観世寺 (京都市西京区)
Kansei-ji Temple
観世寺 観世寺
 Home  Home



本堂


本堂山号扁額「大悲山」
 観世寺(かんせいじ)は桂川の南、上野橋近くの住宅地にあり、朱に塗られた本堂が目に入る。山号は大悲山(だいひざん)という。
 西山浄土宗粟生光明寺派、本尊は阿弥陀如来像、札所本尊は聖観世音立像。
 京都洛西観音霊場(洛西三十三所観音霊場)第27番札所。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 鎌倉時代、1226年、勝月房(慶政)が松尾山南に法華山寺(峰ヶ堂、峰ノ堂)を建立した。この寺が前身という。
 鎌倉時代-南北朝時代、正慶年間(1332-1333)、兵火により焼失した。焼失を免れた阿弥陀如来像、聖観音像が現在地に遷される。
 現代、1965年、現在の本堂が再建される。
 1978年、廃れていた洛西三十三所観音霊場めぐりが再興された。
◆慶政 鎌倉時代の天台宗寺門派の僧・慶政(けいせい、1189-1268)。勝月房(しょうげつぼう)。九条良経の子、道家の兄。嬰児の時の障がいがあり仏門に入ったという。園城寺(三井寺)の能舜、慶範、延朗に師事、明恵にも学ぶ。1208年頃、西山に隠棲した。1217年、宋へ渡り明恵に音信を送る。一切経などを招来した。1218年、帰国、1226年、西山に法華山寺を建立した。1222年、仏教説話集『閑居友』を著す。『続古今和歌集』以下の勅撰集に入集。
◆仏像 本堂の本尊「阿弥陀如来像」(85㎝)は、平安時代作という。
 「聖観音菩薩立像」は、南北朝時代作になる。
 右脇壇の「地蔵菩薩立像」(95㎝)は、右手に錫杖、左手に宝珠を持つ。延命地蔵であり、西山峰ヶ堂の遺仏ともいう。
 「毘沙門天像」、「閻魔坐像」、室町時代の「多聞天像」などが安置されている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『洛西三十三所観音霊場』『昭和京都名所図会 4 洛西』


  関連・周辺長恩寺       関連・周辺蔵泉寺        周辺       関連延朗堂(最福寺旧跡、谷ヶ堂)          


北向地蔵尊

北向地蔵尊、安産、延命の信仰を集める。

法悦羅漢

わらべ羅漢

仏足跡

 観世寺 〒615-8001 京都市西京区桂上野北町29    075-381-4604
 Home   Home 
  1© 2006- Kyotofukoh,京都風光