福徳社 (京都市北区)
Fukutoku-sha Shrine
福徳社 福徳社
  Home   Home

福徳社


祭列は、福徳社の周りを三度回る。
 福徳社(ふくとくしゃ)は、大田神社すぐ南にあり、境外末社になる。
 祭神は福徳神を祀る。 
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 江戸時代初期以来、「さんやれ(幸在)祭」が行われている。
◆サンヤレ祭 「さんやれ(幸在)祭」(2月24日)が行われている。さんやれは「山生」「山荒」とも書かれる。豊作祈願の祭礼であり、江戸時代初期から上賀茂地域の農家に伝わる。各家の15歳になった男子の元服式(成人式)を祝う上賀茂地区氏子の祭礼になる。
 当日、大島紬を着た男子と先導する子どもらは、「タイショウギ」という葉のついた枝、幣に続く。鉦太鼓、笛で囃子ながら、「御目出度う御座る(おんめでとうござる)、御目出度う御座る」と唱えて行列する。福徳社、大田神社、町内の山ノ神に参拝し、上賀茂神社でお祓いを受ける。
 この日を持って「さんやれ講」を「あがり」になった男子たちは、袂のある着物、羽織を着ることが許される。以後「青年入り」し、大人として扱われる。
◆年間行事 「さんやれ(幸在)祭」(2月24日)。


*参考文献 案内板、『昭和京都名所図会 3 洛北』


大田神社     上賀茂神社    上賀茂社家町   岡本やすらい堂(上賀茂やすらい祭り)                   
福徳社 〒603-8047 京都市北区上賀茂北大路町 
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光