旧京都中央電話局西陣分局舎 (京都市上京区)  
former Nishijin Branch of Kyoto Central Telephone Office
旧京都中央電話局西陣分局舎 旧京都中央電話局西陣分局舎
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Home



南側、正面


南側正面、円柱


南側正面、ヴィーナスのトルソー

南側正面、出窓

南側正面、裸婦像レリーフ

南側正面、ライオン像


東側


東側、ペントハウス


東側、ペントハウスの柱

東側、庇下

東側、庇下の踊り子のレリーフ
 油小路通中立売下ルに、旧京都中央電話局西陣分局舎(きゅう-きょうとちゅうおう-でんわきょく-にしじんぶんきょく)が建つ。
 近代の建築家・岩元祿(いわもと-ろく)の現存唯一の建築作品になる。西日本電信電話株式会社(NTT)西陣別館を経て、現在は西陣産業創造會舘として利用されている。
 近代建築の記録調査・保存のための国際学術組織「DOCOMOMO JAPAN」の「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」"021"として選定されている。
◆歴史年表 近代、1920年、10月、起工になる。
 1921年、12月、竣工された。
 1922年、業務を開始する。
 現代、1984年-1985年、建物の保存再生のために改修工事が行われた。
 2003年、DOCOMOMO JAPANは、「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」の一つに選定した。
 2006年、重要文化財の指定を受けた。
◆岩元禄 近代の建築家・岩元禄(いわもと-ろく、1922-1893)。祿。鹿児島市生まれ。士族の家に生まれた。長兄は哲学者・岩元禎(てい)。幼くして父を亡くし、禎に伴い上京し、府立一中、第一高等学校を卒業した。1913年、東京帝国大学建築科を卒業後、逓信省に入る。志願兵として第一連隊に入隊した。1914年、逓信省復職後、逓信省営繕課で西陣分局(西陣電話局)、東京青山分局など3作品を設計した。1921年、逓信省を辞し、東大助教授に就任、建築意匠論を講じた。
 絵画、彫刻、音楽に造詣が深かった。「ガイスト・スピーレン(Geist Spielen、精神的遊戯)」を持論としていた。29歳。
◆岩元禎 近代の哲学者・岩元禎(いわもと-てい、1869-1941)。岩元禄の兄。1889年、鹿児島高等中学造士館を卒業(第1期)後、1891年、第一高等中学校本科を卒業した。1894年、東京帝国大学文科大学哲学科を卒業する。ラファエル・フォン・ケーベルに師事した。大学院に在籍し、浄土宗高等学院(現在の大正大学)でドイツ語、哲学、高等師範学校で哲学を教えた。1899年より、第一高等学校でドイツ語を教える。著『哲学概論』。
 名物教授として知られる。夏目漱石著『三四郎』(1908)の広田先生のモデルともいう。73歳。
◆建築 「京都中央電話局西陣分局」(重文)は、近代、1921年に建てられた。京都市内で3番目の電話分局であり、設計は、逓信省営繕課の岩元禄の第一作になる。禄は、3作品を設計し、現存唯一の作品になる。様式に頼らない「ガイスト・スピーレン(知的遊戯)」を具現した。建築家自身の精神性を反映した建築であり、幾何学性と装飾性が混在している。
 営繕課は、逓信省の局舎などの施設を設計担当した官僚による建築技師集団であり、作品は「逓信建築」と呼ばれた。禄は、吉田鉄郎(1894-1956)、山田守(1894-1966)に続く営繕組織の黄金時代の礎を築く。なお、1920年に設立された分離派建築会の会員が岩元を慕っており、後の分離派にも通底する。
 正面1階に古典主義的な寸胴の半楕円形断面の柱3本を立てる。柱頭は省略されている。各頂部に3体のヴィーナスのトルソー(胴体部)を載せている。2階の4面角弓形出窓の周囲には、裸婦像レリーフ(パネル)48枚が半円形状に貼られている。当時としては刺激的な表現だった。東面2階庇下には、踊り子レリーフ・パネル72枚が飾られている。2階に出窓、3階にベランダが設けられている。
 施工は安藤組。鉄筋コンクリート造2階建、一部木造3階建のペントハウス(最上階部屋)、建築面積489㎡、延べ1173㎡(再生部分)。保存部分は、躯体、壁面軒裏、裸婦像、ライオン像、3階柱廊下。


*内部は通常非公開
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 日本電信電話会社の説明板、ウェブサイト「文化庁 文化財データベース」、ウェブサイト「京都市文化観光資源保護財団-京都で活躍したモダニズム建築家」、『京都の洋館』、『近代京都の名建築』、『もうひとつの京都-モダニズム建築から見えてくるもの』、ウェブサイト「DOCOMOMO Japan」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area  関連,relevance旧京都中央電話局西陣分局舎   関連,relevance旧京都中央電話局   
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 旧京都中央電話局西陣分局舎 〒602-8061 京都市上京区甲斐守町97,油小路通中立売下ル 西陣別館(NTT西日本京都支店)
50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop 50音索引,Japanese alphabetical orderホーム,Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光