長徳寺 (京都市上京区)
Chotoku-ji Temple
長徳寺 長徳寺 
50音索引  Home 50音索引  Home







「茶家山田宗徧出生之地」の石標



「会津藩洋学所跡」の2つの石標
 京都御所の西に長徳寺(ちょうとくじ)はある。山号は雙松山という。門前に「茶家山田宗徧出生之地」「会津藩洋学所跡」の2つの石標が立つ。
 真宗大谷派、本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1575年、浄立が創建した。当初は、烏丸今出川北(上京区)にあったという。
 江戸時代、1627年、長徳寺4世・明覚(みょうかく)の子に宗円(山田宗徧)が生まれた。
 1788年、天明の大火により焼失した。
 1862年、転寺の沙汰がある。
 1863年、現在地に移る。
 1864年、会津藩士・山本覚馬は、寺内に会津藩洋学所を開設した。他藩の者にも門戸を開いたという。
◆山田宗徧 江戸時代中期の茶人・山田宗徧(やまだ そうへん、1627-1708)。宗円、周学(しゅうがく)、周覚。長徳寺4世・明覚(みょうかく)の子、母は山田監物(松江藩主・堀尾忠晴重臣)の娘。寺を継ぐ。その後、茶道を志し還俗、小堀遠州に入門した。1644年、18歳の時、千宗旦に弟子入り。1652年、皆伝を受け、鳴滝・三宝寺に「四方庵」を営む。宗旦から千利休伝来の「四方釜」を譲られた。大徳寺・翠厳和尚から「四方庵」の茶号を贈られた。1655年、宗旦の推挙で、三河国吉田藩・小笠原忠知の茶頭となり、「不審庵」「今日庵」「力囲斎(りきいさい)」の号を与えられる。4代に仕え、臨済寺で参禅得道、「栽松庵」を設けた。飯村、小坂井に大名接待の茶屋を設けた。1697年、吉田より江戸・本所に移り、宗徧流茶道を興した。宗旦弟子・吉良上野介義央の茶事指南になる。播州赤穂浪士・大高源五(変名・脇屋新兵衛)が宗徧に弟子入りする。宗徧より吉良邸での茶会の日を聞き、1702年、赤穂浪士は討入を決行した。宗旦四天王の随一。江戸で死去した。著『茶道便蒙(べんもう)抄』など。
◆山本覚馬 江戸時代後期-近代の会津藩士・政治家・山本覚馬(やまもと かくま、1828-1892)。会津若松生まれ。会津藩士・砲術指南役・山本権八の長男、母は佐久。妹・八重は新島襄の妻。藩校・日新館に学ぶ。22歳で江戸・佐久間象山の塾に入る。25歳で江戸・大木衷城に蘭書、江川太郎左衛門に洋式砲術を学ぶ。28歳で会津に戻り日新館教授、蘭学所を開設し教授になる。守旧派批判により1年間の禁足処分を受けた。軍事取調役兼大砲頭取に抜擢される。1862年、京都守護職の藩主・松平容保に従い、京都・黒谷本陣で西洋式軍隊の調練に当たる、洋学所を主宰した。1864年、禁門の変で砲兵隊を率いて戦功を挙げ、公用人に任じられる。この頃、失明同然になる。1866年、長崎で会津藩士・中沢帯刀とドイツ商人カール・レーマンとの鉄砲購入交渉を行う。1868年、鳥羽・伏見の戦いで薩摩藩邸に幽閉され、「管見」を執筆した。国際社会における日本の22の施作を示した。仙台藩邸の病院に移され、岩倉具視の訪問を受ける。1869年、釈放された。1870年、京都府庁に出仕し、権大参事・槇村正直の顧問として、学校・病院・医学校などの設立、大阪と北陸を結ぶ京都鉄道の敷設願書を当局に提出、1872年、日本で最初の「内国勧業博覧会」を開催。中国在住アメリカ人宣教師W・マーティンの『天道溯原』を読み影響を受ける。1875年頃、新島襄を知り、購入していた旧薩摩藩邸敷地を学校用地として譲渡した。新島と連名で「私学開業願」を文部省に出願した。同志社発起人の一人になる。1877年、府顧問を解かれ、1879年、第1回京都府会選挙で最初の府会議員になり、初代議長になった。府知事・槇村と対立、議長を辞して元老院議官に転じた。1885年、京都商工会議所会長就任、同年、受洗した。1890年、新島没後、同志社臨時総長として尽力する。女子教育に貢献した。「同志社」の名は、山本の発案という。墓は同志社墓地にある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 説明板、『京都大事典』『同志社山脈』


  関連・周辺      周辺      関連三宝寺(右京区)      関連同志社墓地・若王子山    

「茶家山田宗徧流京都道場」

本堂

鐘楼
平安京オーバレイマップ
map 長徳寺 〒602-8076 京都市上京区菊屋町(西洞院通)255  075-441-5010
50音索引  Home  top 50音索引  Home  top
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光