旧京都高等工芸学校本館(京都工芸繊維大学3号館) (京都市左京区)  
former main building of Kyoto Handicraft High School
旧京都高等工芸学校本館(3号館) 旧京都高等工芸学校本館(3号館)
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

正門


正門


正門、「京都工芸繊維大学」のプレート


正門、門衛所


正門、門衛所


正門、門衛所


正門、門衛所


本館、東側


本館、東側


本館、東側、正面玄関


本館、東側、正面玄関


本館、東側、正面玄関




本館、東側、正面玄関


本館、東側、正面玄関


本館、東側、正面玄関


本館、東側、正面玄関


本館、東側、正面玄関、「登録有形文化財」のプレート


本館、東側


本館、東側、スクラッチタイル貼


本館、北側


本館、北側


本館、南側


本館、南側


本館、南側


本館、南側


講堂、南側


倉庫、東側


倉庫、南側、塔屋


倉庫、北側


倉庫、北側


倉庫、北側


倉庫、北側、スクラッチタイル貼


倉庫、南側


倉庫、南側


倉庫、南東角、コーニス


自動車庫
 京都工芸繊維大学の西部構内に、大学前身の一つになる旧京都高等工芸学校本館(きゅう-きょうと-こうとう-こうげいがっこう-ほんかん)が残されている。
 近代のモダニズム建築の先駆といわれた建築家・本野精吾が設計した。
◆歴史年表 近代、1902年、京都高等工芸高校(左京区吉田下阿達町、現在の京都大学吉田キャンパス内)が開校した。
 1930年、東大路通拡幅のために、松ヶ崎へ移転する。本館・講堂が竣工される。
 1931年、ほかの建物が竣工した。
 現代、1949年、京都高等工芸学校と京都繊維専門学校が統合され、京都工芸繊維大学が発足する。
 2008年、3月、旧京都高等工芸高校の本館・講堂などは国の登録有形文化財に選出された。
◆本野精吾 近代の建築家・本野精吾(もとの-せいご、1882-1944)。東京生まれ。読売新聞社創業者・2代目社長・本野盛亨の5男。暁星中学校、第一高等学校を経て、1903年、東京帝国大学工科大学建築学科に入学した。1906年、大学卒業後、三菱合資会社地所部(現・三菱地所)の技師になる。三菱12号館の設計に関わった。1908年-1943年、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学の前身)教授・武田五一の招きにより、同校図案科教授になる。1909年-1911年、ヨーロッパに留学し、ドイツ人建築家・ベーレンス(1868-1940,Peter Behrens)設計のAEGタービン工場(1909)、モダニズム建築に影響を受けて帰国した。1914年、西陣織物館を初設計する。その後、ドイツに留学した。1918年、京都高等工芸学校の学科長になる。1927年、京都で結成された「日本インターナショナル建築会」(同人は上野伊三郎、石本喜久治、中尾保、伊藤正文、新名種夫)に参加する。関西の国際様式の中心人物になる。武田五一はその作風を批判している。1944年、従三位勲二等を叙された。61歳。
 機能性・合理主義を標榜し、日本のモダニズム建築の先駆として知られた。新構造体(鉄骨・鉄筋コンクリート)を使用し、意匠は抽象的な面・線を追究した。川崎造船デザイン顧問になり、船室、家具、舞台などの設計もした。エスペランティストとしても知られ、ローマ字普及、広告印刷物にも関わった。絵も描き、京都での西洋音楽普及にも尽力した。
 主な作品に、西陣織物館(現・京都市考古資料館、1914) 、京都高等工芸学校自習室(1924)、自邸(1924)、旧鶴巻邸(現・栗原眞純邸 、1929)、旧京都高等工芸学校本館(現・京都工芸繊維大学3号館、1930)、フルーツパーラ八百文(1931)、橘丸などの客船の船内装飾 も手掛ける。
◆建築 旧京都高等工芸学校本館・講堂(現・3号館)、倉庫、自動車庫(現・プラザKIT)、正門・門衛所(現・東門)が建てられている。1930年-1931年に竣工した。いずれも、基本設計を担当したのは京都高等工芸学校図案科教授・本野精吾による。文部省営繕課が実施設計を行う。2008年3月、国の登録有形文化財に選出された。
 ◈「本館」(登録有形文化財)は、西部構内南東隅に、東面して建てられている。1930年に竣工した。2003年に改修されている。
 平面は背面(西側)に両翼を伸ばし、E字形になっている。正面玄関、ポーチ(入口の屋根付の両側面の開いた部分)は天井がガラス張りになっている。扉はアール・デコ(1910年代-1930年代にフランスを中心に流行した美術工芸の様式、単純・直線的な意匠)になる。正面奥(西側)中央に、講堂部を突き出している。
