宝菩提院 〔東寺〕 (京都市南区) 
Hoboda-in Temple
宝菩提院  宝菩提院
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home








 東寺境内の北にある宝菩提院(ほうぼだいいん)は、東寺塔頭の一つであり、塔頭・観智院と並び別格子院になる。山号は八幡山という。
 東寺真言宗。準別格本山。 
◆歴史年表 鎌倉時代、1279年、創建されたという。開祖は、東寺の二長者亮禅による。かつて塔頭・観智院とは櫛笥小路(くしげ-こうじ)を挟み左右対称の位置にあった。
 近代、1881年、総黌(洛南高校)開学に伴い現在地に移転した。
◆二長者亮禅 鎌倉時代の真言宗の僧・二長者亮禅(にのちょうじゃ-りょうぜん、?-?)。詳細不明。第三長者とも。1279年、東寺大悲心院で西院流(にしのいんりゅう)の宏教弟子・能禅より伝法灌頂を受けた。その法流を嗣ぐ。1279年、東寺・宝菩提院の開山になる。
◆住持 住持は観智院と同じく教王護国寺別当職に補せられる。二長者亮禅など修行体系の理論と実践の事相・教相を輩出し、「西院流能禅方(さいいんりゅうのうぜんかた、東寺方)」の法流本山になる。
 西院流能禅方は、広沢流より別れ、西院(仁和寺)法印信証を祖とした。
◆建築 ◈「門」は旧地の洛南高校に残されている。
 ◈「三密蔵(さんみつぞう)」は経蔵であり真言聖教の宝庫だった。
◆文化財 ◈書庫の三密蔵に多くの古文書、聖教がある。「三密蔵聖教」は事相・教相の典籍として知られている。
 ◈絹本着色「愛染明王画像」(国宝)。
 ◈「宝楼閣曼荼羅」1幅(国宝)、伝・巨勢金岡筆がある。中央に弘法大師像、向かって左に大日如来、右に阿弥陀如来の3体があり、各仏像の前に結界、左側に護摩壇、中央、右に宝塔が立つ。
◆櫛笥小路 門前に通じている「櫛笥小路(くしげ-こうじ)」は、東寺の食堂北側にある北大門から北総門までの参道をいう。
 平安時代以来、当時と同じ道幅で残る京都市内で唯一の小路という。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大事典』『京都府の歴史散歩 中』『京都古社寺辞典』 、ウェブサイト「東寺」、ウェブサイト「コトバンク」

 
関連・周辺東寺(教王護国寺)  関連・周辺観智院〔東寺〕  周辺  関連    

水子地蔵尊

宝林閣

七重塔

【参照】旧門
宝菩提院 〒 601-8471 京都市南区柳原町404,八条通大宮西入下ル  075-691-7269 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光