桓武天皇勅営角倉址・了以翁邸址・平安初期鋳銭司旧址 (京都市右京区)  
ruins of Suminokura
桓武天皇勅営角倉址 桓武天皇勅営角倉址
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home
 嵯峨天龍寺角倉町の保養所「花のいえ」の門前左脇に、「桓武天皇勅営角倉址・了以翁邸址・平安初期鋳銭司旧址(かんむてんのう-ちょくえい-すみのくらあと・りょういおうていあと・へいあんしょきちゅうせんしきゅうし)」の石標が立つ。
 角
◆歴史年表 平安時代、第50代・桓武天皇(737-806)は、京洛の四隅に官倉を設けたという。西にはこの付近に、「角倉」を置いたともいう。以後、地名の「角倉」の由来になる。(詳細は不明)
 870年、葛野の鋳銭所で新銭を鋳造し、櫟谷宗像神社に奉納された。(『日本三代実録』)。「平安初期鋳銭司」は、嵐の麓辺にあったとされる。平安時代には、新しい鋳銭を造る度に、必ず当社に奉納する慣わしがあった。(詳細は不明)
 江戸時代、1606年、了以(1554-1614)は、大堰川開削工事を行う。了以、その子・素庵(1571-1632)は、舟運管理のためにこの地に邸宅を建てた。なお、角倉家の祖・徳春は、この地に住み、家名「角倉」の由来になったという。
 1629年、儒学者・林羅山(1583-1657)の撰文に「勅営角倉」と刻まれている。(大悲閣「河道主事嵯峨吉田了以翁碑銘」)
 近代、1929年、現在の石標が立てられた。

*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 サイト「京都市 京都のいしぶみデータベース」『昭和京都名所図会 4 洛西』『京都・山城寺院神社大事典』


関連・周辺大悲閣(千光寺)    関連・周辺嵐山・桂川・渡月橋    関連・周辺 櫟谷宗像(いちいたに むなかた)神社    周辺     関連      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 桓武天皇勅営角倉址・了以翁邸址・平安初期鋳銭司旧址 
〒616-8382  京都市右京区嵯峨天龍寺角倉町,公立学校共済組合嵐山保養所「花のいえ」前
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光