一乗寺跡 (京都市左京区) 
The ruins of Ichijo-ji Temple
一乗寺跡  一乗寺跡
50音索引  Home 50音索引  Home
 一乗寺(いちじょうじ)の一乗寺集会所(修学院児童館隣)の敷地内に、「一乗寺址(いちじょうじ あと)」の碑が立つ。かつてこの地には、天台宗の寺院が点在していた。
 平安時代-南北朝時代、この付近に一乗寺という寺院があり、地名もこの寺院に由来する。
 天台宗。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、10世紀(901-1000)後半、すでに一乗寺は存在したという。
 981年、山門(延暦寺)と寺門(園城寺)との対立により、難を逃れた園城寺別当・穆算(しゅうさん)、門徒がこの地に住した。(『扶桑略記』『園城寺伝記』)
 988年、比叡山に詣でた第64代・円融天皇が、夕刻に当寺に宿泊した。(『日本略記』)
 1001年、一乗寺の名が記されている。(『日本略記』)
 1063年、上東門院(一条天皇中宮・藤原彰子)により、園城寺(三井寺)別院(末寺)として建立された。御願寺になる。(『拾芥抄』『百錬抄』)
 1080年、園城寺31代・長吏・隆明、32代・増誉の助力により、上東門院の御願寺になる。阿闍梨3口が置かれた。
 1121年、延暦寺衆徒によって焼き討ちされる。(『百錬抄』)
 南北朝時代、1335年、南北朝の戦乱により、北朝方・細側軍は薮里一帯に火を放ち、当寺も焼失した。その後、再建されず廃絶した。(「太平記」)
 現代、1959年、この付近より一乗寺の礎石が発掘された。多数の地蔵石仏も出土する。現在の碑が一乗寺集会所内に立てられる。
◆穆算 平安時代の天台宗寺門派の僧・穆算(しゅうさん、944-1008)。園城寺別当。981年、山門との対立で難を逃れ、この地に住したという。
◆藤原彰子 平安時代の上東門院彰子(988-1074)。公卿・藤原道長の娘。999年、入内し、1000年、第66代・一条天皇の中宮となり、第68代・後一条天皇、第69代・後朱雀天皇を生む。1026年、上東門院の院号宣下、藤原氏全盛期の中宮として女官・歌人の紫式部(生没年不詳)、伊勢大輔(989?-1060)、赤染衛門(956?-1041)らの才女を集めた。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『』「京都のいしぶみデータベース」『京都大事典』

 
   関連・周辺        周辺       関連園城寺(三井寺)(大津市)       関連比叡山延暦寺・東塔(大津市)        
一乗寺址 〒606-8142  京都市左京区一乗寺燈籠本町26 一乗寺集会所(修学院児童館隣)
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光