元祇園椰神社・隼神社 (京都市中京区)
Motogionnagi-jinja Shrine,Hayabusa-jinja Shrine
元祇園椰神社・隼神社 元祇園椰神社・隼神社 
  Home   Home





左、梛神社、右、隼神社


梛神社


隼神社





 壬生梛ノ宮町(みぶ なぎのみやちょう)、四条通に面した元祇園梛神社(もとぎおんなぎ じんじゃ)は、八坂神社の古跡にあたるという。
 境内は、平安京の中央付近に位置し、鴨川を挟み、四条通の東西に八坂神社と当社の2つが位置していた。「梛の宮神社」、「梛神社」、「梛の宮さん」とも称された。
 祭神は、素戔鳴尊(すさのおのみこと)、稲田比売命(くしなだひめのみこと)、宇賀御魂命(うがのみたまのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)、伊弉諾(いざなぎのみこと)、誉田別尊(ほんだわけのみこと)、菅大神を祀る御霊社になる。
 厄除け、疫病祓いの信仰がある。
 隼神社(はやぶさ じんじゃ)は、平安時代の式内社『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)の「京中坐神三座左京四條坐神一座」のひとつ「隼神社」に比定されている。
◆元祇園梛神社の歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代、876年、869年、貞観年間(859-877)とも、都に疫病が流行し、八坂牛頭天王(ごずてんのう、神仏習合以前は素戔鳴尊)の祟りとされた。播磨国飾摩郡白幣山より牛頭天王が勧請され、御霊会を行う。神輿は一時、数万本の梛の林に祀られたという。(社伝)。その後、神霊は八坂に遷される。この時、人々が傘をかざし、棒を振り楽を奏した。これが、祇園祭傘鉾の起源になったという。かつては、現在地よりも北方向に祀られていたという。広大な社地を有していた。
 中世(鎌倉時代-室町時代)以降、衰微した。
 近代、1874年、復興される。
 1920年、隼神社が遷座された。
 1929年、復興される。現在の社殿が再建された。
◆梛 梛神社の社号は、境内にあるナギ(チカラシバ、竹柏)に由来する。かつて、数万本の「梛の森」が広がっていたという。
 ナギを水草の一種、「水葱(ナギ、ミズアオイ)」とする説もある。水葱は食用にもなった。かつて、四条南坊城西を水葱町と称した。近世には、当社を「水葱宮(なぎのみや)」とも表記していた。
 ご神木のナギがあり、木製の小さな玉が吊るされている。
◆隼神社の歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代、860年、「授後院(朱雀院?)無位隼神従五位下」とある。(『三代実録』、同年条)。その後、865年、868年と位階は進む。当初は右京朱雀院内に祀られていた。
 874年、従四位上の神階を授けられる。
 940年、隼神に従三位を授けられる。(『日本紀略』)
 10世紀(901-1000)初頭、左京の四条坊門坊城に遷された。
 江戸時代、衰微した。
 近代、1920年、二町北の蛸薬師坊城(坊城通蛸薬師下ル西)より現在地に遷された。
◆隼神社 隼神社(はやぶさ じんじゃ)、隼社(はやぶさ の やしろ)は、近代、1920年、蛸薬師坊城(坊城通蛸薬師下ル西)よりこの地に遷された。御霊社になる。宮中神36坐、平安時代の式内社『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)の「京中坐神三座 並大 左京四條坐神一座 月次新嘗」のひとつ「隼神社」に比定されている。京中坐神3坐のうち、現存唯一になる。
 祭神は、建甕槌命(たけみいかつちのみこと、隼大神)、経津主命(ふつむしのみこと)を祀る。瘡神(かさがみ/くさがみ、梅毒の治癒祈願の神)の信仰があり、これは、「隼(はやぶさ)」社が、「はやくさ」に転訛したためという。疫病の疱瘡(ほうそう、天然痘)、瘡毒(そうどく、梅毒、腫れ物)平癒の信仰が生まれた。
 社は、平安時代の西院、第53代・淳和天皇(786-840)の後院、淳和院の地主神だったという。平安時代『三代実録』(860年の条)に、「授後院無位隼神従五位下」とある。
 また、朱雀院(後院)の中に祀られた鎮守社だったという。朱雀院は、第52代・嵯峨天皇(786-842)以来の譲位天皇の御所だった。右京にあり、朱雀大路に面し、平安京右京三条、四条間に位置していた。
 朱雀院内、西南隅に石神明神とともに祀られていたという。苑池の魚を小禽より護るために隼は神格化され、鎮守社として置かれたとみられている。10世紀初頭に院廃後、左京の四条坊門坊城に遷された。江戸時代には衰微する。
 瘡神の信仰があり、祈願には、祭壇に土団子を奉納する。祈願成就の際に、同じ数の米団子を再び奉納する慣わしがあるという。
◆御供石 「御供石(ごくいし)」は、末社・田中神社の傍らに祀られている。旧祇園社御旅所(下京区御供石町,万寿寺通烏丸西入ル)より、1932年に遷されたという。
 旧地に一時、御旅所があった。祇園祭の山鉾巡行に際して、この石上に神饌を供えていたという。
◆樹木 カリン、カクレミノがある。
◆年間行事 神幸祭(祇園会の起源とされる。大祭の後、神霊を鳳輦に遷し、鼓笛、少年勤皇隊、獅子、鉾、花傘などが巡幸する。)(5月の第3土日曜日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京の古代社寺 京都の式内社と古代寺院』『京都 歴史案内』『昭和京都名所図会 5 洛中』『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都 神社と寺院の森』 


  朱雀院跡            八坂神社      祇園祭        

御供石

【参照】隼神社の旧社地に立つ石碑、壬生御所ノ内町

神幸祭
平安京オーバレイマップ
元祇園梛神社 〒604-8821 京都市中京区壬生梛ノ宮町17   075-841-4069
  Home     Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光