弥栄会館・祇園甲部歌舞練場 (京都市東山区)  
Yasaka Kaikan
弥栄会館・祇園甲部歌舞練場 弥栄会館・祇園甲部歌舞練場
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home
弥栄会館、南側

南側正面

南側正面



南側








南側



南西側


南西側、望楼


望楼上


西側


西側


「登録有形文化財」のプレート


西側、弥栄会館、正門






玄関


玄関


玄関


玄関




別館


別館


八坂倶楽部


八坂倶楽部

八坂倶楽部


渡り廊下、別館と八坂倶楽部の間


本館


本館


弥栄会館の北側、八坂女紅場学園


八坂女紅場学園


与謝野晶子の歌碑
 花見小路通四条下ル東側の弥栄会館(やさか-かいかん)は、学校法人八坂女紅場(にょこうば)学園が所有している。
 建物は、近現代の建築家・木村得三郎が設計した。
◆歴史年表 近代、1871年、京都博覧会に際し、杉浦治郎右衛門らにより歌舞芸能の「都をどり」が考案された。
 1873年、都をどりの公演場として、祇園甲部歌舞練場(花見小路西側)が開設された。
 1913年、祇園甲部歌舞練場本館・玄関・八坂倶楽部が現在地(花見小路通四条下ル東側)に建てられる。
 1936年、現在の弥栄会館・正門が現在地(祇園甲部歌舞練場の隣)に建てられた。
 第二次世界大戦(1941-1945)中、弥栄会館は徴用された舞妓・芸妓の工場になった。
 現代、1945年、戦後になり、弥栄会館は進駐軍の将校用ダンスホール、映画館になった。
 1962年、外国人観光客のためにギオンコーナーが開設された。
 2001年、8月、弥栄会館などが国の登録有形文化財に登録される。
 2021年6月-2025年10月、弥生会館を帝国ホテル(東京都)に改修するための工事が行われる。南西部壁面は保存され、ほかは解体し本棟、北棟が新築される。
 2025年、10月、帝国ホテルが開業する。
◆杉浦治郎右衛門 近代の実業家・杉浦治郎右衛門(すぎうら-じろうえもん、1820-1895)。本名は為充。山城生まれ。京都祇園の茶屋「一力(いちりき)」の9代目主人。1870年、日本最初の検黴治療所を設立した。1872年、第1回京都博覧会で京都府知事・槙村正直の助けを得て、「都をどり」を考案し、催し創設に協力した。1873年、婦女職工引立会社(女子教育機関、後の遊所女紅場)を設立する。隠居して治郎右衛門と名乗った。76歳。
◆木村得三郎 近現代の建築家・木村得三郎(きむら-とくさぶろう、1890-1958)。宮城県仙台市生まれ。1914年、東京美術学校を卒業し、大林組に技師として入社した。東京支店設計部長を経て、1944年、建築技術部長になる。1945年、退社した。1930年-1931年、欧米各国へ建築視察のため出張した。「劇場建築の名手」といわれた。 68歳。
 作品に、大阪松竹座(1923年、現存)、歌舞伎座(1924年)、先斗町歌舞練場(1927年、現存)、東京劇場(1930年)、日本劇場(1933年)、弥栄会館(1936年、現存)、高岡産業博覧会美術館パビリオン (1951年、高岡市立博物館本館として現存)などがある。
◆建築  ◈「弥栄会館」(国・登録有形文化財)は、近代、1936年に祇園甲部組合により建てられた。設計は木村得三郎による。女紅場技芸練習場として使用された。
 南面して建つ。風致地区にあり、日本趣味の伝統的な意匠になっている。壁面は白く、各階に緑色の銅板瓦葺の勾配屋根を重ねる。正面には唐破風であり、塔屋状の正面中央部に付庇がある。最上層に宝形造屋根の望楼があり、城郭天守風の構えになっている。軒裏に肘木状の持送り(突出部分を支える横材)、バルコニーに陶板の装飾を施している。1階に小ホール、3階-5階に3層吹抜けの大ホールがある。現在は耐震上の問題から大ホールは現在使用されていない。
 施工は大林組。鉄骨鉄筋コンクリート造地上5階地下1階建、瓦葺、建築面積1272㎡
 ◈「祇園甲部歌舞練場玄関 」(国・登録有形文化財)は、1913年に建てられた。西面し、正面に唐破風車寄がある。その東側に主体部(45畳・30畳の板間)が繋がる。演舞会時に、1等玄関・1等待合に使用された。
 木造平屋建、入母屋造、瓦葺、建築面積286㎡。
 ◈「祇園甲部歌舞練場本館」(国・登録有形文化財)は、1913年に建てられた。西面して建つ。木造の大劇場であり、南北棟の広大な屋根を架ける。西面して千鳥破風を設ける。北側を舞台、南側を客席にした。
 檜材、木造地上2階一部地下1階建、入母屋造、瓦葺、建築面積1035㎡。
 ◈「八坂倶楽部」(国・登録有形文化財)は、1913年に建てられた。敷地南奥に建つ。大屋根を架けた建物で、北面西側に軒唐破風付の玄関を設ける。東面・南面から庭園を望める。1階は特等客向けの待合・点茶、2階は舞台座敷で、客席(132畳敷)・舞台がある。
 木造2階建、入母屋造・瓦葺、建築面積746㎡
  ◈「祇園甲部歌舞練場正門」(国・登録有形文化財) は、1936年に建てられた。西面し、花見小路に面している。 
 鉄筋コンクリート造、平屋建、寄棟造、銅板瓦葺、建築面積174㎡。
 ◈「帝国ホテル」は、2025年10月に開業予定になっている。地上7階建、地下2階建、延床面積1万800㎡。
◆歌碑 敷地内に与謝野晶子の歌碑「京更けて歌舞練場のかがり火の雫おちんと眺めにぞ行く」が立てられている。
 1978年に与謝野晶子100年生誕記念として みだれ髪の会により立てられた。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 ウェブサイト「文化庁 文化財データベース」、『京都の洋館』、『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area祇園甲部・花街・祇園  周辺,surrounding area   関連,relevance京都博覧会碑・京都の博覧会     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 弥栄会館・祇園甲部歌舞練場 〒605-0074 京都市東山区祇園町南側570-2,花見小路通四条下ル東側  
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光