栄春寺 (京都市伏見区)
Eishun-ji Temple  
栄春寺  栄春寺
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home



「長沼澹斎先生墓」の石標




総門






本堂



観音堂



伏見城総構え(土塁)遺構の石垣、竹林



伏見城総構え(土塁)遺構、現在は石垣が積まれている。



長沼宗敬の墓



大学頭・林衡の撰文による「長沼処士碑」石碑


 国道24号線沿いの高架下に栄春寺(えいしゅんじ)が建つ。指心庵(ししんあん)とも呼ばれ、同名の茶室がある。山号は泰澄山という。 
 曹洞宗、本尊は釈迦如来。
 道元禅師三十二禅刹の一つに数えられる。
◆歴史年表 室町時代、1568年/1569年、本寺4世の伝養が開創したという。伏見で最初の曹洞宗寺院になり、越後国・耕文寺に属した。かつては、山崎町(伏見区)にあり、面積622坪を有したという。
 安土・桃山時代、1596年、慶長の大地震により被災する。
 1597年、徳川家康の家臣・酒井重勝が亡き妻の菩提を弔い、堂宇の造営を行い開基になる。 
◆伝養 室町時代の曹洞宗の僧・伝養(?-? )。詳細は不明。第106代・正親町天皇の信任篤い名僧だったという。栄春寺の開祖になる。
◆鳥居元忠 室町時代後期-安土・桃山時代の武将・鳥居元忠(とりい-もとただ、1539-1600)。通称は彦右衛門。三河国に生まれた。徳川家康重臣・伊賀守忠吉の次男。1551年、駿河今川氏の人質になっていた松平竹千代(徳川家康)に仕える。1558年、家康の初陣に従う。1560年、桶狭間の戦、1561年、大高城兵糧入れ、1569年、遠江掛川城攻略、1570年、姉川の戦、1572年、家督を継ぐ。三方(味方)ヶ原の戦、1575年、長篠の戦、諏訪原城攻めなど出陣した。1582年、天正壬午の乱での戦功により、家康は甲斐国の谷村城主に任じた。1584年、小牧・長久手の戦で甲斐の守りを固めた。1586年、家康に供奉して上洛する。豊臣秀吉の推挙による諸大夫の叙任は、徳川氏臣として固辞した。1590年、小田原の役の武蔵岩槻城攻めに功をたてる。家康の関東入封に伴い、下総国矢作(やはぎ)城主になる。1600年、家康の会津出兵後、伏見城の留守居を命じられる。7月25日、五奉行中の石田三成らが家康に対して挙兵した伏見城の戦が始まる。西軍4万の大軍に対し、元忠は1800人の兵力で城に立て籠もる。8月1日、13日間の攻防の末、鈴木重朝との一騎打ちにより討死した。その際の血染めの床板は、「血天井」として各所に残る。戦は関ヶ原の戦いの前哨戦になった。62歳。
 墓は知恩寺・龍見院(左京区)などにある。
◆長沼宗敬 江戸時代中期の兵学者・長沼宗敬(ながぬま-むねよし、1635-1690)。初名は広敬、通称は伝十郎、三左衛門、外記(げき)、号は澹斎(たんさい)。松本藩藩士の子。号は澹斎。松本藩主・松平直政の転封により松江、明石に移る。1652年、美濃加納藩に仕えた。甲州流など諸流、中国明代の兵学書に学ぶ。1666年頃、江戸に出て『兵要録』を著した。長沼流兵学を確立し、佐枝尹重(1654-1742)、宮川忍斎(1647-1717)ら多くの門弟を育てた。長沼流兵学の流祖。56歳。
 墓は栄春寺(伏見区)にある。
◆林衡  江戸時代後期の儒学者・林衡(はやし-たいら、1768-1841)。字は徳詮、号は蕉隠、幼名は熊蔵、述斎(じゅっさい)。父・美濃国岩村藩主・松平乗薀(のりもり)の第3子。儒者・渋井太室に師事した。1793年、林信敬の死後、林家を継承した。林羅山から8代目の祭酒・大学頭になる。老中・松平定信とともに学政改革を行う。昌平坂の別邸を孔子廟とともに幕府の学問所(昌平坂学問所)とした。儒官・属吏の任命など制度を整備した。幕府編纂書『寛政重修諸家譜』『徳川実紀』など。73歳。
