二葉姫稲荷神社 (京都市北区)
Futabahime-inari-jinja Shrine
二葉姫稲荷神社 二葉姫稲荷神社 
  Home   Home




 上賀茂神社の神宮寺山(片岡山)に、二葉姫稲荷神社(ふたばひめ いなり じんじゃ)が祀られている。霊木稲荷になる。  
 祭神は宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおか)を祀る。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、820年、神宮寺は第52代・嵯峨天皇の勅により創建されたという。年代不詳、賀茂神社境内摂社の片山御子社(かたやまみこじんじゃ)の神宮寺鎮守社として二葉姫稲荷神社は祀られた。   
 1142年、神宮寺は焼失する。(「百錬抄」)
 南北朝時代、1373年、神宮寺は焼失した。(「続史愚抄」)
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により神宮寺は廃絶になる。鎮守社の二葉姫稲荷神社だけが現在地に残された。
◆片山御子社 境内摂社・片山御子社(片岡社)は、祭神・事代主神(ことしろぬしのかみ)であり地主神とし祀られていた。平安時代初期には既に存在し、856年に片山社は官社に列した。(「文徳実録」)。859年に従五位上の社格を与えられた。(「三代実録」)。1017年に正二位を与えられている。(「小右記」)。
◆神宮寺 神宮寺は賀茂山口神社(沢田社)の東にあり、平安時代、820年に嵯峨天皇の勅により創建された。1142年に焼失、1373年にも焼失した。近世には十一面観音を安置していた。池(神宮寺池)があり、その後埋め立てられている。現在、旧地には基壇、礎石3個が残る。
◆末社 金毘羅宮・金毘羅大神(こんぴらのおおかみ)、天之斑駒社・天之斑駒(あめのふちこま)、光善稲荷・光善稲荷大明神(こうぜんいなりだいみょうじん)、御影龍神・御影龍神(みかげりゅうじん)、八嶋龍神・八嶋龍神(やしまりゅうじん)、三月豊不動明王が祀られている。
◆龍王 かつて神宮寺には池(神宮寺池)があった。龍王を勧請した8つの池のひとつだったという。干池ともいい、池の水を替え、干すと旱になると伝えられていた。その後、神宮寺は廃絶し、この池も埋められた。
 その後、池の龍神が村人の夢に出たため、二葉稲荷神社に龍神を祀ったという。現在、御影龍神が祀られ、楕円形の石が置かれている。(「菟芸泥赴」)


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』『お稲荷さんの起源と信仰のすべて 稲荷大神』


  関連・周辺上賀茂神社     周辺     関連      


手水舎

手水盤

二葉姫稲荷神社

二葉姫稲荷神社

二葉姫稲荷神社

二葉姫稲荷神社

二葉姫稲荷神社、フタバアオイの神紋

金毘羅宮

金毘羅宮・金毘羅大神(こんぴらのおおかみ)

金毘羅宮

金毘羅宮
八嶋龍神・八嶋龍神(やしまりゅうじん)
八嶋龍神

八嶋龍神

八嶋龍神

天之斑駒社・天之斑駒(あめのふちこま)

御影龍神・御影龍神(みかげりゅうじん)

御影龍神
神宮寺の移転後に神宮寺池が埋められた。池の龍神が村人の夢に出たとして龍神を祀ったという。

三月豊不動明王

木の切り株

光善稲荷・光善稲荷大明神(こうぜんいなりだいみょうじん)、

光善稲荷

光善稲荷

境内よりの眺望、男山、生駒山、清水山、吉田山、大文字山、手前に鴨川堤 などが見える。

神宮寺山

【参照】賀茂山口神社の東、旧神宮寺跡に残る礎石
二葉姫稲荷神社 京都市北区上賀茂本山   

より大きな地図で 二葉姫稲荷神社 を表示
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光