応天門跡 (京都市中京区)
The ruins of Oten-mon Gate
応天門 応天門 
50音索引  Home 50音索引  Home

朱雀大路応天門付近、




【参照】大内裏復元模型、中央に朱雀大路、その突き当りに朱雀門、そのすぐ奥に応天門・会昌門が見えている。京都アスニー



【参照】平安神宮の応天門(神門)


【参照】平安神宮の扁額「應天門」、空海真蹟(『集古十集』)
 平安時代、平安京の正庁である朝堂院(ちょうどういん)の南正面に、応天門(おうてんもん)が建てられていた。朱雀大路(現在の千本通)の北端にあった朱雀門の、さらに北150m程の地点といわれている。 
 現在、付近に石標、石碑、説明板などは立てられていない。
◆歴史年表 平安時代、応天門は第50代・桓武天皇(在位781-806)の頃に創建された。(第1次)
 866年、応天門の変により放火され、焼失する。
 871年、再建された。(第2次)
 1072年、再建される。(第3次)
 1177年、安元の大火で焼失する。以降、再建されなかったという。
 近代、1894年、平安神宮に応天門が縮小して再現される。
◆応天門 平安京では正庁である朝堂院(ちょうどういん、八省院)では、政治と儀式が執り行われていた。応天門は、朝堂院二十五門の一つといわれた。朝堂院の南正面にあり、南には朱雀門が建てられていた。応天門は、5間3戸の二層楼(基壇は東西32m、南北17m)になる。左右に回廊があり、中ほどより南に向けて、東に栖鳳(せいほう)楼、西に翔鸞(しょうらん)楼という2つの楼が建てられていた。二層、碧瓦、緑青の連子窓、丹塗り。 
 現在の平安神宮の応天門(重文)は、平安京の応天門を、5/8に縮小復元している。ただ、当初のものではなく、平安時代、1072年の再建時、第3次の応天門が原型にされたという。また、2つの楼は再現されていない。
◆空海・扁額 かつて門に掲げられていた門額「應天門」は、三筆の一人である空海(774-835)筆という。空海は、第52代・嵯峨天皇の命により書いたという。意図して「應」の字の「广(まだれ)」を、「厂(がんだれ)」として書いたという。空海は最後に、掲げられた額に筆を投げつけ「﹅」を書き加えたという。(『本朝神仙伝』)
 また、空海は書き誤まったため、最後に額に筆を投げつけて書き足したともいう。これが、「弘法も筆の誤り」の故事由来という。(『今昔物語集』巻十一、第九話)
 弘法大師(空海)真蹟「應天門」は、江戸時代の『集古十集(しゅうこじっしゅ)』に載る。
◆応天門の変 平安時代、866年は、霖雨(りんう、長雨)、旱魃(かんばつ)、飢饉などが続き、怪異、火災、兵乱の兆しも見られるという不穏な年だったという。
 閏3月10日、夜、応天門より出火し、両廊も焼失した。原因は放火とされた。当初、大臣・藤原良相(ふじわら の よしみ)と、大納言・伴善男(ともの よしお)は、第52代・嵯峨天皇皇子である左大臣・源信(みなもと の まこと)が犯人と告げた。左近衛中将参議・藤原基経(ふじわら もとつね)を経て、その養父・太政大臣・藤原良房(よしふさ)に知らせた。だが、良房は源信を弁護し罰しなかった。
 今度は、下級役人の備中権史生(びっちゅうごんのししょう)・大宅鷹取(おおやけ の たかとり)が訴え出て、伴善男・中庸(なかつね)父子らが真犯人であるとした。この最中に、善男の従者・生江恒山(いくえの つねやま)、伴清縄(ともの きよただ)が、鷹取の娘を殺害して捕らえられる。二人は、伴父子が源信・源融らの失脚を狙い、放火を共謀したと自白する。伴父子も自白したため、所領、財産没収され、伊豆、隠岐にそれぞれ配流された。そのほかの者も連座して配流になる。(『伴大納言絵巻』)
 事件の真相については不明とされる。良房・基経らが、当初は善男らを使って源信を抑えた。その後、台頭著しい善男も罪人に仕立て、放逐した政治的陰謀ともいう。良相、善男が源信の家を包囲したため、良房が探ったともいう。良房は源信を政界より引退させられ、源融は皇位を望むが、基経に潰され河原院に没した。以後、良房は、姪・高子を第56代・清和天皇女御として入内させ、基経を異例の中納言に抜擢した。その後、藤原氏による摂関政治が行われた。藤原氏の暗躍はなかったともいう。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都史跡事典』『京都歴史案内』


  関連・周辺朱雀門跡      周辺      関連平安京「大極殿遺蹟」      関連平安神宮            
平安京オーバレイマップ
map 応天門 〒602-8156 京都市中京区聚楽廻東町町千本通二条付近
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光