一乗寺下り松 (京都市左京区) 
Ichijoji-sagarimatsu
一乗寺下り松 一乗寺下り松 
50音索引  Home 50音索引  Home
一乗寺下り松


4代目という下り松


「大楠公戦陣地」の石碑


「宮本 吉岡 決闘之地」の石碑





【参照】八大寺神社に祀られている3代目下り松の切り株。


【参照】諸侯屋敷・一条下り松遺跡、上京区一条通堀川東入北側、駐車場の南西角
 一乗寺(いちじょうじ)花ノ木町の石垣の上に、一本の松が植えられている。松は、古くより旅人の目印になっていた。
 「大楠公戦陣地」の石碑が立つ。松は、剣豪・宮本武蔵が吉岡一門と決闘した「下り松(降り松)」とされ、 「宮本 吉岡 決闘之地」の石碑も立つ。
◆歴史年表 平安時代以来、付近には街道があった。北は白鳥越、東は今道越により比叡山を経て近江に通じていた。
 1180年頃、「観音院の下り松、ならぬ柿の木人やどり」と詠われている。(『梁塵秘抄』)
 一の谷で戦死した平敦盛(1169-1184)の遺児は、この松の下に捨てられたという。法然が若宮を拾い上げ、立派な僧に育てあげたという。(『敦盛遺児伝説』)
 鎌倉時代、比叡山衆徒の神輿振で、この「さがり松」にも滞陣したと記されている。(『平家物語』)
 南北朝時代
、1335年-1336年、足利尊氏が第96代・南朝初代・後醍醐天皇の建武政権に対して挙兵した延元の乱(えんげんのらん、建武の乱)では、尊氏と楠木正成・名和長年の軍勢が、下り松付近に陣を構えたという。(『太平記』巻16)
 江戸時代、1604年、この地の松の下で、剣客・宮本武蔵が吉岡一門と決闘したという。  
 近代、1920年、広島県呉の剣士・堀正平により宮本 吉岡 決闘之地」の碑が立てられた。
 現代、1945年まで、初代下り松が植えられていた。その後、2代目は修学院離宮から移植されている。
 1981年、3代目松が枯死する。
 1982年、4代目松が植えられた。
◆小敦盛の伝承 小敦盛の物語は『御伽草子(おとぎぞうし)』にある。
 平安時代、1184年、平敦盛は一ノ谷の戦いで熊谷直実に討たれた。敦盛の遺児・小敦盛は、敦盛の死後、都で生まれた。母は、源氏の執拗な探索を恐れ、生まれたばかりの若君を松の下に捨てたという。赤子は法然に拾い上げられ、養育される。
 若君は、父母恋しさから重い病になる。法然が説法の際に、このことを話した。聴衆の一人に敦盛の妻があった。母は涙ながらに名のり、母子は再会を果たす。若君の病も回復する。
 若君は、父恋しさから賀茂明神に祈願する。夢告があり、古戦場の生田の森(摂津国一ノ谷)の小御堂で、父の亡霊に会うことがかなう。若君は、その場に残された白骨を抱いて都へ帰る。若君は、母とともに出家し、父の菩提を弔ったという。
 物語は、『平家物語』にもあり、室町時代に絵巻、江戸時代にも版本が出て流布した。謡曲に『生田敦盛』がある。
◆宮本武蔵の伝承 江戸時代、1604年、宮本武蔵は、吉岡一門との「一乗寺下り松の戦」の前に、八大神社に立ち寄ったという。
 武蔵は、蓮台野で道場主・吉岡清十郎を倒し、三十三間堂で弟・伝七郎を斬った。一乗寺下り松では、一門70数人を相手に戦う。武蔵は洛中を避け、東山より現れた。当主・源次郎を討ち、一門を次々になぎ倒したという。(豊前国小倉の手向山、「小倉碑文」、1654年)。
 これらは、後世の脚色があるといわれている。吉岡清十郎と吉岡家の4代目当主・吉岡直綱(憲法、?-?)が同一人物かについても不明とされている。
 一乗寺下り松についても、「一条下り松」(堀川一条下ル)が本来の下り松ともいう。現在、一条戻橋の東に、「諸侯屋敷・一条下り松遺跡」という石標が立てられている。付近に武蔵と戦った吉岡一門の道場があったともいう。
 八大神社境内には、枯死した3代目下り松(クロマツ)の切り株が保存されている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『あなたの知らない京都の歴史』『京都府の歴史散歩 上』『昭和京都名所図会 3 洛北』『京都 神社と寺院の森』、ウェブサイト「八大神社」


関連・周辺八大神社    周辺一乗寺跡    関連      
一乗寺下り松 〒606-8152 京都市左京区一乗寺下リ松町   
50音索引  Home   50音索引  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光