蓮光寺 (京都市下京区)
Renko-ji Temple
蓮光寺   蓮光寺 
 Home  Home





「長宗我部盛親公えい首之地の碑」 *「えい」は埋めるの意、表記できず。


本堂


地蔵堂


「駒止地蔵尊」の扁額


駒止地蔵尊




長曽我部盛親公の墓、五輪供養塔 
 鴨川五条大橋の西にある蓮光寺 (れんこうじ)は、駒止(こまどめ)地蔵で知られている。山号は負別山(ふべつさん/おいわけさん)という。
 浄土宗鎮西派、知恩院末寺。本尊は負別阿弥陀如来。
 洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第45番札所、札所本尊は駒止地蔵。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、1175年、創建されたともいう。
 室町時代、1492年、真盛が高野山・苅萱(かるかや)堂を模し、新町高辻(下京区岩戸山町)に創建した。当初は、天台宗で萱堂(かやどう)と号したという。(寺伝)
 また、1500年、真盛弟子・光順(町尻高辻小路北、下京区岩戸山町)がその南2町付近に、高野山の苅萱堂(かるかやどう)を模して一宇を建立した。萱堂と称し、開山は真盛とした。その後、光順は浄土宗に改め、自らも玉誉蓮光と改めた。
 安土・桃山時代、1591年、天正年間(1573-1592)とも、豊臣秀吉の命により、現在地に移転した。蓮光寺と改め、浄土宗に改めたともいう。
 江戸時代、1646年、生保年間(1664-1647)とも、京大工頭・中井大和守の帰依により本堂などを建立する。
 寛文年間(1661-1673)、駒止地蔵は、第112代・霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵以外の48か寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所の霊場のひとつになる。
 1701年、観修寺二品法親王により、山号「負別山」の染筆を下賜される。この時、京都四十八願所の35番札所になったともいう。
 1788年、天明の大火により焼失した。
 1864年、元治の大火(禁門の変、蛤御門の変)により焼失する。
 近代、1896年、現在の本堂が再建されている。(『坊目誌』)  
 現代、1983年、本堂の改修、書院、庫裏の再建が行われた。
◆真盛 室町時代の天台宗の僧・真盛(しんせい、1443-1495)。伊勢国に生まれた。円戒国師・慈摂大師とも称された。比叡山西塔の慶秀に師事、黒谷青龍寺で称名念仏を唱えた。近江国坂本・西教寺を再興し、天台宗真盛派の本寺とする。天台宗真盛派(天台真盛宗)の祖。比叡山延暦寺に円戒国師寿塔がある。
◆光順 室町時代の天台宗の僧・光順(生没年不詳)。玉誉光順。玉誉蓮光。詳細不明。上柳某。真盛の弟子。1500年、町尻高辻小路北、下京区岩戸山町の南2町付近に、高野山の苅萱堂を模して一宇を建立し萱堂(後の蓮光寺)と称した。その後、浄土宗に改め、自らも玉誉蓮光と改めた。
◆長曾我部盛親 安土・桃山時代-江戸時代前期の武将・長曾我部盛親(ちょうそかべ もりちか、1575-1615)。長岡に生まれる。豊臣秀吉の小田原攻め、朝鮮出兵に参加。1599年、家督を継承する。1600年、関ヶ原の戦で、石田三成方の西軍に属し、戦わずに帰り、領国を没収された。京都で寺子屋師匠を経て、1614-1615年、大坂の陣、1614年、八尾の戦いで豊臣方に付き逃走、蜂須賀家の家臣・長坂七郎左衛門に捕えられる。二条城門外柵に晒され、六条河原(四条河原とも)で6人の子女とともに斬首された。
