聖ヨゼフ修道院門の家(旧住友家衣笠別邸門衛所) (京都市北区)  
House of the St. Josef monastery gate
聖ヨゼフ修道院門の家 聖ヨゼフ修道院門の家
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

東側、門の家


東側、門の家


東側、門の家


東側、門の家


東側、門の家、煉瓦積み


北東角、門の家

東側、門の家

北東角、門の家


東側、門の家、煙突

東側、門の家、門


南東角、門の家


南側、門の家

南側、門の家


南側、門の家


東側、門


東側、門柱

東側、門、「ST.JOSEPHS CONVENT 聖ヨゼフ修道院」の銘鈑

東側、門、笠石

東側、門、台座


東側、門、袖壁

東側、門、イギリス積み

東側、門、煉瓦の縦積み部分
 北野東紅梅町(きたの-ひがしこうばい-ちょう)に、聖ヨゼフ修道院門の家(せいよぜふ-しゅうどういん-もんのいえ)がある。かつて住友家衣笠別邸の門衛所だった。
 設計は、近代の建築家・多久仁輔によるといわれている。
◆歴史年表 近代、1919年、住友家衣笠別邸は上棟される。
 1920年、竣工した。後に荒廃する。
 太平洋戦争(1941-1945)中、「衣笠苗園」と呼ばれていた。
 現代、1971年、衣笠邸の住宅部分は取り壊される。跡地に、聖ヨゼフ修道院の施設が建てられた。残された旧門衛所は以後、「門の家」と呼ばれる。
 1998年、7月、国の登録有形文化財に指定された。
◆多久仁輔 近代の建築家・多久仁輔(?-?)。詳細不明。工手学校(現・工学院大学)の出身。住友営繕に入る。1920年、住友家衣笠別邸の門衛所、門を設計したという。
◆住友友純 近代の実業家・住友友純(すみとも-ともいと、1865 -1926)。幼名は隆麿、号は春翠。第113代・東山天皇の5世孫・徳大寺公純の第6子。母は千世浦斐子(末弘氏)。兄に徳大寺実則、西園寺公望、中院通規らがいる。洛北の徳大寺家別業「清風館」で生まれた。父より『日本書紀』、『詩経』などを学ぶ。1883年、父が没する。1884年、東京・徳大寺邸に移り、学習院に入学した。1885年、学習院中学科生、1887年、法律選科に入る。1892年、14代当主・住友登久の長女・満寿の婿として養嗣子になる。学習院は退学した。以来、住友本邸(中央区)に住む。1893年、住友15代を継ぎ、住友吉左衛門友純と称した。家業を継承し、別子銅山(愛媛県)、銅貿易(神戸市)、再製茶・樟脳製造業、生糸業(滋賀県)を営む、1895年、住友銀行(大阪中之島)を開業し、重役になる。1896年、家法を改正した。1897年、欧米を歴訪する。1900年、総理事になった。1906年、勲二等瑞宝章を受章した。別邸(東京)を設ける。1908年、本店・銀行本店(東区)を移し、1909年、住友本店を住友総本店にした。1911年、伸銅場中之島分工場を廃し、安治川本工場に合併する。男爵を授けられる。住友電線製造業を分離し、住友電線製造所を設ける。1912年、銀行を株式会社にする。大阪商工会顧問に就いた。1913年、肥料製造所(愛媛県)、1915年、住友私立職工養成所を設立し、理事になる。1916年、住友洋行を上海、1917年、天津に置く。1918年、東北大学鉄鋼研究所創立費・事業費を寄付した。1919年、理化学研究所監事・評議員に委嘱される。1919年、岸本製鉄所を買収し住友伸銅所尼崎工場とした。大阪北港株式会社を創立する。1920年、住友鋳鋼所を株式会社にする。1921年、住友合資会社を設立し、社長になった。私立大阪住友病院を設立する。1922年、府立大阪図書館を増築完成し、大阪府に寄贈した。1923年、住友ビルディングを設立した。1925年、本邸(兵庫県)を移す。肥料製造所を株式会社にする。住友信託株式会社を設立する。63歳。
 茶人であり、中国古銅器類の世界的蒐集家(泉屋博古館コレクシヨン)だった。建築、庭園に造詣深く、 画家・黒田清輝、鹿子木孟郎、浅井忠らに援助した。
