熊野神社衣笠分社 (京都市北区)
Kumano-jinja-kinugasa-bunsha Shrine
熊野神社衣笠分社 熊野神社衣笠分社 
 Home  Home

本殿




本殿



本殿、千木
 衣笠の住宅地に、コンクリート打放しの斬新な熊野神社衣笠分社(くまの じんじゃ きぬがさ ぶんしゃ)社殿が南面して建つ。熊野神社(左京区)の分社になる。 
 祭神は、熊野神社の分社祭神で、伊弉冉尊(いざなみのみこと)、伊奘諾尊(いざなぎのみこと)、天照大神(あまてらすおおみかみ)、速玉男尊(はやたまのをのみこと)、事解男尊(ことさかのをのみこと)を祀る。
 西大路七福社ご利益めぐりの一つ、延命長寿。
◆歴史年表 かつてこの地には、御殿医・福井貞憲の屋敷跡だった。
 現代、1980年、熊野神社が寄進を受ける。
 1983年、現在の本殿が建立された。西大路福社ご利益めぐりが当初は5社で始まる。
 1984年、当社も7社めぐりの一つに加わる。
◆福井貞憲 幕末-近代の御殿医・医師・福井貞憲(ふくい さだのり、1830-1900)。京都生まれ。父は典薬医・福井晋(棣園)、母は深厚院。父に学び、朝廷に仕えた。近代以降、東京で新設の中典医となる。孝明・明治・大正の3天皇を診療した。晩年は京都に戻り、漢方医院を開く。
◆建築 「本殿」は、1983年に竣工された。構造はRC(鉄筋コンクリート造)壁式、外装は杉本実(さね)加工型枠コンクリート打放し、ケミストップ(外装用浸透性撥水剤)吹付け。屋根上の千木、鬼瓦もステンレス製になる。
 地上2階、敷地面積962㎡、建築面積80㎡、延床面積 80㎡。
◆庭園 福井貞憲旧邸の庭がある。
◆西大路七福社ご利益めぐり 西大路七福社ご利益めぐりは、西大路通周辺にある7社を正月元旦から2月に巡拝し朱印を受ける。1983年に当初は5社巡りで始まり、翌1984年に7社になった。安産祈願のわら天神宮、開運の平野神社、延命長寿の熊野神社衣笠分社、建築方除の大将軍八神社、厄除の春日神社、開運の若一神社、知恵・学問の吉祥院天満宮がある。
◆年間行事 例祭(5月下旬)、火焚祭(11月23日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『京の福神めぐり』


  関連・周辺わら天神(敷地神社)      関連・周辺大将軍八神社      周辺      関連熊野神社          

本殿

本殿

八咫烏(やたがらす、やたのからす)
 熊野神社衣笠分社  〒603-8341 京都市北区小松原北町135-30  075-461-7836
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光