旧東海道本線稲荷駅ランプ小屋・鉄道唱歌の碑 (京都市伏見区)  
Inari Station Lamp Hut
旧東海道本線稲荷駅ランプ小屋 旧東海道本線稲荷駅ランプ小屋
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home
東側



「ランプ小屋」「国鉄最古の建物」の銘鈑


「近代化産業遺産」の銘鈑


東側

東側


南東角、柱型


南東角、柱型上部


南側


東側、窓


東側、窓上


南側


西側

西側、入口上部


赤線が旧東海道本線・伏見稲荷大社、上が現在の東海道本線、JRの説明板より


鐡(鉄)道唱歌碑


【参照】JR稲荷駅


【参照】JR稲荷駅
 JR稲荷駅の南隣に、小さな煉瓦造の建物が遺されている。旧東海道線稲荷駅ランプ小屋(きゅう-とうかいどうせん-いなりえき-らんぷごや) 、稲荷駅ランプ小屋などと呼ばれている。
 旧東海道本線唯一の建築遺構であり、旧国鉄最古の建物、京都市内最古の煉瓦造建築物とみられている。
◆歴史年表 近代、1879年、稲荷駅は京都-大谷間の開業の際に設置された。
 1880年、7月、旧東海道本線の全線開通になった。
 1880年、ランプ小屋が建てられた。
 1921年、8月、旧東海道本線は廃止された。
 現代、2008年、ランプ小屋は、経済産業省の近代化産業遺産として認定される。
◆ランプ小屋 ランプ小屋は、稲荷駅舎南にある。近代、1880年に建てられた。旧東海道本線唯一の建築遺構であり、準鉄道記念物に選定されている。旧国鉄最古の建物であり、京都市内最古の煉瓦造建築物とみられている。2008年に、経済産業省の近代化産業遺産として認定されている。
 小屋は危険品庫として、「油庫」「ランプ部屋」などとも呼ばれた。当時は、室内灯、車両灯、信号灯、標識灯などはすべてランプに頼っていた。これらの燃料になる石油類を格納する施設であり、防火のために煉瓦造が多かった。
 煉瓦は一枚積みのイギリス積み(長手のみの段、小口のみの段と一段おきに積む方式)になっている。架構は、垂木のみで支える。西側の平側にフラットアーチ(水平な梁を楔形の迫石に分割して組み立てた)を持つ出入口を開き、背面東側にも同様のアーチ窓がある。南側2カ所の出隅に、半枚分の壁厚を増した柱型が付く。北側妻側面は、現在はコンクリート壁になっている。当初は北側に建物が繋がり、後に切断されたとみられている。
 煉瓦造、平屋建、切妻造、桟瓦葺。
◆旧東海道本線 旧東海道本線の敷設工事は、1878年8月21日に施工した。馬場(大津市膳所)、大谷(大津市)、山科、稲荷、京都の線区の工事は、大掛かりな土木工事であり難工事になった。山間部を通過する初めての鉄道のため、隧道掘削、丘陵部の切取築堤などが行われた。基本測量以外の工事は、すべて日本人の手により行われた。1880年7月14日に、第122代・明治天皇が臨幸し開通式が執り行われている。7月15日に全線開通になった。
 旧東海道本線は、南に大きく迂回していた。大津から逢坂山トンネルを抜け南下し、旧山科駅(現・地下鉄小野駅付近)から、稲荷駅を経て京都に北上していた。さらに、急曲線の連続急勾配だった。
 1915年から線路変更工事が行われている。1921年8月1日に旧本線は廃止され、現在の東海道本線ルート、膳所-京都間が開通し切り替えられた。京都-稲荷間は奈良線に転用され現在に至る。
◆鉄道唱歌 ランプ小屋の左手(南側)に、「鐡(鉄)道唱歌」の小さな碑が立てられている。「赤き鳥居の神さびて 立つは伏見の稲荷山」と刻まれている。1971年正月に伏見稲荷大社によって立てられた。
 鉄道唱歌は近代、1900年5月に出版されている。第1集東海道篇は、作詞・大和田建樹、作曲・多梅稚(おおの-うめわか)/作曲競作・上眞行による。1番-66番まであり、鉄道沿線の駅名、風物を歌詞に織り込んでいる。
 1番は新橋で「 汽笛一声新橋を/はや我汽車は離れたり/愛宕の山に入りのこる/月を旅路の友として」で始まる。
 44番は大谷で「むかしながらの山ざくら/におうところや志賀の里/都のあとは知らねども/逢坂山はそのままに」になっている。
 45番は山科で「大石良雄が山科の/その隠家はあともなし/赤き鳥居の神さびて/立つは伏見の稲荷山」であり、碑には後半のみの歌詞が刻まれている。赤穂義士首領・大石良雄(内蔵助、1659-1703は、山科に閑居していた。後半は、伏見稲荷大社について歌っている。
 46番は京都で「東寺の塔を左にて/とまれば七条ステーション/京都々々と呼びたつる/駅夫のこえも勇ましや」だった。


*内部は通常非公開
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 JRの説明板、『京都の近代化遺産 近代建築編』、『京都の赤レンガ』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area伏見稲荷大社・稲荷山  周辺,surrounding area   関連,relevance六所神社(北花山六所神社)     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 旧東海道本線ランプ小屋・鉄道唱歌の碑 〒612-0881 京都市伏見区深草稲荷御前町 JR稲荷駅
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光