田中神社 (京都市左京区)
Tanaka-jinja Shrine
 
田中神社  田中神社
50音索引  Home 50音索引  Home






 高野川の東、御蔭通に面して田中神社(たなか じんじゃ)がある。古くより旧田中村の産土神として崇敬を集めてきた。
 祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀る。  
 京都洛北・森と水の会に参加。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代、863年、「三代実録」に「田中神」と記されている。(「三代実録」同年条)。旧地の愛宕郡伊佐弥里(左京区岩倉)より遷して創建したとみられている。
 鎌倉時代、弘安年間(1278-1288)、創建されたともいう。(社伝)
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)で、田中郷民が神社を中心として防壁「田中構(たなかかまえ)」を築く。
 1474年、応仁・文明の乱で、「田中構」は西軍の攻撃により炎上した。
 1536年、天文法華乱で法華衆の攻撃により被災した。その後も含め、度重なる火災により文書類は消失した。
 江戸時代、1628年、賀茂御祖神社(下鴨神社)の式年遷宮の際に、賀茂御祖神社の比良木社の旧殿を当社に移築した。このため、当社より青銅(銅貨)を賀茂社に奉納した。
 1706年、田中村の火災により類焼する。その後、再建された。
 近代、1879年、末社・玉柳稲荷神社は、氏子の要望で談合の森(現在地の北東、叡山電鉄茶山駅周辺)より当社に遷された。
 現代、1952年、宗教法人とし京都府知事より認証された。
◆旧社殿 旧社殿の跡は、表参道中央部にあり盛土し榊を植えている。  
◆摂社・末社 稲田姫大神、事代主大神、倉稲魂大神、猿田彦大神、末社・玉柳稲荷神社(稲荷大神」)を祀る。
◆賀茂社 当社は賀茂社との関わりがあった。安土・桃山時代、安土・桃山時代、天正年間(1573-1592)以来、賀茂社より神供が奉仕せられていたともいう。(「賀茂御祖神社蔵鴨邑県纂書」)。
 江戸時代、1628年、賀茂御祖神社(下鴨神社)式年遷宮の際に、賀茂御祖神社の比良木社旧殿を当社に移築し、青銅(銅貨)を賀茂御祖神社に奉納したとの記録がある。
◆田中構 構えは、京中・京外の防御設備であり、南北朝時代以降に現れた。武士、貴族、庶民により構築された。田中構、賀茂構、壬生構などが知られている。
 防壁「田中構」は、室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)に際し、田中郷民が田中神社を中心に築く。だが、同戦乱により、1474年、西軍の攻撃で炎上した。
◆年間行事 例祭(10月第3日曜日)。 

  
*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』


  関連・周辺下鴨神社(賀茂御祖神社)      周辺        関連     

舞殿

三つ葉葵紋

拝殿、本殿

拝殿

本殿

本殿

摂社

摂社

摂社

摂社

玉柳稲荷神社

玉柳稲荷神社

玉柳稲荷神社

玉柳稲荷神社

伊勢神宮遥拝所

伊勢神宮遥拝所

伊勢神宮遥拝所

御神水

手水舎

手水舎

石橋

旧社殿跡

境内に飼われている孔雀

クスノキ
田中神社 〒606-8221 京都市左京区田中西樋ノ口町1   
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光