丸山聖護院宮墓地 (聖護院宮墓地) (京都市左京区)  
grave of Maruyamai-shogoimmiya (Prince)
丸山聖護院宮墓地 (聖護院宮墓地) 丸山聖護院宮墓地 (聖護院宮墓地)
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home







 白川の東の丘陵地に、丸山聖護院宮墓地(まるやま しょうごいんのみや ぼち)がある。正式には「聖護院宮墓地」と呼ばれている。 
 6人の聖護院宮の親王などの墓がある。
◆歴史年表 江戸時代中期、1714年、道承法親王が亡くなり、葬られる。
 1770年、増賞入道親王が亡くなり、葬られた。
 1788年、中誉親王が亡くなり、葬られる。
 1831年、盈仁法親王、万寿宮が亡くなり、葬られた。
 近代、1868年、嘉言親王が亡くなり、葬られた。
◆道承法親王 江戸時代前期-中期の皇族・天台宗の僧・道承法親王(どうしょう ほうしんのう、1695-1714) 。貞良。父は伏見宮邦永(くになが)親王の王子。1702年、第113代・東山天皇の養子になる。聖護院に入寺する。1703年、親王になる。1709年、園城寺長吏、熊野三山検校、新熊野検校を兼ねた。20歳。
 墓は丸山聖護院宮墓地(左京区)にある。
◆増賞入道親王 江戸時代中期の皇族・天台宗の僧・増賞入道親王 (ぞうしょう にゅうどうしんのう、1734-1770)。種徳(たねのり)。法号は至誠心寺。職仁(よりひと)親王の第4王子。第115代・桜町天皇の養子になる。1746年、親王になり、実相院に入寺、出家した。1752年、聖護院に移る。園城寺長吏、護持僧などを務めた。
 墓は丸山聖護院宮墓地(左京区)にある。
◆中誉親王 江戸時代中期の皇族・天台宗の僧・中誉親王(ちゅうよ しんのう、1722-1788)。忠篤親王。父は第114代・中御門天皇、母は掌侍園常子。10歳で親王宣下を受け、聖護院で出家した。聖護院門跡、園城寺長吏を歴任し、准三后を授けられた。
 墓は丸山聖護院宮墓地(左京区)にある。
◆盈仁法親王 江戸時代後期の皇族・天台宗の僧・盈仁法親王(えいにん ほうしんのう、1764-1831)。嘉種、寛宮。閑院宮典仁親王(慶光院)の第7王子。第118代・後桃園天皇の養子になる。聖護院門跡の中誉親王の子弟になる。園城寺長吏、聖護院門跡。一品、准三宮に叙せられる。
 墓は丸山聖護院宮墓地(左京区)にある。
◆万寿宮 江戸時代後期の皇族・万寿宮(ますのみや、1820-1831)。詳細不明。父は伏見宮貞敬(さだよし)親王。11歳。
 墓は丸山聖護院宮墓地(左京区)にある。
◆嘉言親王 江戸時代後期の皇族・天台宗の僧・嘉言親王(よしひと しんのう、1821-1868)。巍宮(多嘉宮)。伏見宮邦家親王の第2王子。母は藤木壽子。祖父・貞敬親王の嗣子。盈仁(えいにん)親王の附弟、第119代・光格天皇の養子になる。親王宣下を受け嘉言とした。聖護院に入寺、得度し、雄仁に改める。三井寺長吏、一身阿闍梨。1868年、維新後に還俗し、聖護院宮の宮号を称した。内国事務総督、海軍総督等を務めた。
 墓は丸山聖護院宮墓地(左京区)にある。
◆墓 道承親王、増賞親王、中誉親王、盈仁親王、万寿宮、嘉言親王の無縫塔が立つ。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺    周辺     関連聖護院・聖護院の森    関連地蔵谷聖護院宮墓地(聖護院宮墓地)    関連歴代天皇データ      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 丸山聖護院宮墓地(聖護院宮墓地) 〒606-8281 京都市左京区北白川丸山町
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光