観智院 〔東寺〕 (京都市南区)
Kanchi-in Temple
観智院 観智院
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home



















静観堂








庭園、「涅槃禄-長者の庭」


涅槃禄-長者の庭

涅槃禄-長者の庭、石橋

涅槃禄-長者の庭

涅槃禄-長者の庭、平石

涅槃禄-長者の庭

涅槃禄-長者の庭、延段


涅槃禄-長者の庭


涅槃禄-長者の庭


【参照】旧庭園、「五大の庭」


【参照】旧庭園


【参照】旧庭園


【参照】旧庭園、龍神



【参照】旧庭園、遣唐船(渡海船)



【参照】旧庭園、鯱



【参照】旧庭園、神亀



【参照】旧庭園、鳥


【参照】旧庭園、独鈷杵


【参照】旧庭園、五大虚空蔵菩薩像の一つ


金剛蔵


空海像


六地蔵尊




鎮守社


中庭、「四方正面の庭」

中庭


中庭
 観智院(かんちいん)は、東寺境内北にある。東寺の院家で、随一の塔頭であり、格式高い別格本山になる。塔頭・宝菩提院と並び別格子院になる。歴代住職は東寺の別当職を兼務した。 
 東寺一山の勧学院として教学研究の中心であり、密教関連の史資料を所蔵、その内容、数ともに国内随一とされる。
 東寺真言宗・真言宗東寺派。本尊は、五大虚空蔵菩薩像を安置する。
 知恵を授ける虚空蔵菩薩の信仰を集める。
◆歴史年表 鎌倉時代、1308年、2月/延慶年間(1308-1311)、東寺に帰依した後宇多法皇(第59代)が、西院(御影堂)で参籠中に、東寺興隆のための6ヵ条の立願を行った。勅願21院/15院の建立を予定した。当院はその一つという。
 室町時代、1359年/1360年/1361年、東寺の随一学僧といわれた杲宝(ごうほう)により子院として創建された。真言宗の勧学院であり、多くの学僧を輩出した。塔頭・宝菩提院とは櫛笥小路(くしげ-こうじ)を挟み左右対称の位置にあった。
 1373年、2世・賢宝は、山科・安祥寺より五大虚空蔵菩薩を遷した。
 安土・桃山時代、1596年、客殿は伏見大地震により倒壊する。
 江戸時代、1605年、客殿は、豊臣秀吉の正妻・北の政所の寄進により再建された。
 1609年、徳川家康は、黒印状により、真言一宗の勧学院と定めている。
 現代、1977年、枯山水式庭園「五大の庭」が作庭された。
 2017年、新たに「涅槃禄・長者の庭」が作庭された。
◆杲宝 鎌倉時代後期-南北朝時代の真言宗学僧・杲宝(ごうほう/こうほう、1306-1362)。法名は弘基(こうき)、姓は源氏。下野(栃木県)/但馬(兵庫県)の生まれ。幼くして高野山で出家した。17歳頃、東寺・宝菩提院の頼宝(らいほう)に師事し、槙尾山の浄宝より三宝院流の灌頂を受けた。南都、高野山を経る。1346年、勧修寺の栄海より伝法灌頂を受ける。1348年、東寺勧学会の学頭、1358年、法印に叙せられた。1359年、大僧都になる。観智院を開き1世になり、講義を行った。東山八坂・吉祥薗院で亡くなる。57歳。
 東寺最高の学僧、空海の真髄を得たと評された。「東寺三宝」(ほかに師・頼宝、弟子・賢宝)の一人。真言教学の大家(ほかに高野・宥快、根来・頼瑜)の一人に数えられた。南都北嶺などから多数の聖教類を収集し、東寺教学の基礎を築く。それらは、後世のものを加え『観智院金剛蔵聖教』(重文)として伝わり、量質ともに日本の聖教中最高とされる。著作多く、東寺の歴史『東宝記(とうぼうき)』を編纂、ほかに『大日経疏演奥鈔』56巻など多数。
◆賢宝 南北朝時代-室町時代前期の真言宗の学僧・賢宝(げんぽう、1333-1398)。杲宝の弟子になり、1361年、師により灌頂を受ける。1389年、法印権大僧都(ごんのだいそうず)になる。当院2世院主。66歳。
 東寺の密教哲学研究を完成させた。「東寺三宝」(ほかに頼宝、杲宝)の一人に数えられる。山科・安祥寺より五大虚空蔵菩薩を遷した。師と共に仏教典の蒐集・書写を行う。頼宝、杲宝が未完のまま残した密教哲学の研究を行う。43年間を費やし『大日経疏演奥鈔』56巻を完成させた。それらは、後世のものを加え『観智院金剛蔵聖教』(重文)として伝わる。著書多数。弟子に宗海、仁重など。
◆仏像 ◈客殿東の仏堂に安置されている本尊の「五大虚空蔵菩薩像」(重文)は、晩唐時代作という。
 右(東)より獅子座の「金剛虚空蔵坐像」(75.4㎝)、象座の「宝光虚空蔵坐像」(75㎝)、中央の馬座の「法界虚空蔵坐像(金剛虚空蔵)」(73.5㎝)、孔雀座の「蓮華虚空蔵坐像」(70.6㎝)、迦楼羅(かるら)座の「業用(ごうよう)虚空蔵坐像」(70.1㎝)がある。
 かつて唐の長安・青龍寺金堂の本尊だったという。青龍寺の恵果(けいか)の持仏ともいう。法界虚空蔵坐像の框座裏に墨書があり、平安時代、847年、山科・安祥寺の僧・恵運(えうん)阿闍梨が唐から持ち帰り、安祥寺金堂(上寺五大堂とも)に安置されたという。当時の唐長安では廃仏の気運があった。867年に恵運が著した『安祥寺伽藍縁起資財帳』にも「五大虚空蔵」と記されている。その後、南北朝時代、1373年に大風で金堂が倒壊する。本尊は砕けて塵、土に塗れた。1376年に東寺の2世・賢宝がその惨状を知り、その頃、安祥寺を管理していた勧修寺に請じた。五大堂から観智院に仏像を遷した。嘉慶年間(1387-1389)などに5度の修復を行っている。
 なおこの時、賢宝は勧修寺にあった恵運が作成した『安祥寺伽藍縁起資財帳』の写本をさらに写している。写本は「観智院本」と呼ばれた。その後、観智院本は失われた。長安よりの仏像請来については異説もある。
