香川景柄旧宅(梅月堂跡) (京都市左京区)  
The former residence of Kagawa, Kagemoto
香川景柄旧宅(梅月堂跡) 香川景柄旧宅(梅月堂跡) 
50音索引,Japanese alphabetical order    ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home



表門


連子窓(聖窓、火尻窓)


築地塀
 岡崎天王町の丸太町通北側に、江戸時代中期-後期の歌人・香川景柄(かがわ かげもと)の山荘別宅「梅月堂」があった。
◆歴史年表 江戸時代、1800年、香川景柄が現在地に、山荘別宅「梅月堂」を建てた。 
 近代、明治期(1868-1912)末まで、子孫が継いだ。以後は、別の所有になる。
◆香川景柄 江戸時代中期-後期の歌人・香川 景柄(かがわ かげもと、1745 -1821)。号は黄中(こうちゅう)、梅月堂など。父は山崎の社家・松田対馬の子。養父は香川景平で、梅月堂4代を継ぐ。徳大寺家の家臣として仕えた。陸奥守に任じられた。子がなく最初の養子・景樹(かげき)とは、歌風の違いにより後に離縁した。養子・景嗣(かげつぐ)が梅月堂5代を継ぐ。小沢蘆庵と親しかった。家集に『黄中詠藻』がある。二条派の宗祖。従六位、上総介。
 「梅月堂」は上京区下立売通新町下ルにもあったという。晩年は、下京区東六条町に移り隠居した。墓は門名寺(東山区)にある。
◆香川景嗣 江戸時代後期の歌人・香川景嗣 (かがわ かげつぐ、1792-1866)。景礼、号は春村、梅月堂。京都の生まれ。香川景柄の門人になる。景柄の養子になった。梅月堂5代を継ぐ。家集に『残香集』がある。
◆建築 建物は、一部に改変がある。ほぼ、当時の様式を残しているという。
 ◈ 「築地塀」がある。塀に2つの竹製の連子窓(聖窓、火尻窓)が突き出している。外灯として機能し、出窓の内部で灯油を灯した明かりが、往来を照らしていた。
 ◈ 「表門」がある。南面する。
 ◈ 「主屋」は、平屋建、桟瓦葺になる。
◆庭園 苔庭がある。飛石、蹲踞、石燈籠、井筒などが配されている。


*非公開。
*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大事典』『昭和京都名所図会 2 洛東 下』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area香川景樹宅跡    関連・周辺小沢蘆庵邸宅跡・蒲生君平仮寓跡    周辺,surrounding area     関連,relevance聞名寺      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 香川景柄旧宅(梅月堂跡) 〒606-8335 京都市左京区岡崎天王町
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光