 蓮光寺の住職・蓮光は、盛親と親交があったため、斬首された首級を京都所司代・板倉勝重に請い、持ち帰り当寺の墓地に葬り供養したという。
◆負別阿弥陀 本尊の「阿弥陀如来像」は、「負別(おいわけ)阿弥陀」と呼ばれている。鎌倉時代の仏師・快慶(生没年不明)作という。
 伝承がある。ある夜、快慶に夢告があり、東国の客僧が訪ね、仏像の彫刻を求めるだろうと告げた。翌日、快慶のもとを奥州湯殿山に庵を結ぶ僧・覚明が訪ねる。僧は本尊・阿弥陀如来の造立を、来春までの約定で依頼する。
 快慶は了承し、一刀三礼し、120日をかけて2尺7寸の像を完成させた。快慶は、像のあまりの出来栄えに、持仏堂に安置し礼拝していた。
 約束の春3月になり、像の受け取りのために覚明が快慶を再訪した。快慶は像と別れ難く思い、本尊の完成は未だ成就していないと偽る。快慶は、覚明に来春まで待つようにと伝えた。覚明は落胆し、やむなく了承して帰って行った。
 覚明が快慶を再再訪した時、快慶はさすがに偽るわけにはいかず、本尊を覚明に渡した。覚明は大いに喜び、本尊を唐櫃に背負い帰路につく。僧を見送った快慶は、もう一度本尊を拝したいとの一念から、覚明の跡を追う。山科・追分(おいわけ)の付近で僧に追いついた。
 快慶が、もう一度本尊を拝したいと請うと、覚明は感銘し、笈を下ろして開いた。その時、背負っていた唐櫃より光が放たれ、像は二つに分身したという。二人は感涙し、それぞれが本尊を背負い別れたという。
 快慶が持ち帰った像が、当寺の本尊として安置されている。もう一体は、東国に送られ、いまは仙台市泉区の個人宅に安置されている。「負別如来」と呼ばれているという。この伝承に因み、蓮光寺の本尊も負別阿弥陀如来と呼ばれている。(「山州名跡志」)
◆駒止地蔵尊 地蔵堂に平安時代、弘法大師(774-835)作という「駒止(こまどめ)地蔵尊」(8尺、2.42m)が安置されている。右手に錫状、左手に宝珠を掲げる。現在は胡粉により白く彩色されている。花崗岩製の石像になる。
 逸話がある。地蔵はかつて、六条河原の刑場で処刑された人々を弔うために安置されていたという。その後、鴨川の氾濫で埋もれる。平安時代、平清盛(1118-1181)の馬がある場所で足を止めた。清盛は不審に思い、周辺を掘らせると、土中より地蔵尊が現れた。地蔵尊を引き揚げると、再び馬は歩き出した。以来、「駒止地蔵」、「馬止地蔵」と呼ばれ信仰を集めたという。
 また、城南竹田の里に住んでいた竹田次郎直善は、日頃より地蔵尊を信仰し、参詣していた。ある夜の参詣の際に、盗賊と遭遇し、斬られかけた。すると、伊賀坊と名乗る法師が現れ、盗賊の首を斬り落として消えた。(「山州名跡志」)。また、次郎直善の身代わりになり首を斬られたともいう。この法師とは地蔵の化身とされ、以後、「首切り地蔵」とも呼ばれたという。
◆文化財 長曾我部盛親の遺品と伝えられる書翰、太刀、鎧の片袖、鎧がある。
◆墓 安土・桃山時代-江戸時代前期の武将・長曾我部盛親の五輪供養塔が墓地東北隅にある。法名は「領安院殿源翁本大居士」とある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都古社寺辞典』『京都の寺社505を歩く 上』『旧版 京のお地蔵さん』『京都府の歴史散歩 上』『京都大事典』『京都 歴史案内』『京の寺 不思議見聞録』、当寺縁起


          五条大橋       正面橋       渉成園       七条仏所跡        

【参照】追分

【参照】追分の峠付近
 蓮光寺 〒600-8119 京都市下京区本塩竈町,富小路六条上る  075-351-3066  8:00-17:00
 Home    Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光