本光寺・油小路事件 (京都市下京区)
 Honko-ji Temple
本光寺 本光寺 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

山門は油小路通に面している。


「伊東甲子太郎外数名殉難之地」石標


【参照】付近の住所板に「油小路通、油小路町」とある。

【参照】油小路七条の辻、寺の北になる。
 油小路通に面している本光寺(ほんこうじ)は、山号を実相山という。 
 幕末、門前で凄惨な粛清事件が起きた。新撰組による暗殺事件とその後、御陵衛士(高台寺党)との間での斬り合いが行われた。(油小路事件)
 日蓮宗、本尊は題目宝塔釈迦多宝仏像。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 江戸時代、1681年、日尭の開基によるという。
 1762年、『京町鑑』に記されている。
 1867年、門前で高台寺党盟主・伊東甲子太郎が暗殺された。その後、油小路の事件が起きる。(油小路事件)
◆伊東甲子太郎 江戸時代後期の御陵衛士(高台寺党)盟主・伊東甲子太郎(いとう-きねたろう/かしたろう、1835-1867)。名は武明、通称は大蔵、摂津、号は東山、変名は宇田兵衛。常陸(茨城県)生まれ。父・志筑(しづく)藩士・鈴木忠明の長男、母・こよ。水戸藩士・金子健四郎に神道無念流剣術、水戸学を学び勤王思想に傾倒する。江戸の旗本・伊東精一/誠一郎に北辰一刀流を学び、跡目を継ぎ婿養子になる。1864年、藤堂平助の仲介で新撰組に加盟し、参謀・文学師範になる。その後分離し、1867年、戒光寺の湛然長老の肝煎りにより御陵衛士が組織された。勤皇派の伊東ら15人が新撰組を脱退し御陵衛士に参加した。山陵奉行・戸田大和守忠至の配下に入る。伊東は御陵衛士(高台寺党)盟主になり、薩摩と連携した。1867年、新撰組により七条油小路で粛清され、斬殺された。(油小路事件)。33歳。
 国学・歌道を好み剣術に長けた。
 供養塔が本光寺(下京区)に立つ。墓は戒光寺(東山区)にある。
◆油小路事件 江戸時代末、1867年11月18日(新暦12月13日)、新撰組局長・近藤勇は、伊東甲子太郎を相談(金子の件とも)があるとの口実で、近藤のお孝という妾宅(七条醒ヶ井通)に誘い出した。家には、近藤のほか、新撰組の土方歳三、山崎蒸、原田左之助、吉村貫一郎らが伊東を迎えた。酒宴になり、伊東は酩酊する。
 亥の刻(午後10寺)に伊東は近藤の別邸を後にし、徒歩で木津屋橋通から東に折れ、油小路に差し掛かった。待ち伏せしていた新撰組隊士の大石鍬次郎、横倉甚五郎ら数名により槍で首を突かれた。伊東は、応戦したものの瀕死の状態で、門前の門派石(題目石塔)に寄りかかり絶命したという。最期に「奸賊ばら(腹)」と叫んだという。
 伊東の遺骸は油小路七条の辻に駕籠(引き摺ったとも)で運ばれ放置された。知らせを受けた、御陵衛士7人(篠原泰之進、三木三郎、服部三郎兵衛[武雄]、毛内監物[有之助]、藤堂平助、富山弥兵衛)が遺体を引き取りに来た。待ち伏せしていた新撰組隊士数十人(40人とも)、永倉新八、原田左之助らとの間で激しい斬り合いになる。双方に死傷者があり、御陵衛士のうち藤堂、服部、毛内の3人が斬殺された。事件は「油小路事件」、「七条油小路の変」などともいわれる。伊東には薩摩と通じ、近藤の暗殺計画があったとの嫌疑がある。詳細は不明。
 伊東ら4人の遺骸はそのまま数日間放置されたという。新撰組がさらに仲間を誘き寄せるためだったという。その後、光縁寺(下京区)に葬られ、翌1868年に、伊東の弟・鈴木三樹三郎らにより泉涌寺塔頭・戒光寺(東山区)に改葬されている。
 1867年12月18日、近藤は伏見街道で御陵衛士に狙撃され負傷している。新撰組は、翌1868年1月の鳥羽・伏見の戦いで敗れ、近藤は新政府軍に流山で出頭し、捕縛されている。1868年5月17日、板橋刑場で斬首され、首は三条河原にまで運ばれ晒された。
◆文化財 門派石(題目石塔)は現在、門内に移されている。


*普段はおそらく非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都市の地名』、『新選組大事典』、『新選組事典』、『京都新選組案内』、『新選組 高台寺党』、『幕末京都』、『新選組が京都で見た夢』 、ウェブサイト「コトバンク」   


関連・周辺天満屋事件の跡(中井正五郎殉難の地)  周辺  関連戒光寺〔泉涌寺〕  関連光縁寺  関連近藤勇遭難の地    
本光寺・油小路事件 〒600-8231 京都市下京区油小路町,油小路通木津屋橋上ル   075-341-2863
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光