越畑 (京都市右京区嵯峨)
Koshihata
越畑  越畑
50音索引  Home 50音索引  Home

越畑の民家




愛宕山の石碑
 右京区北西、愛宕山の北北西の山間部に、嵯峨越畑(さが こしはた)がある。古歌では「山城の 原の鎧田 きてみれば 冑の森に 弓掛けの松」とすでに詠まれている。古くは腰畑(こしはた)と呼ばれた。愛宕山への裏街道としても栄えた。
◆歴史年表 奈良時代、781年、この地は、愛宕山白雲寺の寺領になる。
 814年、9世紀(801-900)とも、4人の定住が始まる。(「村由来記」)
 860年、坂上田村麻呂の妻・薩埵御前は、清水寺を創建した協力者の雲平、竜徳とともに当地を訪ねたという。(「村由来記」)  
 862年、田村弘道らが、妻子10人を連れて移住したという。(「村由来記」)
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、丹波国桑田郡より山城国葛野郡に移る。
 江戸時代、1729年、村高239石8斗2升あった。愛宕神社社領であり、その三坊の教行院、大善院、威徳院が61石5斗、高野家が55石3斗2升を知行していた。(「山城国高八郡村名帳」)
 1871年、廣見台より30町余の水路が開かれ、細野村より用水が引かれ灌漑される。
 近代、1889年、嵯峨村の大字になる。
 1931年、京都市に編入され嵯峨越畑になる。  
 現代、2009年、地区の棚田は「にほんの里100選」に選ばれた。 
◆棚田 地区には棚田が広がる。2009年に「にほんの里100選」に選ばれた。田圃は800枚ほどあり、武士の鎧を思わせる段々畑が広がり「鎧田(よろいだ)」とも呼ばれている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『京都大事典』


  関連・周辺愛宕神社       関連・周辺阿弥陀寺(右京区嵯峨越畑)       関連・周辺河原家住宅       周辺樒原       関連           

愛宕山の石燈籠
map  嵯峨越畑 〒 京都市右京区嵯峨越畑
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光