本願寺山科別院 (京都市山科区)
Hongan-ji-yamashina-betsuin Temple
 本願寺山科別院  本願寺山科別院
  Home   Home





山科川にかかる石橋














鐘楼


【参照】近くを流れている山科川


【参照】山科本願寺寺内町推定復元図(洛東高校本・西宗寺本より、『洛東探訪』より一部抜粋)
 西本願寺の本願寺山科別院(ほんがんじ やましなべついん)は、 山科川沿いに建つ。山科西別院、西本願寺山科別院、聖水山舞楽寺(せいすいざん ぶがくじ)、西御坊(西御坊さん)、西別院とも呼ばれている。正式には本派本願寺山科別院という。 
 浄土真宗本願寺派。本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 室町時代、1478年、山科本願寺は、本願寺8代・蓮如により創建された。
 1480年、御影堂が建立されている。
 1481年、阿弥陀堂が建立された。場所は現在の山科中央公園一帯(山科区西野阿芸沢町など6町)にあった。当初は、京都本願寺、野村殿御坊、野村殿とも呼ばれた。土地は山科七郷地侍衆の海老名五郎左衛門の寄進によるという。
 1532年、10世・証如の時、六角氏と法華宗徒(延暦寺衆徒)により焼討され、廃絶した。
 江戸時代、1732年、15世・住如により山科別院が創建された。前身になる舞楽寺はかつて、左京区一乗寺にある天台宗の寺院だったという。鎌倉時代、親鸞が同寺で水垢離をとると、飛鳥時代の厩戸王(うまやどのおう、聖徳太子、574-622)の影向があったとされ、その縁により現在地に移転した。松林別院(山科別院)と呼ばれた。
 1772年、現在の本堂が建立される。
 近代、明治期(1868-1912)中期、中宗堂(ちゅうそどう)は本山中宗代と改められる。本山より蓮如上人自刻木像が遷された。
◆蓮如  室町時代の真宗の僧・蓮如(れんにょ、1415-1499)。第7代・存如の長男として東山大谷に生まれた。母は祖母の侍女という。1420年、6歳の時、母が本願寺を去る。継母・如円の下で育つ。1431年、17歳で青蓮院で得度、中納言・広橋兼郷の猶子になる。比叡山、興福寺で修行したという。1442年、如了尼と結婚する。1449年、東国布教に出る。1457年、父の死により本願寺第8代になる。1465年、比叡山衆徒により本願寺は破却された。近江に逃れる。(寛正の法難)。1468年、延暦寺は堅田を攻撃する。(堅田大責)。1468年(1469年とも)、大津近松に移り、祖像を遷す。1469年、東国に修行に行く。1471年、越前・吉崎に襲撃を避けて道場、吉崎御坊を開く。1473年、『正信偈・和讃』を開版した。1474年、文明の加賀一向一揆が起こる。1475年、一向一揆に敗走し、河内出口に向かう。1478年、山科に移る。1483年、本願寺を再興し、山科での布教を続けた。1488年、長亨の加賀一揆が起こる。1489年、山科本願寺南殿に隠居した。1496年、大坂石山に坊舎を建て妻子と隠棲した。1499年、山科本願寺に戻り亡くなる。
 蓮如は1461年以後、現世利益ではなく、救われて仏になること、師による恩ではなく教説による仏恩を説き、布教に御文(おふみ)(御文章 [ごぶんしょう] ) を用いた。「南無阿弥陀仏」などと書かれた掛け軸の御名号(おみょうごう)、門徒の組織である講、親鸞の教えの木版印刷などを通じた布教により教団の急拡大を行った。
◆住如 江戸時代の真宗の僧・住如(じょうにょ、1673-1739)。14世・寂如の養子。実父は鎌倉初期の政治家・九条兼晴。本願寺15世宗主。
◆仏像・木像 本堂に、本尊「阿弥陀如来御木像」が安置されている。平安時代の源信(942-1017、恵心僧都)作とされる。大谷本廟から山科へ遷されたという。
 ほかに、「宗祖親鸞聖人真向御影」、本願寺21世宗主「明如上人御絵像」が安置されている。
 中宗堂(ちゅうしゅうどう)に、「蓮如上人木像」が安置されている。蓮如自身の作と伝えられ、近代に入り本山より遷された。
◆建築 「本堂」は、江戸時代、1772年の建立による。
 ほかに、「鐘楼」、「太鼓楼」、「接待所」は、江戸時代、1781年の建立による。
◆舞楽寺 舞楽寺(ぶがくじ)はかつて、左京区一乗寺の南にある天台宗の寺院だったという。創建時期、開山は不明。
 室町時代、1425年に「逢客寺(ぶかくじ)」とも記されている。(『薩戒記』)。1517年にも「舞楽寺」と記されている。(『二水記』)。鎌倉時代に、親鸞が同寺で水垢離(みずごり)をとると、飛鳥時代の厩戸王(聖徳太子)の影向があったとされる。戦国時代に廃寺になる。(『京都府愛宕郡村志』)
 江戸時代、1682年、黒川道祐も「舞楽寺」と記している。(『北肉魚山行記』)。1692年に養源寺(北山別院)は、本願寺兼帯の「北山舞楽寺道場」として、所司代に届けられた。以来、養源寺は、地名化していた「舞楽寺」に因み「舞楽寺」とも呼ばれた。1705年、一乗寺(左京区)の南部は「舞楽寺」の地名で呼ばれていた。(『山城名勝志』)。近世後期(江戸時代)には、寺号も「舞楽寺」とされて混乱する。
 江戸時代、1732年、本願寺15代・住如は、北山別院の旧堂を山科別院(山科区)の廟所の東に移築し、「聖水山舞楽寺」と名付けた。
 舞楽寺(北山別院)は、江戸時代、天明年間(1781-1789)に、「松林山本願寺」と号したことから、山科別院も「松林別院」と呼ばれた。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『浄土真宗本願寺派』『日本の名僧』『事典 日本の名僧』『京都古社寺辞典』『京都府の歴史散歩 中』『洛東探訪』『山科の歴史を歩く』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺蓮如上人廟所     関連・周辺光照寺     関連・周辺東本願寺山科別院     周辺     関連本願寺北山別院     関連舞楽寺跡・八大天王社宮跡        
本願寺山科別院 〒607-8155 京都市山科区東野狐薮(きつねやぶ)町2  075-581-0924
50音索引  Home   50音索引  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光