文徳天皇 田邑陵 (京都市右京区)  
Imperial mausoleums of Emperor Montoku
文徳天皇 田邑陵 文徳天皇 田邑陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home















 太秦三尾町(うずまさ さんびちょう)に、田邑陵(たむら の みささぎ)はある。
 平安時代前期の第55代・文徳天皇(もんとく てんのう)が葬られている。
◆歴史年表 平安時代、858年、8月27日(新暦10月7日)、文徳天皇は亡くなる。(『文徳実録』)。9月2日、真原山陵(田邑陵)に葬られた。9月6日、葬儀があり、陵に近い山寺に10人の僧、広隆寺に40人が配置され、49日間読経した。12月10日、「十陵四墓の制」が定められ、近陵に加えられた。詔勅により真原山陵を田邑陵(田邑山陵)に改める。(『三代実録』)
 その後、陵の所在地は不明になる。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、天皇の杜古墳が陵ともいわれた。
 江戸時代、1862年-1863年、文久の修陵 で、現在地(御廟山)が陵の地として補修されている。
 1865年、陵は竣工し、巡検使が遣わされた。 
◆文徳天皇 平安時代前期の第55代・文徳天皇(もんとく てんのう、827-858)。道康(みちやす)、田邑(田村)帝。第54代・仁明天皇の第1皇子。母は太政大臣・藤原冬嗣の娘・順子(じゅんし)。842年、嵯峨上皇(第52代)の死により、廃された淳和上皇の皇子・恒貞(つねさだ)親王に代わり、16歳で皇太子になる。藤原良房の画策による。(承和 [じょうわ] の変)。850年、父の病死により即位した。紀名虎(きのなとら)の娘・静子の産んだ寵愛した第1皇子・惟喬(これたか)親王を立太子する。藤原氏の反対により、良房の娘・明子(あきらけいこ)の産んだ第4皇子・惟仁(これひと)親王(後の第56代・清和天皇)を生後8カ月で皇太子に立てた。以後、良房との間に対立が生じた。858年、新成殿で亡くなる。良房による暗殺説もある。32歳。
 天皇親政は行うことができず、政治は太政大臣・良房によって行われる。内裏に住まず、東宮雅院、梨下院、冷泉院に住んだ。藤原氏の勢力が拡大する。『続日本後紀』の編纂を開始する。天皇一代の歴史を編年体で記した藤原良房、春澄善縄らが編纂した『日本文徳天皇実録』10巻がある。851年、仁明天皇の亡くなった清涼殿を解体し、深草の陵墓の傍らに移築し嘉祥堂とした。
 陵墓は田邑陵(右京区)になる。
◆陵墓 陵形は円丘になり、ほぼ南面している。西に門徳池(瓢箪池)、東にも池があり、参拝道は池の間の尾根筋を通って拝所に向かう。
 平安時代、858年8月27日(新暦10月7日)、文徳天皇は亡くなる。(『文徳実録』)。その当日に、山作使などの葬送の諸司が定められた。9月2日、真原山陵(田邑陵、山城国葛野郡田邑郷真原岡)に葬られた。9月6日、葬儀があり、陵に近い山寺に10人の僧、広隆寺に40人が配置され、以後、49日間読経した。12月10日、「十陵四墓の制」が定められ、当初は近陵に加えられた。詔勅により陵名を真原山陵を田邑陵(田邑山陵)に改めた。管守のために陵戸(りょうこ/みささぎべ、陵守の世襲の古代賤民)4烟が配されている。(『三代実録』)。『延喜式』諸陵寮にも田邑山陵(兆域東西4町、南北4町、陵戸5烟)とある。930年、「十陵四墓の制」の遠陵に移された。
 その後、陵の所在地は不明になる。陵の南の原に「神代三陵」があり、祭場があったという。文徳天皇の皇子(第56代・清和天皇)の権威を高めるために、後見人・藤原良房が設けたという。(『延喜式』諸陵寮)
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、前方後円墳の天皇の杜古墳(西京区)が陵ともいわれた。江戸時代、1862年-1863年、文久の修陵 で現在地(御廟山)が陵の地として補修されている。1865年、陵は竣工し、巡検使が遣わされた。 
 江戸時代の『山陵考』(1867)では、封土が崩落し、御石槨の蓋石、隧道蓋石も露出していたと記されている。このため、この地には、古墳時代後期の円墳があり、横穴式石室が残されていたとみられている。


54 仁明天皇 (在位:833-850)→55 文徳天皇 ( 在位:850-858)→56 清和天皇 (在位:858-876)

*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『歴代天皇125代総覧』『京都千年 くらしと年中行事』『検証 天皇陵』『図説天皇陵』『歴代天皇年号事典』『天皇陵 謎解き完全ガイド』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺     周辺     関連嘉祥寺     関連清和天皇陵     関連天皇の杜古墳     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 文徳天皇 田邑陵  〒616-8192 京都市右京区太秦三尾町(さんびちょう)1-80
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光