天津神社 (京都市北区)  
Amatsu-jinja Shrine
天津神社 天津神社
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

神門








神殿


光明稲荷大神


光明稲荷大神
 平野宮本町に天津神社(あまつ-じんじゃ)はある。神の恩恵を授かる「おみくじ(美くじ )の社」と呼ばれている。
 単立神社で、祭神は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(あめのみなかぬしのかみ)、神産巣日神(かみむすびのかみ)の3座になる。ほかに、天照皇大神(てんしょうこうたいしん)、八百萬(やおよろず)の神々を祀る。
 家内安全、商売繁昌、交通安全、厄除、学業成就、身体健康、手術成功、無病息災、社運隆昌などの信仰を集める。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 近代
、明治期(1868-1912)、すぐ南の境内より現在地に遷ったという。1920年前後、創始されたともいう。
◆祭神 祭神は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(あめのみなかぬしのかみ)、神産巣日神(かみむすびのかみ)であり、造化三神(ぞうか-さんじん)といわれている。
 奈良時代の『古事記』(712年献上)では次のように記されている。万物を生成化育する根元神になる。日本神話の天地開闢(てんち-かいびゃく)の際に、天上の国である高天原(たかまがはら)に出現した。国土、人間、万物を創造した三神になる。
◆光明稲荷大神 光明稲荷大神が祀られている。
◆建築 ◈「神門」は東面している。
 ◈「本殿」は東面し、北側に神殿がある。
◆参拝方法 拝礼は座礼で行い、二礼二拍手一礼する。
 正座し、御祓いを受ける時、神職の祝詞奏上の際に、前に手をつき頭を下げる。
 正座のまま祭神に向かい、2回深く礼をする。胸前で2回拍手する。1回深く礼をし、最後に軽く御辞儀をして退く。
◆おみくじ 古代みくじ(美くじ)は、神殿脇に置かれている。108本ある竹(虎竹)の表裏に、直接それぞれ違う神託が短い言葉で書かれている。
 明治期に強い力を持っていたという初代宮司が書き残した。くじの7割が厳しい戒めの言葉であり、吉凶などは書かれていない。よく当たると評判になった。願うことを決めてから引く。
◆年間行事 歳旦祭(1月元旦-3日)、節分祭(2月1日-3日)、月次祭・教祖例年祭(2月第3日曜日)、月次祭・春季祖先慰霊大祭(3月第3日曜日)、春季大祭(4月第3日曜日、案内者に限る)、月次祭(5月第3日曜日)、月次祭(6月第3日曜日)、夏越の大祓(年度後半の厄払い茅の輪くぐり)(6月28日-30日)、月次祭(7月第3日曜日)、月次祭(8月第3日曜日)、月次祭・秋季祖先慰霊大祭(9月第3日曜日)、秋季大会(要出欠)(10月21日)、月次祭・光明稲荷御火焚祭(11月第3日曜日)、最後の月次祭(12月第3日曜日)。
 月次祭・大祭はすべて第3日曜日の午後一時より。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*年間行事は中止、日時・場所・内容変更の場合があります。
参考文献 ウェブサイト「天津神社」、駒札「天津神社」、『ムー 2020年7月号』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area平野神社  周辺,surrounding area聖ヨゼフ修道院門の家(旧住友家衣笠別邸門衛所)  周辺,surrounding area お首地蔵尊   関連,relevance    
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 天津神社 〒603-8322 京都市北区平野宮本町89 phone 075-462-0344 Opening time8:00-11:30 /13:00-16:30  
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光