruins of Bugaku-ji Temple
舞楽寺 舞楽寺
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home
「舞楽寺 八大天王社宮跡」の石碑


「舞楽寺 八大天王社宮跡」の石碑


「舞楽寺」と刻まれている。
 一乗寺松原町の住宅地の一角に、「舞楽寺 八大天王社宮跡」の石碑が立つ。
 舞楽寺(ぶがくじ)とは、かつてこの付近にあった天台宗の寺院をいう。この地には、舞楽寺の鎮守社だった舞楽寺天王社が祀られていた。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 年代不詳、舞楽寺(ぶがくじ)は、かつて、左京区一乗寺の南にあった。天台宗の寺院だったという。
 室町時代、1425年、「逢客寺(ぶかくじ)」とも記されている。(『薩戒記』)
 1517年、「舞楽寺」と記されている。(『二水記』)
 鎌倉時代、親鸞(1173- 1263)が同寺で水垢離(みずごり)をとると、厩戸王(574-622、聖徳太子)の影向があったという。
 戦国時代(室町時代)、廃寺になる。(『京都府愛宕郡村志』)
 江戸時代、1682年、黒川道祐は「舞楽寺」と記している。(『北肉魚山行記』)。舞楽寺は、すでに地名化していたとみられている。
 1692年、養源寺(現在の北山別院)は、本願寺兼帯の「北山舞楽寺道場」として、所司代に届けられた。以来、養源寺は、地名化していた「舞楽寺」に因み「舞楽寺」とも呼ばれた。
 1705年、一乗寺(左京区)の南部は、地名の「舞楽寺」で呼ばれていた。(『山城名勝志』)
 近代、1872年、舞楽寺の鎮守社だった舞楽寺天王社(八王子社、ふかく寺の社)の末社・諏訪神社、八幡神社は、八大神社(左京区)に合祀される。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都市の地名』『昭和京都名所図会 3 洛北』


関連・周辺八大神社     関連・周辺北山別院(本願寺北山別院)     周辺金福寺(こんぷくじ)      関連本願寺山科別院        
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 舞楽寺跡・八大天王社宮跡 〒606-8156  京都市左京区一乗寺松原町13-23 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光