上西門院 花園東陵(統子内親王花園東陵) (京都市右京区)  
Imperial mausoleum of princess Josaimonin
上西門院 花園東陵 上西門院 花園東陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home





「後白河天皇准母 統子内親王花園東陵」の石標



 法金剛院の北東にある上西門院花園東陵(はなぞの の ひがしのみささぎ)には、平安時代後期の皇族・上西門院(じょうさい もんいん)が葬られている。
 統子内親王花園東陵、鳥羽天皇皇女尊称皇后統子内親王花園東陵後白河天皇准母統子内親王花園東陵などとも呼ばれている。
◆歴史年表 平安時代、1189年、7月20日 、上西門院は亡くなる。遺言により三昧堂下(五位山中腹、花園西陵)に葬られた。
◆上西門院 平安時代後期の皇族・上西門院(じょうさい もんいん、1126-1189)。恂子。統子(じゅんし/とうし、尊称皇后・統子内親王(むねこ ないしんのう)。第74・鳥羽天皇の5子、母は藤原璋子(待賢門院)。第77代・後白河天皇の姉。1126年、親王宣下を受けた。1127 年、准三宮、2歳で賀茂斎院に卜定される。1132 年、7歳で病により退下した。1145年、母の待賢門院が死去し、遺領の仁和寺法金剛院領(上西門院領)を受け継ぐ。1155年、弟の雅仁親王(後白河天皇)が即位する。1158年、未婚内親王のまま後白河天皇の准母として皇后宮と尊称される。母を偲び法金剛院に入寺する。1159年、女院(上西門院)になる。1160年、平治の乱で、後白河院とともに内裏の一本御所に幽閉された。同母弟・仁和寺御室覚性入道親王を戒師とし、法金剛院で出家し、真如理と称した。東御堂(丈六阿弥陀堂)を建立した。没後、遺言により三昧堂下(現在の五位山中腹、花園西陵)に葬られた。和歌を好み、側近に女性歌人・上西門院兵衛、建春門院平慈子らがいる。法名は真如理。
 陵墓は花園東陵(右京区)にある。
◆陵墓 陵墓は市道に接した石段上にあり東面している。
 平安時代、1189年7月20日 、上西門院は亡くなる。遺言により三昧堂下(現在の五位山中腹、花園西陵)に葬られた。


74 鳥羽天皇 (在位:1107-1123)→75 崇徳天皇 (在位:1123-1141) →76 近衛天皇 (在位:1141-1155) →77 後白河天皇 (在位:1155-1158)


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺藤原璋子 花園西陵   関連・周辺法金剛院     周辺     関連歴代天皇データ       
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 上西門院花園東陵 〒616-8043 京都市右京区花園寺ノ内町34-5
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光