◆建築 近代、1919年に住友家衣笠別邸は上棟される。1920年に竣工した。住友友純が長男・寛一のために建てたという。広大な敷地に純和風の家、庭園があった。寛一が住むことはなく後に荒廃する。太平洋戦争(1941-1945)中には、「衣笠苗園」と呼ばれていた。1971年に、住宅部分は取り壊される。跡地に、聖ヨゼフ修道院の施設が建てられた。現在はゲストハウスとし て使用されている。衣笠邸の遺構は、旧門衛所、旧門だけが残されている。以後、遺構は「門の家」と呼ばれる。1998年7月に、門の家、門は国の登録有形文化財に指定された。
 ◈ 旧門衛所は、住友家京都衣笠別邸の跡地内の東側に建つ。外観はほぼ当初の姿を残し、小住宅としても成立している。煉瓦の腰壁とハツリ目(斫り、ノミなどで一部を削る)をつけた木部により構成されている。ハーフティンバー様式(柱・梁・筋違などの骨組みを外に剥き出し、その間にモルタル、煉瓦などを充塡し壁にした西洋木造建築)になる。煉瓦壁部分はイギリス積みで、小口積みと長口積みを交互に段違いに積んでいる。
 チューダー・ゴシック様式になる。1485年-1558年のイギリス・チューダー朝時代に様式は興きた。後期ゴシックからルネサンス様式への過渡期にあたる。垂直様式にゴシックの名残り、細部装飾にはルネサンスの影響もある。
 木造平屋建、煉瓦壁、瓦葺、建築面積39㎡。
 ◈ 門は、近代、1920年に竣工した。門衛所の南隣にあり、門衛所と一体化している。門柱の台座、笠石には御影石を用いている。両袖壁が続いている。袖壁頂部の煉瓦は縦に積んでいる。煉瓦は、各所にハツリ面を見せた煉瓦を挟んでいる。イギリス積みで小口積みと長口積みを交互に段違いに積む。
 煉瓦造、両袖壁延べ2.6m附属。
◆聖ヨゼフ修道会 1643年に、イエズス会士・ジヤン・ピエール・メダイユ師は、フランス中部のサンフロワー市の男子カレッジに送られる。当時のフランスは長期の市民戦争・宗教戦争で国が荒廃していた。多くの末亡人・孤児が残され社会は困窮していた。1650年に女性の使徒的活動会の「聖ヨゼフの娘のいと小さき会」が創立される。メダイユ師はその創設者になった。
 フランソワーズ・アイラウドと5人の女性は修道会での活動を行い、活動はフランス西南部へ拡がる。フランス革命(1789-1799)後、第2の創設者・マザーセントジョン・フォントボンヌにより、リヨンで「聖ヨゼフ修道会」が再興される。
 1836年に、新大陸に渡った移民のために、6人のシスターがアメリカ合衆国のセントルイスに派遣された。会の活動は、アメリカ合衆国各地、カナダヘも拡がる。カンサス州ウィチタ教区の聖ヨゼフ会は、「ウィチ夕聖ヨゼフ修道会」になった。2007年にウィチ夕聖ヨゼフ修道会を含む、ハートランド地区の7つの聖ヨゼフ修道会は、新しく「聖ヨゼフ修道会」を設立する。現在は、オハイオ州 クリーブランドにセントラル・オフィスを置いている。
 1950年に、京都教区長パウロ古屋義之司教とメリノール宣教会の要請により、3人のシスターがウィチタより日本に派遣された。


*内部は通常非公開
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 ウェブサイト「文化財データベース-文化庁」、ウェブサイト「京都を彩る建物や庭園-京都市文化市民局文化芸術都市推進室 文化財保護課」、『京都の赤レンガ』、ウェブサイト「聖ヨゼフ修道会」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area平野神社  周辺,surrounding areaお首地蔵尊  関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 聖ヨゼフ修道院門の家(旧住友家衣笠別邸門衛所) 〒603-8323 京都市北区北野東紅梅町6-2-1 
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光