 虚空蔵とは無尽蔵の意であり、知恵を無尽に蔵していることをいう。菩薩に念じて記憶力を得るという「求聞持法」の虚空蔵といわれている。
 木造、彩色、広葉樹(檜とも)の一本造(動物坐は別木)で、仏像は東から獅子、象、馬、孔雀、架空の生き物・迦楼羅(かるら、金翅鳥[こんしちょう、ガルーダ] )の上の蓮華座に乗る。像は細面の姿をしており、宋代の特徴があるという。眼には練玉、瓔珞(ようらく、胸飾り)も練物による。いずれもクスノキ材、一木造。
 ◈「愛染明王(あいぜんみょうおう)坐像」は、江戸時代作になる。大日如来の化身とされ、愛欲貪染を浄菩提心にまで昇華させるという。西陣関連、縁結び、開運、子宝の信仰を集める。
 木造、彩色、寄木造。
建築 ◈「客殿」(国宝)は、安土・桃山時代、1596年の伏見大地震により倒壊する。江戸時代、1605年に、豊臣秀吉正妻・北の政所(1549-1624)の寄進により10世・亮盛が再建した。
 南東の「上段の間」、南西の「次の間」、北東の「羅城の間」、間の「暗の間(あんのま)」、北西の「使者の間」の5室からなる。
 安土・桃山時代の書院造で、東南隅の座敷の上座間に押板形式の床の間壁貼付、違棚、棹縁天井、次の間とは竹の節欄間で間仕切りする。北隣の部屋に付書院、帳台構など住房機能を備えている。
 三井寺光浄院客殿、勧学院客殿と同様の様式であり、安土・桃山時代の一般的な住宅形式を示している。僧侶の私房遺構として貴重であり、中世の住宅様式を残している。柱の間隔を畳割りで決めるなど、近世の書院造への過渡期の様式を見せる。
 6間半7間、桁行12.7m、梁間13.7m、一重、入母屋造、妻入、車寄は正面軒唐破風付。杮葺。中門廊を突出させる。
 ◈「中門」は、1間1間、一重、切妻造、総銅板葺。
 ◈「本堂」がある。
◆茶室 書院風の茶室「楓泉観(ふうせんかん)」は、室町時代に足利家、上流武士が集った。本席、奥の席、京間で貴賓口がある。本床には、樹齢800-1000年という南天の材が使われている。床の間に掛かる「楓泉観」の額は、山階宮晃親王(1816-1898)が揮毫した。
 狩野氏信筆の襖絵「楼閣山水図」、中林竹洞筆「秋草図」で飾られている。本席の戸袋、腰襖に「東方朔図」が描かれている。
◆文化財 ◈『観智院金剛蔵聖教』(重文)は、典籍、仏画、仏像を集めた。1万5千件以上ある。「東寺の三宝(頼宝、杲宝、賢宝)」が著した「疏(注釈書)」、収集の「経論(仏の教えを記した経とその注釈書)」による。質量ともに国内最高峰といわれている。江戸時代、13代・賢賀が一部の修理を施した。
 ◈「観智院伝来文書典籍類」(重文)(京都府立総合資料館所蔵)。
 ◈絹本著色「十一面観音図」1幅(重文)、鎌倉時代作。
◆障壁画 ◈客殿上段に宮本武蔵(1584?-1645)筆の襖絵がある。床の間の「鷲の図」(1605)は、2羽の鷲が獲物を狙う様を描く。右上の1羽は天空を羽ばたく。左下の1羽は地上から飛び上がろうとしている。武蔵の二刀流開眼を告げた作品ともいわれる。
 静の「竹林の図」では、竹は勢い良く天を指し交差している。
 京都では珍しい武蔵の遺物とされる。吉岡一門を破った武蔵が命を狙われたため、一時当院に匿われていた。その際に描いたという。違棚付近にも描かれている。
 ◈書院には、現代の画家・浜田泰介(1932-)による「春の朝」「初夏の芽」「秋の音」「新雪」が描かれている。
◆庭園 客殿南に、2017年に「涅槃禄-長者の庭」が新たに作庭された。真言宗立教開宗1200年慶讃事業になる。真言密教の無限の宇宙観、涅槃寂静の境地を表すという。
 白川砂が敷かれた海の中央に岩礁の島が浮かんでいる。苔地、岩上に3本のアカマツが立ち、潮風は西(右手)から東へ吹く。2つの護岸石は東方向へ鋭く鈎爪のように張り出している。島の西には、低い石橋が渡され、その先の円石に繋がる。西端には巨大な平石が据えられ、苔地があり遠方の島を表している。
 ◈客殿東の中庭に、枯山水式庭園の「四方正面の庭」がある。安土・桃山時代から伝わるという。植栽、護岸石にその特徴が残されている。
 南北に長い庭面になっている。東寺創建時の礎石が置かれ、様々な植物が植えられている。北東の渡廊下先に滝口が組まれ、玉石の流れはやがて南西の海「涅槃禄-長者の庭」に滔滔と注いでいる。
 ◈北に、茶室「楓泉観(ふうせんかん)」の露地庭がある。蹲踞、飛び石、延段、鹿威し、石灯籠などにより構成されている。
 ツツジ、アジサイ、カエデなどの植栽が見られる。
 ◈2つの坪庭がある。
 ◈客殿南にかつて「五大の庭」があった。禅院式の枯山水式庭園であり1977年に白砂が入れられた。
 「弘法大師行状絵巻」に因み、平安時代前期、806年に、遣唐使として渡った空海が、法具経典とともに船で日本に帰国する様が表現されていた。海難を龍神の加護により免れたとの逸話に因んでいた。
 西の築山の洞窟石組は、唐の長安・越州を表し、東の築山である日本に向け、荒海を石組の遣唐船(渡海船)が進む。円文は荒れる海の渦を表し、船の先頭に独鈷杵(とっこしょ)が置かれていた。これは、嵐を鎮めるために空海が海に投じたものという。船を守護する鯱(しゃち)、右手斜め前に神亀、後方左手に龍神、鳥がそれぞれ石で表現されていた。
 西の築山には、五大虚空蔵菩薩像を表す5個の石があり、礼拝石が立てられていた。
◆櫛笥小路 門前に通じている「櫛笥小路(くしげ-こうじ)」は、東寺の食堂北側にある北大門から北総門までの参道をいう。
 平安時代以来、当時と同じ道幅で残る京都市内で唯一の小路という。
◆写経 写経ができる。
◆樹木 オガタマノキ、クロガネモチ、ナツツバキが植えられている。
◆年間行事 春季特別公開(3月20日-5月25日)、秋季特別公開(9月20日-11月25日)。


