物集女城跡 (京都府向日市)  
The ruins of Mozume-jo Castle
物集女城跡 物集女城跡
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home

向日市教育委員会の説明板

中央付近に副郭跡、左(西)端に主郭跡がある。副郭右上に土塁跡、堀跡が残る。説明板より。


副郭付近


土塁、堀付近
 物集女町中条(もずめちょう なかじょう)の畑地に、物集女城跡(もずめじょうせき)がある。中世に築城され、山城国北部でも珍しい城館遺跡という。
 現在も東土塁、東堀、北堀が残され、南土塁、西土塁も確認されている。
◆歴史年表 中世(鎌倉時代-室町時代)、物集女地域を支配した土豪(国人)・物集女氏が城館を築いた。
 室町時代、物集女は、天竜寺領物集女庄の一部だった。
 1568年、足利義昭を擁して上洛した織田信長は、西岡地域の支配を細川藤孝(幽斎)に任せた。
 1575年、物集女氏当主・物集女縫殿助(ぬ いのすけ)忠重入道宗入は、藤孝に従わず、藤孝に勝竜寺城下に誘き出されて謀殺された。その後、藤孝の軍勢は物集女城を攻め、廃城になる。
 現代、2016年-2017年、向日市埋蔵文化財センターによる第10次発掘調査は、城主郭東部で行われた。主要施設の一部とみられる遺構、遺物が出土した。
◆物集女氏 物集女(もずめ)氏は、中世(鎌倉時代-室町時代)の土豪(国人)だった。物集女地域を支配し、一帯の年貢納入などを管理する代官だったとみられている。
 室町時代、15世紀(1401-1500)中頃、向日神社(向日市)の棟札に「源太郎左衛門入道道集」、「同(源)三郎左衛門尉光清」と記されている。物集女氏の先祖とみられている。幕府西岡被官衆の一人として、応仁・文明の乱(1467-1477)後、惣国の結集に参加したとみられている。1487年、上久世庄(京都市南区)の公文(古文書)に、「物集女四郎右衛門尉光重」の署名がある。「郷々出銭」を申入れた惣国の代表者6人の一人だった。15世紀末-16世紀後半、乙訓地域の国一揆で中心的な役割を果たした。1546年頃より、細川氏、三好氏の被官として活動する。
 1568年、織田信長は、足利義昭を擁して上洛した。1573年、細川藤孝(幽斎)は、信長に西岡地域(桂川西岸一帯)を任され、国人らの領土を安堵した。1575年、物集女氏当主・物集女縫殿助(ぬいのすけ)忠重入道宗入は、藤孝に恭順しなかった。物集女家代々の所領を、安堵される必要はないとした。
 藤孝は忠重を勝竜寺城下(城内とも)に誘い出し謀殺(毒殺)した。その後、藤孝の軍勢は物集女城を攻めて廃城になる。物集女一族は離散し、本家は途絶えた。
◆物集女城 物集女城は、中世に物集女地域を支配した土豪(国人)・物集女氏が築いた。平地城館であり、平地の集落に接して築かれ、周囲に防御のために堀、土塁を巡らせていた。方形単郭式の城館であり、南北75m、東西70m/100mの規模になる。土塁、堀が残る。堀(濠)の一部は、現在も用水として利用されている。敷地中央は二段に分けられ、曲輪(くるわ)は西側に主郭(城主の居館)、東に副郭(配下の住居地)があった。
 過去に10次の発掘調査が行われた。第2・3次調査で東堀は、幅が北東部9.5m、東部11m、深さ北東部0.3-0.53m、東部中央0.7m、南東部0.9mあった。第4次調査で東土塁は、上端面幅2.5m、基底部幅7.5m、高さ2.1mあった。「叩き土塁」の手法で築造されていた。堀側に核の土を水平に叩き締め、郭内に傾斜して土を積み上げ土塁を築造した。土塁基底部からは、15世紀後半の土師器・皿が出土し、土塁も15世紀後半頃に築造されたとみられている。
 第5次調査で土塁南西隅部、第6次調査で南土塁が確認された。主郭は、土塁内法で南北45m、東西35-45mとみられている。
 第7-9次調査により主郭の西外側で、16世紀前半-中頃の礎石建物、掘立柱建物、柵、柱穴、溝などが見つかった。主郭の東部中央に土塀遺構があり、東土塁と並行し、主郭内を区画する施設跡とみられている。廃棄土壙、礎石・柱痕跡20-30基も確認された。15-16世紀代の土師器、陶器、瓦質土器、青磁、金属製品(釘)、そのほか中海道遺跡関連のものも出土している。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 向日市教育委員会の説明板、ウェブサイト「京都府教育庁指導部文化財保護課 山城地域の中世城館」、ウェブサイト「山城地域の中世城館 京都府教育庁指導部文化財保護課」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺    周辺中海道遺跡    周辺昌運寺     関連向日神社       
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 物集女城 〒617-0001 京都府向日市物集女町中条
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光