旧京都中央電話局上分局 (京都市上京区)  
former Kami Branch of Kyoto Central Telephone Officee
旧京都中央電話局上分局 旧京都中央電話局上分局
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

南側

南側


南側


南側


東側


鴨川

東側


南側


東側、「目の形」の屋根窓


東側


東側

東側


南側


南側

南側、陸屋根(平坦屋根)
 丸太町西詰南に、「旧京都中央電話局上分局(きゅう-きょうと-ちゅうおうでんわきょく-かみぶんきょく)」がある。近現代の建築家・吉田鉄郎により設計された。
 廃局後、外観は残したまま、変遷を経て、現在は複数の商業施設として再利用されている。
◆歴史年表 近代、1923年、逓信省技師・吉田鉄郎設計により建てられた。
 1924、営業を開始する。
 現代、1959年、廃局になる。
 1962年、京都電信電話会館になった。
 1982年、構造補強、復元工事が行われる。電気通信史料館になる。
 1984年、6月、京都市登録有形文化財に登録された。 
 1997年、7月、国の登録有形文化財(建造物)に指定された。
◆吉田鉄郎 近現代の建築家・吉田鉄郎(よしだ -てつろう、1894-1956)。旧姓は五島。富山県の生れ。1919年、東京帝国大学建築学科を卒業し、逓信省に入省した。多くの郵便局、電話局など逓信省関係の設計を手掛けた。1931年-1932年、外遊した。1932年、東京中央郵便局に関わる。1933年、ブルノー・タウトの来日時に、案内者になり、日本建築の理解を助けた。1939年、大阪中央郵便局を担当する。1944年、退官した。1946年、日本大学教授に就任する。日本建築を海外に紹介するためにドイツ語、英語の著書を多数著した。ドイツ語『Japanische Architectur』(1952)で、日本建築学会賞を受賞した。62歳。
 建築家・山田守と共に逓信省の双璧と称せられた。機能主義的立場から日本建築の近代化に対して大きな貢献をする。装飾を抑制し、比例感覚で建築構造を表現した。
◆旧京都中央電話局 丸太橋の西詰南に、旧京都中央電話局上分局(国の有形登録文化財)が建てられている。逓信省技師・吉田鉄郎が設計し、近代、1923年に建てられた。
 鴨川沿いの特異な外観を有し、ドイツ民家風の勾配屋根、装飾に特色がある。ドイツの建築家・F・シューマッハーの影響がある。表現主義から合理主義建築への過渡作品の一つとされている。現存する鉄筋コンクリート造電話局舎の中で最も古い。
 現在、内部は当初の形態がかなり失われている。外観は当初の様式を残している。壁面にセセッション(19世紀末のドイツ・オーストリア各都市に興った建築などの革新運動で、過去の芸術様式から分離した生活・機能と結びついた新しい造形芸術創造をめざした。分離派)の影響があるものの単純化されている。屋根間部分は電話機の形をモチーフにした。北は寄棟造の桟瓦葺、屋根に「目の形」の屋根窓がある。南は陸屋根(平坦屋根)になる。柱型と縦長窓により構成されている。
 鉄筋コンクリート造3階建、瓦葺、建築面積745㎡、施工は清水組。
 1959年に廃局し、1962年に京都電信電話会館、1982年に構造補強、復元工事が行われ、電気通信史料館になる。1984年6月、京都市登録有形文化財に登録された。1997年7月、国の登録有形文化財(建造物)に指定された。
 

*内部は通常非公開
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献 京都市の説明板、ウェブサイト「文化庁 文化財データベース」、『京都の洋館』、『もうひとつの京都-モダニズム建築から見えてくるもの』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area丸太町橋  関連,relevance旧京都中央電話局西陣分局舎   関連,relevance旧京都中央電話局     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 旧京都中央電話局上分局 〒602-0872 京都市上京区駒之町561-1,中筋通丸太町下ル
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光