◆大橋元育 江戸時代後期の蘭方医・大橋元育(おおはし-げんいく、1790-1854)。政徳。美濃国生まれ。蘭方医・小森義啓の甥。義啓に医を学ぶ。1808年、蘭学者・海上随鴎(稲村三伯)に入門、義啓の伏見宅を譲り受け医業を開いた。義啓主宰により解剖執刀した。64歳。
 墓は栄春寺(伏見区)にある。
◆小森義啓 江戸時代後期の蘭方医・小森義啓(1782-1843)。桃塢(とうう)。美濃国生まれ。父は大橋政右衛門、1626年、美濃出身の伏見の医者・小森義晴の養子、1630年、京都の蘭学者・江馬蘭斎に入門。1806年、蘭学者・海上随鴎(稲村三伯)に学ぶ。1812年、死体解剖を行う。1817年、ブカンの原著を訳し、『蘭法枢機』全5巻として刊行。1820年、典薬寮医師・従六位下肥後守に任じられる。1821年、死体解剖を行う。1826年、江戸参府途上のシーボルトと交遊し、1828年、継殿助に叙任。没後、従五位下信濃守を贈られた。名医と謳われ、「天保医鑑」に西洋解剖医と記されている。著『病因精義』など。 61歳。
◆仏像・木像 ◈本堂に、最澄(767-822)作と伝えられる本尊の「釈迦如来坐像」を安置する。徳川家康家臣・酒井重勝が寄進したものともいう。
 ◈播州赤穂藩浅野家3代藩主・浅野内匠頭(1667-1701)、赤穂浅野家筆頭家老・大石内蔵助(1659-1703)、志士も祀る。
 ◈観音堂に、西国三十三所観音、聖観音を安置する。
◆建築  ◈「本堂」は、江戸時代、1839年に改築された。
 ◈「観音堂」は、江戸時代、1814年に建立された。天井には伏見城遺構の血天井が張られているという。
◆伏見城遺構 伏見城遺構として総門、観音堂がある。
 観音堂内に、伏見城の血天井が張られているという。
 ◈安土・桃山時代、1600年、伏見城の戦いは関ヶ原本戦の前哨戦になった。攻城軍の総大将・宇喜多秀家、副将・小早川秀秋は、4万の大軍で攻めた。城を守った総大将・鳥居元忠らは、わずか1800人の兵だったという。討死しなかった鳥居ら380人は自刃して果てた。その際の血の海になった床が、その後、各所の寺の天井板に使われたという。
 ◈境内北の墓地に伏見城総(惣)構え(土塁)遺構がある。唯一の伏見城現存の遺構とされている。伏見城城下外周の一部は、防御と政治機能のため、土塁と堀(濠)、さらに石垣などで囲まれていた。これらは、後の城下町形成の原型になった。東西75m、南北50m、幅20m、高さ6m。
◆墓  ◈長沼宗敬の墓がある。
 その傍に江戸時代、会津藩主が建立した「長沼処士碑」(1806)の石碑が立つ。大学頭・林衡の撰文による。
  ◈蘭方医・大橋元育の墓がある。
◆文化財 本堂に絵天井と内陣に龍図が描かれている。
◆竹 豊臣秀吉の命により植えたという孟宗竹がみられる。
◆茶室 茶室「指心庵(ししんあん)」がある。
◆桜 紅枝垂桜が植えられている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『京の城 洛中洛外の城郭』、『大学的京都ガイド こだわりの歩き方』、『京都大事典』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺  周辺  関連伏見城・伏見桃山城    
栄春寺 〒612-0053 京都市伏見区桃山町丹下30  075-641-2070
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光