護浄院 (清荒神) (京都市上京区)  
Gojo-in Temple
護浄院 (清荒神)
護浄院 (清荒神) 
  Home   Home













安置されているのは左から、弁財天、准胝観世音、不動明王、大聖歓喜天、薬師如来。
 鴨川に架かる荒神橋の西、荒神町に、護浄院(ごじょういん)がある。常施無畏寺(じょうせむいじ)、常施寺(じょうせじ)、清荒神(きよし こうじん)ともいう。
 御所巽(東南)の守護神として朝廷との由縁深く、古くより勅願寺になっていた。 
 天台宗延暦寺派、本尊は清三宝大荒神尊(三宝大荒神)。
 観音堂の准胝観音菩薩は、洛陽三十三観音巡礼第3番札所。京の通称寺霊場7番、清荒神、三宝荒神。京都七福神の恵比須神、京の七福神の福禄寿がある。
 竃神の火伏せ、七難去り・七福招来、境内の第119代・光格天皇胞衣塚に因み安産などの信仰がある。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 奈良時代、771年、772年とも、第49代・光仁天皇皇子の開成親王(桓武天皇の兄)が仏門に帰依した。摂津国・勝尾山清師(かちおざん せいちょうじ、大阪府箕面市)で修業する。その時、鬼神になった荒神が現れた。荒神が八面八臂と化しており、その荒神を守護神として祀ったことに始まるという。これを摸刻して清(きよし、箕面市)に祀ったことに始まるという。(寺伝)
 南北朝時代、1390年、歴代第100代・北朝第6代・後小松天皇の勅により、摂津国より醒ヶ井高辻(高辻堀川東、下京区)の地に移った。
 安土・桃山時代、1600年、豊臣の命により、僧・乗厳が現在地に移し、清荒神と称した。その際に、第107代・後陽成天皇自作という如来荒神七体(七体荒神)も合わせて祀られたという。また、天皇が王城守護のために移したともいう。
 江戸時代、1681年、第112代・霊元天皇は本地不動護摩供の不断修行を命じた。
 1689年、第113代・東山天皇は、長日護摩供、三千座供養を命じた。
 1694年、住持・実誉に僧官が与えられる。東山天皇により護浄院と命名される。
 1788年、天明の大火により焼失した。
 寛永年間(1789-1801)以後、再建されている。
 1866年、第121代・孝明天皇の念持仏・千手観音が遷され安置される。
◆仏像 本尊の秘仏「清三宝大荒神」は、奈良時代末、771年、第49代・光仁天皇皇子・開成親王の作という。勝尾山で修行中に摸刻したものという。日本最初の三宝荒神として祀ったという。最初は、摂津国・清澄寺(宝塚市)にあった。その後、室町時代の北朝第6代・歴代第100代・後小松天皇の勅により、醒ヶ井高辻(醒ヶ井通仏光寺下る荒神町)に遷された。安土・桃山時代、1600年に第107代・後陽成天皇が王城守護のために現在地に遷した。歴代天皇の国家安泰、五穀豊穣の信仰を集めた。三宝(仏、法、僧)の守護神とされた。八面八臂に厳しい表情をしている。御前立は、松久宗琳(1926-1992)作による。
 平安時代の慈覚大師円仁(794-864)作という「不動明王」は、江戸時代、1681年に荒神の本地仏として安置したという。
 僧・乗巌作という「如来荒神」。
 江戸時代の第107代・後陽成天皇(1571-1617)作という「七体荒神」が安置されている。
 観音堂の「准胝観音菩薩」は江戸時代初期作という。あらゆる仏の母とされ、すべての人々を救済するという。清浄と母性の守護として、女性の守り本尊、また、子供を授ける観音の信仰を集める。蓮台を含めて像高は6尺(1.8m)。
 弁天堂の厨子内に、「恵比須神」、「福禄寿」、「吉祥天」などが安置されている。近代、明治維新に京都御所、堂上家(とうしょうけ/どうじょうけ、公卿に列することのできる家柄)より遷された。
◆荒神 この付近の地名になっている荒神の名の由来は、この清荒神社に由来する。京都七福神の一つで、火の守護神の信仰がある。日本最初とされる荒神が祀られ、「荒神さん」と親しまれている。
◆史蹟 第119代・光格天皇(1771-1840)胞衣塚がある。
 平安時代の文章博士・三善清行の子で、修験道の浄蔵(891-964)が、護摩を焚いたという「採燈護摩壇旧跡」が境内にある。
◆名水 「無垢ノ井」がある。 
◆年間行事 節分会(2月3日)、お火焚祭(11月28日)。
 荒神護摩供は月例28日。 


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都を歩こう 洛陽三十三所観音巡礼』『京都・山城寺院神社大事典』『京都歴史案内』『京都の地名検証 3』『昭和京都名所図会 5 洛中』『京都大事典』『京都の寺社505を歩く 上』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『京の福神めぐり』


   荒神橋      京都御所     琵琶湖疏水      高瀬川               

延命地蔵尊

清浄水、無垢ノ井

光格天皇胞衣塚

浄蔵の「採燈護摩壇旧跡」
平安京オーバレイマップ
 護浄院 〒602-0856 京都市上京区荒神町122,荒神口通寺町東入る南側  075-231-3683  9:00-16:00
  Home     Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光