*普段は非公開、建物、室内は撮影禁止。
*年間行事は中止、日時変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『事典 日本の名僧』、『京都古社寺辞典』、『昭和京都名所図会 6 洛南』、『京都大事典』、『京都の歴史を足元からさぐる 洛北・上京・山科の巻』、『京都の寺社505を歩く 下』、『京都 神社と寺院の森』、『週刊 日本の仏像 第43号 観音寺 国宝十一面観音と蟹満寺・国宝釈迦如来』、『週刊 仏像めぐりの旅 4 京都 洛中・東山』 、『春期京都非公開文化財特別公開 拝観の手引』、『京のみどり No.98 2021年春』、ウェブサイト「東寺」、ウェブサイト「文化庁 文化財データベース」、ウェブサイト「コトバンク」   

関連・周辺東寺  関連・周辺宝菩提院〔東寺〕  周辺  関連安祥寺  関連勧修寺    

中庭

中庭

中庭

中庭

中庭

中庭

中庭

坪庭

坪庭

坪庭

茶室「楓泉観(ふうせんかん)」の露地庭

露地庭

露地庭
 
観智院 〒601-8473 京都市南区九条町403,八条大宮西入ル   075-662-0173(東寺拝観部)  春期9:00-17:30 秋期9:00-16:30
50音索引,Japanese alphabetical order  Home  50音索引,Japanese alphabetical order  Home 
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光