勝円寺 (勝圓寺) (京都市下京区) 
Shoen-ji Temple
勝円寺 勝円寺 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home









本堂



本堂扁額



本堂内陣



本堂、阿弥陀如来坐像
 富永町の勝円寺(しょうえんじ、勝圓寺)は山号を大悲山という。 
 浄土宗。本尊は阿弥陀如来。
 京都文殊霊場(知恵の寺)めぐりの第9番。
◆歴史年表 室町時代、1504年、安誉が開山になる。当初は現在地の南西、東洞院五条北(下京区燈籠町)にあった。(寺伝)。円派仏師・勝円の作という阿弥陀如来を本尊とし、寺号も勝円の名に因むという。
 第105代・後奈良醐天皇(1497-1557)の帰依により、勅額が与えられたという。(寺伝)
 安土・桃山時代、1587年/1584年、豊臣秀吉の命により現在地に移った。空誉は塔頭・隆彦院(りゅうげんいん)を創建する。達誉は塔頭・普恩院(ふおんいん)を創建した。
 江戸時代、1621年、信誉が塔頭・良松庵(りょうしょうあん)を創建した。最盛期には塔頭・4院、境内3000坪(9917㎡)を有した。
 1788年、天明の大火により焼失する。塔頭・隆彦院(りゅうげんいん)、普恩院、良松庵が類焼した。
 1789年、隆彦院、普恩院、良松庵が再建される。
 1796年、勝円寺は再建された。
 1850年、勝円寺は類焼した。その後、再建される。
 近代、1869年、普恩院の地を借地として下京十二番組小学校(永松小学校)が開校した。
 1909年、隆彦院が東山に移転する。
◆安誉 室町時代の浄土宗の僧・安誉(?-? )。詳細不明。1504年、勝円寺の開山。
◆勝円 室町時代の仏師・勝円(しょうえん、?-?)。詳細不明。円派8代・長俊の弟子。勝円寺の寺号は勝円により名付けられた。
◆武川幸順 江戸時代中期の医師・武川幸順(たけかわ -こうじゅん、1725-1780)。字は建徳(けんとく)、号は南山。京都の生まれ。父は小児科医・幸哲(元順)。小児科の名医として知られる。堀景山に入門した。1754年、宣長は武川幸順(室町通綾小路北上ル)に入門し、堀景山宅より移る。京都遊学中の本居宣長(もとおり-のりなが)に医学を教えた。明和年間(1764-1772)、英仁親王(第118代・後桃園天皇)の御殿医になり、法橋、後に法眼になった。56歳。
 宣長が『馭戎慨言』を執筆した際に、摂政・九条尚実に献上を試み、半ばで死去した。その子が遺志を継いだ。
 墓は勝円寺(下京区)にある。
◆仏像  ◈ 「阿弥陀如来坐像」(2m)を安置している。室町時代、1504年頃、鎌倉時代の円派仏師・勝円?の作という。第二次世界大戦の強制疎開に伴い、本山の知恩院に人力で遷したという。
  ◈ 「文殊菩薩」は、かつて掛軸を祀っていた。その後、檀家・村田九郎兵衛が家に祀っていたものを寺に寄進している。文殊菩薩は象に乗らず、ほかに安置されている。象(1m)には人が坐ることができる。
◆塔頭 塔頭は良寿院が創建早くに廃寺になり、本寺に合併になった。1909年、隆彦院は東山に移転している。現在は、普恩院、良松庵が残る。
◆墓 墓苑「无玄来苑」に、医師・武川幸順、幸順の父・武川幸哲(1689-1757)夫妻、ほかに武川南海、武川南汀などの墓がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 当寺縁起、『京都市の地名』『京都大事典』『京の福神めぐり』 、ウェブサイト「本居宣長記念館」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺  周辺  関連隆彦院  関連本居宣長(鈴屋大人)寓講学旧地  関連本居宣長先生修学之地    
勝円寺 〒600-8023 京都市下京区富永町343-2,仏光寺通河原町西入ル   075-351-7855
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光