 外観は、モダニズム意匠に特徴がある。外壁は、茶色のスクラッチタイル貼の全面貼りになる。当初は打ち放しコンクリートの予定だった。北面・南面の2、3階は薄く張出され連続窓になっている。スチールサッシの横長窓が廻された。窓ガラスの組子には、アール・デコ様の装飾が施されている。内部は前面玄関に入口ホールがある。右側に初代校長・中沢岩太、左側には2代目校長・鶴巻鶴一の胸像が置かれている、前面に管理部門、両翼部分に教室、1階に学部長室などがあった。 
 鉄筋コンクリート造3階建、陸屋根、建築面積2251㎡。
 なお、初期案は、1927年の本野らの日本インターナショナル建築会による第1回建築展覧会に出品された「或る学校建築への草案」になる。草案では正面にも横長連続のガラス窓が巡らされていた。
 ◈「講堂」は、本館の背面(西側)中央にあり、1930年に竣工している。1964年に屋上に1階部分を増築した。2003年には内部を全面改装した。
 本館とは渡り廊下(長さ4m)で繋がる。内部は二層吹き抜けで、プロセニアム・アーチ(劇場の舞台と客席を区切る額縁状の構造物)を備えていた。
 ◈「倉庫」(登録有形文化財)は、本館の南翼の南にある。北面している。1931年に竣工した。1964年に移築されている。
 スクラッチタイル貼で、北東隅部に階段、屋上に塔屋がある。北面と南面に柱形を現し、壁面頂部にコーニス(外壁上端、屋根庇の下、天井と壁の境などに置かれる水平の細長い突出部)を廻す。窓には内側に鉄扉を付ける。
 正面10m、奥行8m。鉄筋コンクリート造2階建、陸屋根造、建築面積80㎡。
 ◈「自動車庫」(登録有形文化財)は、本館の北東方、中央西門の南にある。敷地外周沿いに南東面して建つ。1931年に竣工した。
 スクラッチタイル貼で、東面・西面北端に張出しを設ける。水平線を強調した庇、各部軒の意匠に特徴がある。
 平面規模は正面5.1m、奥行5.5m、鉄筋コンクリート造平屋建、陸屋根造、建築面積30㎡。
 ◈「正門」(登録有形文化財)は、西部構内東南隅部に位置する。1931年に竣工した。
 石貼で、東に脇門、西の門衛所寄りに通用門を開く。
 コンクリート造門柱2基、間口5.4m、左右通用門付。
 ◈「門衛所」(登録有形文化財)は、正門の西寄りに付随している。1931年に竣工した。スクラッチタイル貼で、平面は五角形であり、宿直室になっている。見張り室、西側に台所、便所などを備えた。
 鉄筋コンクリート造、平屋建、陸屋根造、建築面積30㎡。
 ◈「京都高等工芸学校造形実習室」は、現存していない。1924年7月に本野清吾の設計により竣工した。京都帝国大学の西側(現・西部構内)に建てられていた。
 建築技師・建築家・中村鎮(1890-1933)が発明した、「中村式鉄筋コンクリート・ブロック構造(中村式鉄筋コンクリート構造/NRCブロック/鎮ブロック)」を本野が使用した初例になる。外観は直方体であり、壁はモルタル仕上げだったと見られている。
◆京都工繊大学 京都工芸繊維大学は、旧制の2つの専門学校が前身になっている。
 近代、1899年に、「京都繊維専門学校」が農商務省京都蚕業講習所として設立された。1914年の管制改正に伴い「京都高等蚕糸学校」に改称される。1944年に「京都繊維専門学校」になった。
 他方、1902年に「京都高等工芸学校」(現在の京都大学吉田キャンパス内)は、文部省直轄学校管制により設置された。1930年に東大路通拡幅に伴い、現在地の松ヶ崎に移転する。1944年に、「京都工業専門学校」に改称されている。
 1949年に、国立学校設置法の施行により、2校が統合して京都工芸繊維大学が発足した。
◆記録映画 本館工事(1928-1930)を撮影した記録映画「新校舎の建つまで」(16㎜フィルム、16分)が残されている。
 撮影は京都高等工芸学校助教授・山崎實(勝弘)で、専門は写真・色彩学だった。すべの作業が人力、馬車、トロッコで行われている。


*内部は通常非公開
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 ウェブサイト「貴重な文化財建造物を後世に継承していくために-京都工繊大学 kit news vol.17 2008.3」、『建築家 本野精吾展』、『京都市考古資料館と建築家 本野精吾』、ウェブサイト「文化庁 文化財データベース」、『京都の洋館』、『京都の近代化遺産』、『関西のモダニズム建築』、『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area   関連,relevance京都市考古資料館(旧西陣織物館)   関連,relevance旧本野清吾自邸  関連,relevance旧鶴巻鶴一邸(栗原邸)    
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 旧京都高等工芸学校本館(京都工芸繊維大学3号館) 〒606-0961 京都市左京区松ヶ崎正田町18-1 
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光