青龍宮 (清瀧大権現) (京都市右京区)
Seiryu-gu Shrine
青龍宮  青龍宮
 Home  Home



本殿


本殿扁額「青龍宮」


 



末社、稲荷社



近くに生えている杉の巨木の「三本杉」


【参照】三日坂


【参照】三日坂


【参照】峠付近の楓
 神護寺(右京区)に向かう周山街道(国道162号線)途中、御経坂峠より北へ、谷に下りる道の脇に小社・青龍宮(せいりゅうぐう)が祀られている。かつて、神護寺の鎮守社だったという。清竜(青龍)大明神、清滝権現社ともいわれる。
 祭神は清滝大権現を祀る。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代、804年、唐の長安に留学した弘法大師空海は、青龍寺・恵果阿闍梨に師事し密教の秘法を伝授された。その際に、青龍寺の鎮守である密教の守護神・青龍権現(善女竜王)を日本に勧請したという。高雄山寺(神護寺)の鎮守としてこの地に祀ったという。(社伝)
 鎌倉時代、1230年、「桧社」と記されている。(『神護寺絵図』)
 室町時代、「清滝権現」とあり、楼門、社殿、鳥居なども描かれている。(『神護寺伽藍図』)
 江戸時代、1711年、青龍権現について記されている。中島村路傍にあり、また、三日坂(御経坂)麓に祀られているともいう。(『山城名勝志』)
◆空海 平安時代の真言宗の開祖・空海(くうかい、774-835)。弘法大師。讃岐国に生まれた。父は豪族の佐伯田公(義通)、母は阿刀氏。788年、15歳で上京し、母方の叔父・阿刀大足に師事し儒学を学ぶ。791年、18歳で大学明経科に入るが、中途で退学し私渡僧(しどそう)として山岳修行を始め四国の大滝岳や室戸崎などで山林修行した。797年、『聾瞽指帰(ろうこしいき)』を著す。798年、槙尾山寺で沙弥になり、教海と称する。804年、東大寺戒壇院で具足戒を受ける。遣唐使留学僧として唐へ渡り、805年、長安・青竜寺の恵果(けいか)により両界、伝法阿闍梨の灌頂を受ける。806年、当初の20年の義務期間を2年に短縮して帰国、多くの経典、密教法具などを持ち帰る。入京できず太宰府・観音寺に住した。809年、入京を許される。810年、高雄山寺(神護寺)を経て、811年、乙訓寺に移り、約1年間任に当たった。別当になる。812年、乙訓寺を訪れた天台宗開祖・最澄は、空海と会っている。その後、空海は高雄山で最澄らに金剛界結界灌頂を行った。後、二人は決裂し、断絶する。813年、東大寺別当、819年頃/818年、高野山を開く。822年、東大寺に灌頂道場(真言院)を開く。823年、東寺を真言密教の道場にした。824年、高雄山寺を神護寺と改名する。神泉苑で祈雨の修法を行う。827年、大僧都となる。828年、綜芸種智院を創立した。832年、高野山で万灯会、834年、正月、宮中中務省で後七日御修法を営む。830年、『秘密曼荼羅十住心論』を著す。高野山で亡くなり、東峰に葬られた。62歳。
◆恵果 中国唐代の密教僧・恵果(えか/けいか、746-806)。姓は馬。京兆府昭応・陝西(せんせい)省生まれ。長安の青龍寺の曇貞(どんてい)、大興善寺の不空三蔵(ふくう-さんぞう)に師事し密教を学ぶ。代宗の帰依を受け、内道場の護持僧になり、青龍寺の東塔院に住した。徳宗(とくそう)、順宗(じゅんそう)と三代の皇帝の帰依を受け「三朝の国師」と仰がれた。門下に義明(ぎみょう)、義円(ぎえん)らを輩出した。805年、門人の空海は青龍寺で恵果から金剛界、胎蔵界の灌頂を受け、付法の弟子になった。恵果没後、空海は恵果追悼の碑文「大唐青竜寺故三朝国師碑」を書き、帰国して真言宗を開いた。日本の真言宗では、恵果は「真言付法の八祖」中の第七祖になる。著『十八契印(げいいん)』など。60歳。
◆清滝権現 平安時代、804年-805年に唐に渡った空海(くうかい、774-835)は、長安・青竜(龍)寺で師・恵果(えか/けいか、746-806)より密教を学ぶ。空海が帰国する際に、寺の守護だったという竜女が空海の守護のために付き、高雄山寺(神護寺)に飛来したという。竜女が紺碧の海をはるばる渡ったとして、「青」「竜」、それにそれぞれサンズイを付けて 「清滝(瀧)」とした。さらに清滝(瀧)権現と名付けたという。(『密宗血脈(脉)抄(みっしゅうけちみゃくしょう)』『山城名勝志』)
 902年、醍醐寺開祖・聖宝(しょうぼう、832-909)が上醍醐を開いた際に、清瀧権現の霊託が下り、醍醐山本宮峰に降臨したとされる。また、密教流布の請願のために清瀧宮本殿に勧請したという。醍醐寺には現在、境内には清瀧宮大権現が祀られている。
◆建築 「本殿」は覆屋内に1間社流造、その右に末社が並んでいる。
◆清瀧川 青龍権現が海渡を渡ったことから、サンズイを付け清瀧権現になり、これに因んで清瀧川(清滝川)に改名されたという。(社伝)。清滝の地名由来もこの逸話にあるとされる。
◆樹木 杉の大木がある。樹囲4.8m、高さ30mになる。
◆三日坂 当宮前に三日坂があり、御経坂峠に通じる。
 明恵は、12-13歳頃に高雄山へ出立を望んだ。だが、夢中に八幡大菩薩の使者が大蛇と化して現れた。大蛇はこの坂で行く手を遮ったために、思いを断念したという。(『山城名勝志』『明恵上人行状記』)


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考資料 当社説明板、『京都の地名 検証2』『京都滋賀 古代地名を歩くⅡ』『昭和京都名所図会 4 洛西』


関連・周辺神護寺     周辺慰称寺    関連醍醐寺       
青龍宮 〒616-8284  京都市右京区梅ケ畑御経坂町 
   Home      Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光