大雅堂旧跡 (京都市東山区)
The ruins of Taigado
大雅堂旧跡 大雅堂旧跡 
50音索引  Home 50音索引  Home

「大雅堂旧跡」の石碑


「和光同塵」の石碑


「名勝 圓山公園」の石標
 大雲院の通りを隔てた東向かいに、石碑2基が立つ。一つには「大雅堂旧跡(たいがどう きゅうせき)」と刻まれている。かつてこの付近、真葛原(まくずがはら)に、江戸時代の南画第一人者・池大雅(いけ の たいが/いけ たいが)の草庵があった。
◆歴史年表 江戸時代、この付近に池大雅(1723-1776)、妻・玉瀾の草庵が結ばれた。草庵「葛覃居(かつたんきょ)」は、現在の大雲院の西南端付近だったという。
 1784年、門人の僧・月峯、凪夜らは、師没後、遺墨品を整理し、双林寺内に師夫妻を偲び大雅堂を建立した。
 近代、1886年以来、円山公園の拡張工事により大雅堂は消失している。
◆池大雅 江戸時代の文人画家・池大雅(いけの たいが/いけ たいが、1723-1776)。京都に生まれた。家は深泥池の農家で、父は西陣の扇屋であり、京都銀座役人中村氏手代を勤めた。3歳で既に「金山」の文字を書く。4歳で父没。7歳の時、萬福寺で書を披露し「神童」と謳われる。1737年15歳で家業を継ぎ扇屋の袖亀堂(二条樋口町、二条木屋町)を開く。16歳で彫印店を開き篆刻をした。文人画家・柳沢淇園に指墨画を学ぶ。20歳で聖護院門前に移り、大雅と号した。1748年富士山を踏破、1749年白山、立山、1750年紀州の祇園南海を知る。30歳頃(24歳とも)に画家・玉瀾(町)と結婚した。知恩院袋町、祇園真葛原に住し、草堂前は門前市の賑わいとなる。
 中国南宋画を学び、琳派、西洋画も取り入れ、文人画(南画)大成者のひとりとなる。中国の故事、名所、日本の風景などを描いた。書家、俳人としても知られた。作品は40歳代に描いた「黄檗山萬福寺東方丈障壁画」30数面、与謝蕪村と共作した「十便十宜図」(1771)などがある。日本南画の祖とされた。墓は浄光寺にある。
◆池玉瀾 江戸時代中-後期の女流画家・歌人・池玉瀾(いけ の ぎょくらん、1727-1784)。町子、町。京都生れ。母は祇園(八坂神社南門前)の名物茶屋「松屋」の2代目・百合女(百合)で、店は祖母、母、玉瀾の3人が詠むため「女歌人茶屋」と呼ばれていた。父は江戸の元旗本・徳田某という。柳沢淇園、池大雅に絵を学ぶ。26歳で大雅と結婚し、真葛原に住んだ。1776年夫没後は、茶屋を守った。和歌もよくした。代表作「便面図巻」。
◆碑 道の東側の土手上に、「大雅堂旧跡」の石碑が立つ。夫妻の没後、弟子37人がここに二人を偲び大雅堂を建てた。
 その隣に「和光同塵」の石碑がある。揮毫は大雅友人、相国寺慈雲庵主・大典禅師による。大雅の遺徳を偲び立てられた。
 二人が暮らした「葛覃居(かつたんきょ)」は、この碑の西、現在の大雲院の西南端付近だったという。
 
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都隠れた史跡100選』『おんなの史跡を歩く』『京を彩った女たち』


  関連・周辺双林寺      関連・周辺円山公園      関連・周辺大雲院(祇園閣)       周辺       関連浄光寺         
 大雅堂旧跡 〒 京都市東山区下河原鷲尾町、円山公園の音楽堂南   
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光