唐橋(韓橋) (京都市東山区)
Kara-hashi Bridge
唐橋(韓橋) 唐橋(韓橋) 
 50音索引  Home

現在、九条通、鴨川に架かる九条跨線橋
 平安時代、九条坊門小路(現在の東寺道)は東京極大路から西京極大路にあり、唐橋(韓橋)小路といわれた。小路の延長線上の鴨川に韓橋が架けられていたことによるという。 
◆歴史年表 詳細は不明。
 平安時代、九条坊門小路(現在の東寺道辺)の延長線上に、韓橋が架けられていたともいう。(『帝王編年記』)
 879年、「辛橋(からはし)」と記されている。(『三代実録』)
 954年 -974年?、藤原道綱母は、初瀬詣の際に法性寺より橋を渡り、大和大路(法性寺大路)へ出たとみられる。(『蜻蛉日記』)
 1020年-1059年、菅原孝標女は、初瀬詣の際に法性寺より橋を渡り大和大路(法性寺大路)へ出たともいう。(『更級日記』)
 1092年、新中納言・藤原忠実は春日祭のために南都に赴く際に、「七条大路に至り、河原に出御す。九条口に至り、御馬を乗り替えしむ」とある。九条口とは、現在地付近を指し、ここより鴨川を渡ったとみられる。(『為房卿記』)
 1154年、春日祭の使いは、奈良へ向かう際に、「九条口を経て河原に出る」とあり、この付近より鴨川を渡ったともいう。(『兵範記』)
◆唐橋 唐橋(韓橋)は複数あり、のちに周辺の地名にもなった。羅城門南側の幅一丈の堀を跨いで架けられた橋名ともいう。幅広い唐風だったという。
 また、同名の橋も架けられていたという。東寺の西、紙屋川(現在の西高瀬川)にあった。また、九条坊門小路の延長上の鴨川にあった橋ともいう。
九条坊門小路 平安時代、九条坊門小路沿いには関白・藤原師輔(909-960)の九条殿などの邸宅、貧民の病人を収容・治療した施薬院、空海が創設した庶民の教育施設、綜芸種智院などがあった。やがて唐橋は付近の地域名にもなった。


*参考文献 『京の橋ものがたり』『京都大事典』『京都の地名検証 3』、サイト「花の都」


   関連・周辺東寺(教王護国寺)      関連・周辺城興寺・薬師社      周辺     関連       

より大きな地図で 鴨川の橋 を表示
平安京オーバレイマップ 
 唐橋 〒601-8466 京都市南区唐橋西寺町付近 
 
  Home     Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光