大光院 〔大徳寺〕 (京都市北区)
Taiko-in Temple
大光院 大光院
50音索引  Home 50音索引  Home














 大徳寺境内の南西に塔頭・大光院(たいこういん)がある。『京都古社寺辞典』
 臨済宗妙心寺派。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1592年、1596年、江戸時代、元和年間(1615-1624)とも、豊臣秀吉の弟・秀長の菩提を弔うために創建された。開祖は古溪宗陳による。当初は大和郡山にあった。
 1599年、現在の表門が建立された。
 秀長に仕えた武将・藤堂高虎(1556-1630)により、大徳寺山内(金龍院南、高桐院西)に移された。以後、北派輪住により護持された。
 江戸時代、1816年、焼失する。
 文政年間(1818-1830)、藤堂氏により再建される。現在の客殿、書院が建てられる。
 現代、1954年、小堀大嶺により現在地(龍光院南)に移された。
◆古溪宗陳 室町時代-安土・桃山時代の臨済宗の僧・古溪宗陳(こけい そうちん、1532-1597)。浦庵。越前に生まれた。驢雪鷹灞(ろせつ ようは)を受業師として出家、下野足利学校に学び、江隠宗顕に参禅する。大徳寺・江隠宗顕、笑嶺宗訢(しょうれい そうきん)に師事、大徳寺117世。1582年、織田信長の百ヶ日法要、秀吉による信長の葬儀で導師を務めた。豊臣秀吉により織田信長の菩提所の総見院開山に招請される。1585年、秀吉の堺・海会寺の再興者。1588年、信長の新たな菩提寺となる予定の天正寺建立を巡り、石田三成と対立、秀吉により一時、 博多・大同院に蟄居させられる。1589年、洛北市原・常楽庵、千利休の禅の師匠であり、1591年、三門の利休木像事件では利休切腹を中止させようとした。秀吉の大徳寺破却に抗し、自らの命を賭して阻止したという。1592年、豊臣秀長の葬儀導師を務めた。大和・大光院に移る。
 秀吉の計画した天正寺、方広寺の開山は実現しなかった。大仙院第3世。諡号は1596年、大慈広照禅師。大仙院に塔された。弟子に玉甫紹琮、月岑宗印。
◆豊臣秀長 室町時代-安土・桃山時代の武将、大名・豊臣秀長(とよとみ ひでなが、1540-1591)。羽柴秀長。竹阿弥の子、秀吉の異父弟、同父弟とも。1564年以降、秀吉に仕える。1573年、長浜城城代。藤堂高虎が仕官した。1574年、長島一向一揆討伐に出陣。1575年、羽柴の名字を与えられる。秀吉の中国攻め、1577年、播磨国、但馬攻めに参戦し、竹田城城代に任命される。1578年、但馬攻め、黒井城の戦い、1579年、丹生山を襲撃、淡河城を攻めるが撤退した。(三木合戦)。1580年、出石城主。1581年、鳥取城の戦い、1582年、備中高松城の戦い、1582年、本能寺の変後、山崎の戦、1583年、賤ヶ岳の戦いに参戦。美濃守に任官し、姫路城を居城とした。1584年、小牧・長久手の戦いに参加、講和交渉で秀吉の名代として赴く。1585年、紀州征伐で秀吉の副将に任命される。功として紀伊・和泉に所領を得る。四国攻めで秀吉の代理として総大将に任じられる。功により大和国を加増、郡山城に入る。豊臣の本姓を与えられる。1586年、北山一揆出陣、1587年、九州征伐で日向方面の総大将になる。
 大和郡山城内で病死。戒名は古溪宗陳が「大光院殿前亜相春岳紹栄大居士」と付した。
◆藤堂高虎 安土・桃山時代-江戸時代の武将、大名・藤堂高虎(とうどう たかとら、1556-1630)。近江国生まれ。土豪・藤堂虎高の次男。浅井長政の足軽、1570年、姉川の戦い、1573年、小谷城の戦いに参戦、浅井氏の旧臣・阿閉貞征、磯野員昌、織田信澄に仕える。1576年、羽柴秀吉の弟・秀長に仕える。1581年、但馬国の土豪を討ち、所領を加増、鉄砲大将になる。秀長の中国攻め、賤ヶ岳の戦い、1585年、四国攻め、紀州征伐にも功あり加増、大名となった。1585年、紀州征伐に加わる。猿岡山城、和歌山城の普請奉行に任命される。1587年、九州征伐で救援。この頃正五位下・佐渡守に叙任する。1589年、北山一揆鎮圧のため赤木城を築城した。1591年、秀長死後、豊臣秀保に仕え、1592年、文禄の役に参戦、1595年、秀保没後、出家し高野山に上る。秀吉召還により還俗、伊予国板島の大名となる。1597年、慶長の役に参戦、大洲城を加増。板島丸串城の改修を行う。1600年、徳川家康の会津征伐に従い、岐阜城攻め、関ヶ原本戦に加わる。功により家康より今治に加増。江戸城改築、1608年、津藩主。1614年-1415年、大坂の陣で徳川方として参戦、従四位下に昇任した。戦没者供養のため南禅寺三門を造営した。家康没後、2代将軍・秀忠に仕え、藩政も確立、幕命により他藩の後見も務めた。
◆建築 安土・桃山時代、1599年、現在の「表門」が建立された。
 江戸時代、文政年間(1818-1830)、藤堂氏により再建される。現在の「客殿」、「書院」が建てられている。
◆茶室 茶室「蒲庵(ほあん)」は、二畳台目、黒田如水(官兵衛、1546-1604)好みとされる。移築前の古図も残る。「三石の席」とも称された。露地の石は、如水の子・長政(1568-1623)、加藤清正(1562-1611)、福島正則(1561-1624)の三武将の寄進であり、三石と称した。
◆文化財 安土・桃山時代、1593年、豊臣秀長3回忌法要の際の「秀長画像」、「秀長木像」がある。
◆墓 豊臣秀長、藤堂高虎の墓がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『別冊愛蔵版 淡交 大徳寺と茶道 その歴史と大徳寺僧の書』『紫野大徳寺の歴史と文化』『京都・紫野大徳寺僧の略歴』


   関連・周辺大徳寺      周辺      関連         

鳥塚
 
大光院 〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町92   075-492-3305  
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光