春光院(春光禅院) 〔高台寺〕 (京都市東山区)
Shunko-in Temple
春光院 春光院
50音索引   Home 50音索引   Home
茅葺の門













 高台寺境内の南西、ねねの道に面して塔頭・春光院(しゅんこういん)がある。春光禅院とも称される。
 臨済宗建仁寺派。  
◆歴史年表 江戸時代、1627年、武将・木下勝俊が亡き娘・春光院万花紹三(しゅんこういん ばんかじょうさん)を弔うために創建したという。
 1855年、僧・月照は大徳寺小倉庵より春光院に移る。勤王の西郷隆盛、村岡局(津崎矩子)、武士・有村俊斎(海江田信義)らと密議を重ねた。
 1856年、春光院の改築に伴い、月照は長楽寺に移る。
◆木下勝俊 安土桃山時代-江戸時代初期の武将・大名・木下勝俊(きのした かつとし、1569-1649)。長嘯子(ちょうしょうし)。足守藩2代藩主、歌人。父は木下家定、母は杉原家次の娘とも。叔母(父の妹)に北政所がある。豊臣秀吉に仕え、播磨国龍野城を与えられる。1590年、小田原征伐、1592年、文禄の役に参陣した。のち若狭国後瀬山城を得る。1590年代初め頃より、和歌に目覚める。1600年、関ヶ原の戦いで、東軍に属し鳥居元忠と共に伏見城の守備をする。西軍攻撃の直前に城を退去する。妻・うめ(宝泉院)はそのことにより離縁した。戦後、責を問われて除封。1608年、父没後、叔母・北政所らの働きにより所領安堵、ただ、弟を差し置き独占した形になり幕府の命に反したとして所領を失う。
 高台寺の南隣りに結んだ「挙白堂」に隠棲し、長嘯子と号した。1640年頃まで和歌を詠む。晩年は大原野の勝持寺畔に移る。墓は高台寺(東山区)にある。
◆春光院万花紹三 江戸時代の女性・春光院万花紹三(しゅんこういん ばんかじょうさん、?-1627)。詳細不明。父は木下勝俊。母は勝俊の後妻とも。
 1627年、17歳の娘を失った父・木下勝俊は次の歌を残している。「むらさきも朱(あけ)もみどりも春の色はあるにもあらぬ山桜かな」「夕顔のさける軒ばの下涼み男はててれ女(め)はふたのもの」「すべてただこれ皆秋のすることぞ月も夕べも虫も憂からず」「黒髪もながかれとのみ掻き撫でしなど玉の緒のみじかかりけん」。
◆月照 江戸時代末期の僧・月照(げっしょう、1813-1858)。俗名は玉井忍向。大坂生まれ。町医・玉井鼎斎の長男。1827年、叔父の清水寺・成就院の蔵海に学ぶ。得度し、1835年、15歳で成就院第24世になり、忍介(忍鎧)と名乗る。清水寺に真言密教子島流を再興した。寺の改革、復興のための資金回収が成功せず、北越へ出奔する。寺の改革が成功せず、1853年、北越へ出奔する。1854年、境外隠居の処分の身になる。和歌で師事した左大臣・近衛忠煕の影響により攘夷に近づく。寺務を弟・信海に譲り、尊攘運動に加わる。1858年、梅田雲浜、頼三樹三郎らと水戸藩に密勅を下すために尽力した。薩摩藩の西郷隆盛、海江田信義らの倒幕の挙兵に加わる。1858-1859年、安政の大獄で幕府に追われ、京都から鹿児島へ逃れた。薩摩藩は、幕府の責任追及を回避するため、2人を東目(日向)へ追放する。後ろ盾だった斉彬も失い、前途悲観した西郷と月照は入水し、月照のみが死亡した。著『落葉塵芬集』など。
 青蓮院宮、近衛忠煕らと交流した。忠煕には和歌を学ぶ。清水寺は近衛家祈願寺であり、近衛家と島津家とは姻戚関係のため薩摩藩士と交流した。さらに尊攘派の朝彦親王(法名・尊融法親王)との関係が深まった。
 墓は清水寺(東山区)にある。
◆花暦 庭に杜若が植えられている。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都府の歴史散歩 中』『京都幕末維新かくれ史跡を歩く』、ウェブサイト「コトバンク」



関連・周辺高台寺     関連・周辺圓徳院〔高台寺〕     関連・周辺成就院〔清水寺〕     周辺     関連勝持寺(花の寺)      
春光院 〒605-0825 京都市東山区下河原町531,八坂鳥居前下ル  075-561-8424
50音索引  Home   50音索引  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光