首途八幡宮 (京都市上京区) 
Kadode-hachimangu Shrine
首途八幡宮  首途八幡宮
   Home    Home









源義経奥州首途之地の碑



 桜井町に首途八幡宮(かどで はちまんぐう)がある。大内裏の北東に位置し、王城鎮護の神とされる。かつて、「内野(うちの)八幡宮」ともいわれ、大内裏旧地に祀られていたともいう。社殿は盛土(古墳とも)の上に建てられている。 
 祭神は、誉田別尊(ほんだわけのみこと、応神天皇)、比咩大神(ひめのおおかみ)、息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと、神功皇后)を祀る。また、桃園親王(貞純親王)ともいう。(『雍州府志』) 
 厄除、旅立、旅行安全、海外旅行安全、当地が金売吉次の屋敷跡とされることから金運開運、開運招福、夜泣き、癇虫封じなどの信仰を集める。 
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代初期、この地は、桃園親王(貞純親王、?-916?)の旧跡だった。敷地は広く、池、築山があり、桃の木が多く植えられていた。
 平安時代末、この地に金を扱う商人とされる金売吉次(かねうり きちじ)の屋敷があったという。邸内には大きな井水があり、清冷な水が湧いたという。(『雍州府志』)
 1149年、宇佐八幡宮の神霊を勧請し、八幡宮を勧請したのが当宮の始まりという。
 1174年、源義経が金売吉次に伴われ、奥州平泉・藤原秀衡を訪ねるに際し、鞍馬山から当宮に立ち寄り、道中の安全と武勇上達を祈願して出立したという。
 また、寿永年間(1182-1185)、1183年とも、源義経が、兄・範頼とともに源頼朝の代官として、平家追討の首途にあたり、宇佐八幡宮を勧請したことに始まるともいう。
◆貞純親王 平安時代の皇族・貞純親王(さだずみ しんのう、?-916?)。桃園親王。父は第56代・清和天皇、母は中務大輔棟貞王の娘。四品。873年、親王宣下を受け、中務卿、兵部卿、常陸太守などを歴任した。人々の夢に一条大宮の桃園池に住む竜として現れ、桃園親王と呼ばれたという。25歳の時、諸国に1万3000体の仏像を安置したという。源能有の娘との間に生まれた経基王は、清和源氏の祖とされる。
◆金売吉次 平安時代末の伝説的な商人・金売吉次(かねうり きちじ、?-?)。詳細不明。金売橘次、吉次信高、金売人五条の橘次末春ともいわれる。奥州の金商人ともいう。炭焼き長者ともいう。鞍馬参詣の際に牛若丸(源義経)に請われ、牛若丸を奥州平泉・藤原秀衡のもとへ送ったとされる。
◆首途 「首途(かどで)」とは、「出発」の意味になる。以来、首途八幡宮と呼ばれたという。
◆桜井町 付近に、室町時代の連歌師・桜井基佐(さくらい もとすけ、?-?)の屋敷があり、桜井町の地名由来になった。
◆樹木 オガタマノキがある。
◆年間行事 義経首途祭(3月2-3日)、例祭(9月15日)。


*年間行事は中止、日時変更の場合があります
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都歴史案内』『昭和京都名所図会 5 洛中』『京都史跡事典』『京都大事典』『京都ご利益徹底ガイド』『京都のご利益手帖』『京都 神社と寺院の森』 、ウェブサイト「コトバンク」
 

        蹴上    鞍馬寺     五条大橋          

八幡宮

八幡宮

手水舎
手水舎
手水舎

八幡宮

八幡宮

弁財天

弁財天

八幡宮

八幡宮

八幡宮

八幡宮

八幡宮
平安京オーバレイマップ
首途八幡宮 〒602-8445 京都市上京区桜井町102-1,智恵光院今出川上ル   075-431-0977
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光