理性院 〔醍醐寺〕 (京都市伏見区)
Risho-in Temple
理性院 理性院 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

















 理性院(りしょういん)は、醍醐三宝院の北東にある。「太元さん」とも呼ばれている。かつて、院主は醍醐五門跡の一つに数えられた。醍醐寺の塔頭、別格本山になる。 
 真言宗醍醐派、本尊は太元師明王(大元帥明王)を安置する。
◆歴史年表 平安時代、1115年、醍醐寺の賢覚(けんがく)が、父・賢円の住房に大元帥像を安置したことに始まる。以来、当院では太元帥法を伝えた。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失した。(『賢深記』)
◆賢覚 平安時代後期の真言宗の僧・賢覚(げんかく、1080-1156)。字は理性、理性房賢覚。父は賢円、弟は聖賢。醍醐寺・三宝院の勝覚に灌頂を受けた。1115年、父の住房を改めて理性院を開く。小野六流の一つ、醍醐三流(三宝院流、金剛王院流、理性院流)の一つである理性院流の祖とされる。門下に覚鑁(かくばん)らがいる。著『達磨鈔』。77歳。
◆仏像  ◈本堂に本尊「太元師明王(たいげんすいみょうおう/たいげんみょうおう)」が安置されている。
 太元帥明王とは、本来、密教の明王であり鬼神だった。仏教では、すべての悪鬼、悪獣、悪人を打ち滅ぼすとされた。忿怒相で四面八臂、六面八臂などの姿をとる。日本には平安時代前期に伝えられ、悪獣、外敵などを退散させる力を有し、鎮護国家、外敵降伏に威力を示すとされた。
  ◈木造「不動明王坐像 」(重文)は、本堂の壇上左脇に安置されている。平安時代(11世紀後半)作になる。
 等身坐像であり、定朝様からの展開を示している。頭髪に並行する束目を表わし、宝相華、菊花の付いた紐二条を巻き、七莎髻を頭頂に結ぶ。両目は見開き、上歯牙を見せ下唇を噛む。頭躰幹部・左臂・右上膊の内側・両脚部・後方の両腰脇も、木心を後寄りにこめた。内刳は、頸部に達する空を利用して像底から刳り拡げた。右の上膊外側から手首まで、それより先は、縦の一材から彫出して矧付ける。
 後補は、弁髪の半ばより先、左手の臂より先、裳先、表面に施された漆塗り、別製の胸飾、腕・臂釧、持物、光背、台座になる。
 木造、カヤ材、丸彫りに近い。
◆醍醐五門跡 「醍醐五門跡」とは、室町時代初めまで、醍醐寺座主を住僧の中より交代で出していた5つの子院をいう。
 理性院、三宝院(灌頂院)、金剛王院(一言寺)、無量光院、報恩院がある。
◆理性院流 「理性院流」は、真言宗の小野六流の一つであり、真言宗古義派の醍醐三流の一つになる。賢覚を祖とし、理性院を本寺にする。
◆醍醐の三流 「醍醐の三流」とは、真言宗の事相(修法)の法流の一つになる。醍醐開山・聖宝の孫弟子であり、勝覚の3人の弟子になる定海を祖にする「三宝院流」、同じく聖賢を祖にする「金剛王院流」、同じく賢覚を祖にする「理性院流」を総称している。
 小野三流とあわせて「小野六流」という。
◆大元帥法 理性院では、修法の大元帥法(たいげんすいいほう/たいげんのほう)を伝える。真言密教の大法の一つであり、国家安穏、敵軍降伏のための修法として、平安時代以来、重んじられてきた。  
◆千体地蔵 門の正面奥に、「千体地蔵」が安置されている。先代の住職が祀ったという。
◆年間行事 「千体地蔵供養」(新しい涎掛けが奉納される。)(10月第3日曜日)。  


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都古社寺辞典』『昭和京都名所図会 6 洛南』『京都府の歴史散歩 中』『京都・山城寺院神社大事典』、ウェブサイト「文化庁 文化財データベース」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺醍醐寺・醍醐の森   関連・周辺三宝院〔醍醐寺〕   周辺  関連    
map 理性院 〒601-1325  京都市伏見区醍醐東大路町21   
50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top
  ©2006- Kyotofukoh,京都風光