法伝寺  (京都市伏見区)
Hoden-ji Temple
法伝寺 法伝寺 
50音索引,Japanese alphabetical order Home 50音索引,Japanese alphabetical order Home





山門、鬼瓦


「浄土宗 瑞華山 法傳寺」の石標



本堂



本堂、扁額「瑞華山」





「戦死骨埋骨東儿悲願寺墓地」の石標



「戊辰東軍戦死之碑  大宰府宮小路康文書」の碑



クスノキ



宝塔の墓石

 鴨川下流東岸、千本通(旧鳥羽街道)に面して法伝(傳)寺(ほうでんじ)がある。鳥羽離宮の遺仏、鳥羽・伏見の戦いの東軍戦没者供養碑、関連資料などが残されている。
 院号は薬師院、山号は瑞華山という。
 浄土宗、本尊は薬師如来坐像。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。 
 飛鳥時代-奈良時代、僧・行基(668-749)が開基したともいう。当初は真言宗だったともいう。
 南北朝時代、1360年、浄土宗に改宗したという。
 江戸時代末、1868年、1月3-5日、境内周辺で鳥羽・伏見の戦いの激しい戦闘があった。
 近代、1897年、「戊辰東軍戦死之碑」が境内に立てられた。
行基 飛鳥時代-奈良時代の僧・行基(ぎょうき/ぎょうぎ、668/667-749)。百済系の渡来人・高志(こし)氏。河内国(大阪府)の生まれ。父は高志才智、母は蜂田古爾比売。681年/682年、出家、官大寺で法相宗などを学ぶ。691年、高宮寺で具足戒を受けた。畿内に道場、寺を建立し、溜池、溝・堀、架橋、困窮者の布施屋建設などの社会事業を行う。704年、生家を家原寺とし住した。717年、民衆煽動と僧尼令に反した寺外活動の咎で、詔により弾圧を受ける。731年、弾圧を解かれた。732年、河内国狭山下池の築造に関わる。734年、東大寺大仏建立の詔が発布、勧進の任を務めた。736年、インド出身の僧・菩提僊那一行来日に際し太宰府で迎えた。738年、朝廷より行基大徳の称号が授与される。740年以降、東大寺大仏建立に協力する。741年、聖武天皇と恭仁京郊外の泉橋院で会見した。743年、東大寺大仏造営の勧進になった。745年、朝廷より日本初の大僧正位を授けられる。菅原寺(喜光寺)で亡くなる。地図の行基図を作成したという。東大寺「四聖」の一人。 80/82歳。
◆円説 江戸時代中期の浄土宗の僧・円説(えんせつ、1714-1759)。不退(ふたい)円説。法伝寺の住持になる。浄土宗で最初に念仏の際に木魚を用いたという。「法伝寺講」では、市中を首からかけた木魚を叩きながら念仏を唱え歩いた。45歳。
◆本尊・木像  ◈薬師堂の本尊「木造薬師如来坐像」(京都市指定・登録文化財、1983年)は、平安時代中期/前期作という。行基(ぎょうき/ぎょうぎ、668-749)作ともいう。鳥羽殿にあった遺仏ともいう。
 頭部は低い肉髻、広い面幅、穏やかな目鼻立ちをしている。頭部と体部との均衡があり、量感もほどよい。力強く、肩幅の広い上半身、体部の厚み、膝張りの大きい造り(膝張)になる。衣の全体をめぐる条線的衣文が見られる。裳先に旋転文がある。衣に朱、肉身に漆箔を施している。
 ヒノキ材、一木造、漆箔、彫眼。
  ◈「不退円説上人坐像」は、国内唯一という。
◆鳥羽・伏見の戦いの史跡など 江戸時代末、1868年1月3日-5日、鳥羽では鳥羽・伏見の戦いの激しい戦闘が繰り広げられた。
  ◈戦いで敗れた東軍(幕府軍、会津軍)戦死者を供養する石碑「戊辰東軍戦死之碑」が法伝寺山門北に立つ。
 ◈東軍が使用した短銃、砲弾、太刀、槍の穂先、東軍戦死者名簿なども所蔵する。
◆鳥羽・伏見の戦い 鳥羽・伏見の戦いは、新政府軍と旧徳川幕府軍との内乱だった。その後の戊辰戦争の発端になる。
 近代、1868年1月の王政復古後、新政府内部の薩長武力討幕派は、公議政体派を抑えていた。討幕派は、前江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜(よしのぶ、1837-1913) の内大臣辞官、納地を要求した。慶喜は一旦大坂に退き、主導権回復を画策する。江戸では、討幕派の薩摩藩士・西郷隆盛(1827-1877)らが市中攪乱を行う。薩摩藩邸を焼打ちし、旧幕府側を挑発した。
 大坂城を本営にした旧幕府軍、会津藩兵・桑名藩兵側は怒りこの挑発に乗る。老中格・大河正箕を総督とし、慶喜を擁して挙兵した。1月2日、旧幕府軍幕1万5000人は、大坂から京都に進軍開始している。新政府軍側は、薩摩藩兵・長州藩兵ら4500人で迎え撃つ。
 1月3日、京都南郊の鳥羽・伏見で両軍の交戦が始まる。新政府軍は装備面で圧倒しており、1両日中に旧幕府軍は退却し始めた。1月6日、旧幕府軍の大敗は決定的になり、慶喜は海路で大坂から江戸へ逃れ帰った。
 その後は、新政府内の討幕派が主導権を握る。2月9日、慶喜追討軍の軍事行動が起きる。有栖川宮熾仁(ありすがわのみや-たるひと、1835-1895)親王を東征大総督に任じ、戊辰戦争が勃発した。1869年5月の箱館・五稜郭の戦まで戦闘は続く。旧幕府軍の榎本武揚(1836-1908)軍が降伏し、内戦は終結した。 


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都市の地名』、『週刊 京都を歩く 41』、『新選組と幕末の京都』、『龍馬&新選組 京都幕末案内 』、 『日本の名僧』 、ウェブサイト「京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課」、ウェブサイト「コトバンク」  


関連・周辺悲願寺墓地   周辺一念寺  関連淀古城・妙教寺     
法伝寺 〒612-8477 京都市伏見区下鳥羽中三町61  075-611-5713 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光